1. HOME
  2. ブログ
  3. ビジネスチャットの最新市場シェアをご紹介

ビジネスチャットの最新市場シェアをご紹介

ビジネスチャットツールを導入する企業が増えている現在、「どのツールが一番利用されているのか」「どれが自社に適しているのか」と気になっている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、ビジネスチャットの最新市場シェアをご紹介します。株式会社モニタスが発表した「利用実態調査 ビジネスチャットツール編」の調査結果を参考にした上で、詳しく解説していきます。

 

ビジネスチャットの最新市場シェアを紹介!

株式会社モニタスが調査した「利用実態調査 ビジネスチャットツール編」は、全国20~64歳男女の会社員2,836名を対象にしています。

ここでは、「ビジネスチャットツールの認知率」「ビジネスチャットツールの利用率」「従業員数の多い企業で使われているチャットツール」「少ない企業で使われているチャットツール」の4項目の見ていきます。

ビジネスチャットの認知率

ビジネスチャットの認知率のランキング結果は下記のとおりです。

順位 ツール名 認知率
1位 LINE WORKS 37.1%
2位 Microsoft Teams 32.7%
3位 Chatwork 16.8%
4位 Slack 15.0%
5位 Workplace 9.5%

このランキング表のとおり、「LINE WORKS」が最も知られているビジネスチャットツールということになりました。しかし、1位のLINE WORKSの認知率が37.1%、2位のTeamsが32.7%ということもあり、Microsoft Teamsの認知度もLINE WORKSと同様に比較的高いと言えます。

また、1位の「LINE WORKS」でも約60%の人は認知されていないという状況も把握できました。

 

ビジネスチャットの利用率

認知率が高かったLINE WORKSとTeamsは実際にどれだけ利用された経験があるのか、いま現在利用しているのかをまとめたのが下記の表になります。

チャットツール名 LINE WORKS Microsoft Teams
認知率 37.1% 32.7%
利用経験 10.9% 20.4%
現在利用している 10.1% 20.0%

この表のとおり、Teamsの方がLINE WORKSよりも利用率は高いということが分かりました。

従業員数の多い企業で使われているツール

従業員数1,000名以上の企業に属する人に調査したチャットツールごとの利用率は下記のとおりです。

順位 ツール名 認知率
1位 Microsoft Teams 21.4%
2位 LINE WORKS 10.3%
3位 Workplace 4.0%
4位 Slack 3.7%
5位 Chatwork 2.8%

従業員数が多い企業では、Teamsの利用率がダントツで高い結果になりました

従業員数の少ない企業で使われているツール

従業員数100名未満の企業に属する人に調査したチャットツールごとの利用率は、下記のとおりです。

順位 ツール名 認知率
1位 Chatwork 4.7%
2位 Slack 3.9%
3位 LINE WORKS 3.8%
4位 Microsoft Teams 3.2%
5位 Workplace 0.6%

利用率が全て5%未満となっており、従業員数の少ない企業ではチャットツールの利用率は低いという状況が分かりました。

また、100名以下の企業では、Chatworkが一番導入割合が高いという結果に。

Chatworkがどんなツールかは以下の記事をご覧ください!

 

LINE WORKS、Microsoft Teamsは認知率・普及率どちらも高い

調査の結果、LINE WORKSとMicrosoft Teamsはどちらも認知率が高いが、Microsoft Teamsは実際に利用している(利用した経験がある)割合が多いということが分かりました。

LINE WORKSについては下記の記事で詳しく解説しています。

 

 

Microsoft Teamsの特徴や基本的な使い方等については下記の記事で解説してます。どのようなツールか気になる方はぜひご覧ください!

 

 

ビジネスチャットツールの選び方

実際にビジネスチャットツールを選ぶ際には、下記の3つの観点から選ぶようにしましょう。

①価格・コストが自社に見合っているか

ツールを導入する際に価格・コストがどれくらいかかるのかを気にする方も多いのではないでしょうか。

選ぶ際には価格・コストの把握はもちろん、自社に必要な機能を搭載しているかを把握することから始めていきましょう

②オンプレミス型かクラウド型か

現在、クラウド型のツールが主流になっています。しかし、オンプレミス型は自社で構築した後はカスタマイズできるメリットがあります。ただし、初期費用は大きくかかってしまいます。

ツールをすぐに導入して利用したいのか、自社に適したツールとしてカスタマイズしていきたいのか、まずは方向性を明確にしていきましょう。

③セキュリティがしっかりしているか

セキュリティがしっかりしているのかも選定ポイントの一つです。ビジネスチャットツールでのやり取りには機密情報が含まれる可能性もあります。どのようなセキュリティ対策ができるのかを事前に確認しておきましょう。

まとめ

今回は、ビジネスチャットの最新市場シェアをご紹介しました。

LINE WORKSとMicrosoft Teamsはどちらも認知率が高いこととMicrosoft Teamsは実際に利用している(利用した経験がある)割合も多いということが分かりました。

また、ビジネスチャットツールを選ぶ際には下記の3点を考慮する必要があります。

①価格・コストが自社に見合っているか

②オンプレミス型かクラウド型か

③セキュリティがしっかりしているか

本記事を参考にして、自社に適したビジネスチャットツールを導入してください!

 

なお、ビジネスチャットツールの導入もしくは切り替えをお考えの方は、弊社でLINEWORS、chatwork、teams、googlespaceを取り扱っており、一遍に比較提案が可能です!また、導入サポートやテレワークでの活用の仕方アドバイスも無料で行っており、また他クラウドサービスとセット導入で特別に割引価格でご提供が可能です。

 

お問い合わせはこちら⇒ 株式会社アーデント 03-5468-6097

※「ビジネスチャットツールの記事を見た」とお伝え下さい。

ビジネスチャットツールお問い合わせフォーム

必要な項目のすべてをご入力いただき、「アーデントに問い合わせる」ボタンをクリックしてください。必須のついている項目は必須入力項目です。



会社名
必須
必須
メールアドレス必須
電話番号必須
コメント

 

関連記事

関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事