1. HOME
  2. ブログ
  3. 賃貸オフィス探しをネットでするべきではない理由とは?

賃貸オフィス探しをネットでするべきではない理由とは?

<この記事を書いた人>

貸事務所をネットで検索する場合の問題点

ポータルサイトによる物件検索は?

住居であれば、
「HOME’s」や「athome」「スーモ」などの
物件検索サイトがたくさんあり、
不動産会社もそちらで掲載を行っています。

しかし、賃貸オフィスの場合、
そういったポータルサイトはいまだありません。

 

これは、大きなオフィスの場合、ネットで検索しない企業も多く、そもそも、住居と比べると、市場が小さいために、ポータルサイト側では、事務所の取り扱いに力を入れていないという原因があります。

事実、スーモの場合、事務所の物件掲載は一切できない状態ですし、弊社でも、athomeやHOME’sに事務所を掲載しても、反響は非常に少なく、住居と比べると大きな差がある状態です。

各不動産会社のHPで探すのは?

不動産会社がかなり力をいれているサイトもあるので、
物件数は豊富に掲載されているケースもあるのですが、
ポータルサイトと異なり、
更新頻度は少なく、2~3ヶ月に一度というところが多いです。

 

 

<まとめ>

賃貸事務所はポータルサイトでは探しづらく、
各不動産会社のHPでも、物件検索ができたとしても、
更新があまりなされていないため、非常に物件が探しづらくなっています。

住宅と比べるとネットで探すのはかなり大変です。

 

なぜいいオフィスビルをネットに掲載して募集しないのか?

オフィスビルの賃料は、借りた時期によって大きく異なります。

そのため、貸主としては、賃料を公開しての募集はしたくないのが本音なんです。

しかし、reinzやアットホーム、ホームズ等のポータルサイトでは、賃料を記載しないと、募集をすることができない設計になっています。そのため、掲載ができないんですね。

では、どうやって募集をするのかというと・・・オフィス専門の不動産会社に依頼します。

 

頼むならオフィス系不動産会社に依頼しよう!

賃貸を扱う不動産会社には、オフィス系不動産会社、住居系不動産会社があります。

医者と同じように、不動産会社も分野ごとに得手不得手があります。

オフィス系不動産会社へ依頼するメリットとして、住居系不動産会社に依頼するよりも、提案を受ける物件数が大幅に違ってくるでしょう。

なぜなら、多くの法人ビルオーナーは、物件情報をポータルサイトや、不動産会社間で情報を流通させる「reins」に物件を掲載しないからです。

森ビル、三菱地所、東急不動産、住友不動産などのビルをたくさん所有する企業は、直接物件情報をオフィス系不動産会社にメールやFAXで送る方法で募集を行っています。

現在、弊社では約200社から情報を直接メールとFAXでもらっています。

住居系不動産会社では、こういった物件情報を定期的に受け取っていないので、オフィスビルを探すときには、reinsとathomeを見ることしかできません。

いい物件ほど、こういった法人オーナーが所有しておりまして、その物件情報を受け取るために、オフィスを探すなら、やはりオフィス系不動産会社に依頼しましょう!!

 

オフィス探しで頼りになるのは、やっぱり営業マン!!

賃貸事務所探しで、ご希望頂いた条件で、すんなりと物件が見つかることはまれです。

そんなときに、実際に物件を大量に見ている、経験豊富な営業マンからの提案が、実は賃貸オフィス探しではもっとも効果的な探し方と言えます。

豊富な事務所物件データベースから、空室の情報で、かつオススメの物件を提案してもらいましょう!

きっと、いい物件が見つかりますよ!

物件探しの依頼はこちらから

 

【賃貸オフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・賃貸オフィス相談室の最新情報(ワークプレイス作り、法律税金、物件探しのノウハウ等)
・中小企業を経営する起業家、経営者向けの情報
・プロオススメの新着物件情報
購読者3400人、発行暦13年を超える人気メルマガ「不動産屋が教える!賃貸オフィス虎の巻!
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

賃貸オフィスの基本の最新記事




最新記事