1. HOME
  2. ブログ
  3. 事務所を借りるのに、連帯保証人が必要ですか?

事務所を借りるのに、連帯保証人が必要ですか?

<この記事を書いた人>

住居を借りるときに、連帯保証人が必要になりますが、

事務所、店舗を借りるときも、
連帯保証人が必要になります。

通常は、法人の場合、代表者が連帯保証人になることが多いです。

ただ、設立して間もないなどの場合によっては、
さらに第三者の保証人を求められるケースもあります。

ちなみに、連帯保証人は、

賃料の支払いが滞ったときに、
すぐさま、代わりに支払わなければなりません。

また、建物を壊したり、損害を与えてしまった場合にも、
賠償する義務があります。

ただ、建物や店舗の場合、
多額の保証金を支払っていますので、

それでおさまる範囲のものであれば、
連帯保証人の負担は少なくなります。

それよりも、大事なのが、

もし、テナントが荷物を残して、夜逃げした!等の場合に、
残存物をひきとってもらう場合です。

その場合、連帯保証人の負担で引き取らなければなりません。

【ICTオフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・最新のICTツール等のニュース!
・中小企業向けのICT活用によるテレワーク等生産性の上がるワークスタイルノウハウ
・コスト削減、生産性向上のノウハウ、情報
購読者3500人、発行暦15年を超える人気メルマガ「IMnews!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

賃貸オフィスの基本の最新記事




ICTオフィス相談室 最新記事

クラウドPBX7社一括比較はこちら



ICTオフィス相談室 広告掲載について
記事広告やバナー広告、メールマガジンでのご紹介が可能です。