1. HOME
  2. ブログ
  3. ステーションワークを実際に使ってみた感想、使い方まとめ

ステーションワークを実際に使ってみた感想、使い方まとめ

<この記事を書いた人>

JR東日本が運営するステーションワーク(STATION WORK)を実際に使ってみましたので、使い方や料金などをまとめてみました。

そもそもステーションワーク(STATION WORK)には3種類プランがある?!

公式HP上ですとちょっと分かり辛いのですが、ステーションワークには3種類の分類があります。

STATION BOOTH(完全個室型:電話も可能)

こちらは天井まで仕切られた完全な個室型です。そのため、電話も中でできます。コワーキングスペースやカフェだと電話しづらいな~というときありますよね。そういう場合に最適です!

料金はこちら↓

15分250円ということは、1時間で1000円。ちょっと高いですかね。立地を考えると仕方ないかもですが。

 

STATION DESK(半個室型:電話はフォンブースのみ可能)

こちらは、天井まで間仕切りがありません。けっこう静かな環境で、電話をすることは出来なくなっています。

料金はこちら↓

1時間で600円。これくらいの金額ならまあいいかなという感じでしょうか。

ホテル

JR東日本が運営するホテルメッツの部屋をテレワークスペースで使う事ができます。当然完全個室で電話も可能です。

料金はこちら↓

STATION BOOTHだと、15分250円なので、1時間1000円ですから、3~4時間以上使うなら、ホテルプランの方が安くなりそうですね。

 

ステーションワーク(STATION WORK)の使い方

 

①公式サイトで会員登録

まずはこちらの公式サイトからアクセスし、会員登録を行いましょう!

ステーションワーク(STATION WORK)公式サイト

 

②拠点を選ぶ

公式HPから使いたい拠点を選びます。

③時間と借りる区画を選びます

ここがちょっと注意なんですが、拠点を選んだあと、どんな区画なのかは、このBOOTHとかCAVEとかで判断しなければなりません。ちょっとイメージしづらいので、この単語を覚えておく必要があります。

なお、STATION DESKにはCAVE,UNIVERSAL,SHELTERの3タイプの座席タイプが実はあります。これも分かり辛い(笑)

時間と区画を選んだら、予約してしまいましょう!

 

④現地拠点へ

今回は横浜駅のSTATIONDESKを例にご紹介。

なお、基本はJRの改札内にありますので、要注意!電車の乗る必要がない場合は、入場券を購入しましょう。

⑤時間になったらQRコードで認証して入室

入口横にあるところに、スマホの予約した後の画面に出ているQRコードをかざします。なお、スイカを登録して、スイカで認証も可能です。

なお、入室は5分前から可能になります。

 

⑥入室

ウォーターサーバーはあるので、お水を飲めます。

個室内はこんな感じです。ステーションデスクなので、天井は空いていますね。

もちろん電源は完備。USB給電用のポートもありました。WIFIも完備。写真にはありませんがハンガーもあって、コートがかけられました。

⑦退室

退室は、出口横にある案内板で再度QRコードを読み取って退室です。

 

延長したい時は

STATION WORKの延長は予約したHP画面から可能です。

 

STATION BOOTHの防音は?

STAION BOOTHの防音は、周りの音は正直聞こえます。ただ、周りがうるさいので、逆に、気にせず電話できる印象でした。包まれている感じは結構気分がいいですね。

 

 

感想まとめ

15分単位の料金で、他のコワーキングスペースと比べると安くはないので、急いでいる時の短時間利用に向いていると思いました。もしくは電話やウェブ会議をするときに完全個室のSTAITONBOOTHはコワーキングスペースにはない魅力ですね。

いずれにしろ、会員登録して、自分が良く行く場所を把握しておいて、使えるとようにしておくといいなと思います。というのも、駅の構内も広くて、予約したものの、その場所に行くのに少し時間がかかってしまいました。横浜駅だと、みなみ改札を入ったところにあるのですが、私はきた改札から入ったので、駅の中を6~7分歩いてやっとたどり着きました。ミーティングの予定が迫っている場合などは、焦ってしまうかもしれません。

 

■なお、クラウドPBXなら、テレワーク時、外出先のコワーキングスペースや自宅で今の代表電話を受ける体制づくりが可能です。

仮想オフィスもおすすめ!

 

詳細は上記記事をご覧ください!

【ICTオフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・最新のICTツール等のニュース!
・中小企業向けのICT活用によるテレワーク等生産性の上がるワークスタイルノウハウ
・コスト削減、生産性向上のノウハウ、情報
購読者3500人、発行暦15年を超える人気メルマガ「IMnews!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

レンタルオフィス・コワーキングの最新記事




ICTオフィス相談室 最新記事

クラウドPBX7社一括比較はこちら





ICTオフィス相談室 広告掲載について
記事広告やバナー広告、メールマガジンでのご紹介が可能です。