1. HOME
  2. ブログ
  3. クラウド型販売管理システム3選!比較して解説

クラウド型販売管理システム3選!比較して解説

クラウド型販売管理システムとは、商品の受注から納品までの販売管理業務を一括管理・運用できるシステムのことを指します。クラウド販売管理システムは、特定の業種に対応した製品や、事業内容に応じてカスタマイズできる製品まで様々なタイプがあります。

そのため、どの製品を選ぶべきか、どの部分を比較して選べばよいのか、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

本記事では、多くのクラウド販売管理システムの中から厳選して、楽楽販売・kintone・WorkVision販売管理の3つを比較しながら解説していきます

楽楽販売とは

楽楽販売 公式ページ

 

楽楽販売とは、株式会社ラクスが提供しているクラウド型販売管理システです。

クラウド上で販売管理や在庫情報の情報共有をスムーズにできるため、在庫管理や発注業務の効率化が可能です。

楽楽販売では、ユーザー企業ごとに自由にカスタムできる点が特徴です。項目を自由に組み合わせることによって、プログラミングの専門知識は不要で最適なフローを構築できます。また、外部システムとの柔軟な連携も可能であり、シームレスなデータ連携も可能です。

楽楽販売は、初期費用が150,000円(税抜)+月額費用60,000円(税抜)~となっています。月額費用は、ユーザ数やデータベース作成数に応じて変動する仕組みとなっており、無料トライアルも利用することが可能です。

楽楽販売では、導入前から運用まで一貫したサポートを実施しています。現状業務のコスト削減や業務改善の提案や、導入サポート、個別相談会など、手厚いサポートを実施している点も魅力です。

 

kintoneとは

Kintone 公式ページ

kintone(キントーン)とは、サイボウズ株式会社が提供しているクラウド型の業務改善プラットフォームのことです

プログラミングの知識・スキルは不要で、日報やスケジュール管理、お問い合わせ管理、顧客管理などの、販売管理業務で欠かせないアプリを作成・運用できます。

kintoneは、ドラッグ&ドロップで直感的に操作ができるため、ITに精通していえる社員がいなくてもアプリケーションを簡単に作成することが可能です。

さらに、「ルックアップ」という機能を使うことで、アプリ間でのデータ共有もスムーズに行えます。同じ顧客情報を違うシステムに何度も登録するといった手間をなくすことができ、入力ミスなども防止できるでしょう。

kintoneは、スタンダードコースとライトコースの2つのコースがあります。

コース名 スタンダードコース ライトコース
価格(税抜)
※5ユーザーから契約可能
1ユーザー月額1,500円 1ユーザー月額780円
アプリ数 ~1,000個 ~200個
スペース数 ~500個 ~100個
ディスク容量 5GB×ユーザー数 5GB×ユーザー数
外部サービスとの連携、
プラグイン、および拡張機能
×

30日間の無料お試し期間もあり、初期費用は無料となっています。

kintoneの詳細はこちらから⇒

 

WorkVision販売管理とは

WorkVision販売管理システム 公式ページ

画像引用元:WorkVision販売管理

WorkVision販売管理は、株式会社WorkVisionが提供している販売管理システムです。

適用範囲の広さと柔軟性の高さが特徴であり、機械器具や建設資材、食品など様々な業界に導入されています。業界特有の業務プロセスにもスムーズに対応することが可能です。

また、クラウドに対応したプラットフォーム採用しているため低コストかつ短期間での導入が可能。他のクラウドサービスとの連携も行うこともできます。

新しく登場したSaaS版では、月額20,000円からのサブスクリプション方式での利用が可能です。

3つの販売管理システムを比較!

この章では、楽楽販売・kintone・WorkVision販売管理の3つを比較していきます。

楽楽販売 kintone WorkVision販売管理
料金 ・初期費用が150,000円(税抜)

・月額費用60,000円(税抜)~

・スタンダードコースの場合、1ユーザー月額1,500円

・初期費用は無料

・月額20,000円からのサブスクリプション方式

※詳細は要問合せ

特徴 ・企業ごとに自由にカスタムできる

・プログラミングの専門知識は不要

・サポート体制が充実している

・ドラッグ&ドロップで直感的に操作ができる

・アプリ間でのデータ共有をスムーズに行える

・適用範囲の広さと柔軟性の高さ

・業界特有の業務プロセスにもスムーズに対応できる

料金を比較すると、一番安い価格で利用できるのがkintoneとなっています。kintoneの場合、ドラッグ&ドロップで直感的に操作ができるため、自社にITに詳しい社員がいない企業や、予算が限られている企業などにおすすめです。

楽楽販売も同じくプログラミングの専門知識は不要で利用できる点が魅力です。しかし、初期費用が150,000円(税抜)で、月額費用も60,000円(税抜)からとなっています。

他の2つと比較すると、サポート体制が充実しているため、ある程度予算に余裕があり、プロによるサポートを受けながら導入・運用を進めていきたいと考えている企業におすすめです。

WorkVision販売管理は、他の2つよりも適用範囲が広く、様々な業界で利用できる点が魅力です。業界特有の業務プロセスにもスムーズに対応できます。

まとめ

今回は、楽楽販売・kintone・WorkVision販売管理の3つを比較しながら解説しました

ご紹介した通り、それぞれの製品は料金や特徴が異なります。自社の業種や目的を考慮したうえで、自社に適した販売管理システムを導入してみてください。

今回ご紹介した楽楽販売は、カスタマイズに関する機能が豊富であり、スマホからでも利用できます。下記の記事で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 


株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

GoogleWorkspace、Microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、楽楽勤怠、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、NotePM、RoboTANGO、Adobe Acorbat、leaf、ロジザードZERO、DX-Suite、LANSCOPE、iTutor、INNOVERAPBX、MOTTEL※、yoom※など



※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2024の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097






以下の動画では、採択のポイントや申請にあたっての注意点などを詳しく解説していますので、
あわせてご覧ください!




関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事