1. HOME
  2. ブログ
  3. 外出先で電池が無くなりそうな時にChargeSPOTがすごく便利だった!

外出先で電池が無くなりそうな時にChargeSPOTがすごく便利だった!

外出先でスマホやノートPCの電池がないときってありますよね。

そんなときに大活躍するサービスがChargeSPOTというアプリです!

ChageSPOTとは

ChageSPOTは、なんと多くのコンビニやお店に設置してあるモバイルバッテリーを時間単位でレンタルできるサービスなんです。

 

ChageSPOTのここがすごい!

①返却する場所は、借りた場所と一緒でなくても大丈夫なんです。

例えばお客様先で、電池が無くなったのでレンタルをして、

帰社した会社のそばのローソンで返却するということが可能です。

 

②コードは3種類あるので、基本どの端末でも充電可能

USB-C・iOS・Micro USBの3タイプのケーブルがついているので、iphoneでも、アンドロイドでも対応が可能です。

 

③登録しているお店がほんとに多い!

 

登録しているお店は、ローソン、ファミリーマートと、飲食店やドコモショップ、商店など多岐にわたります。

なので、全国どこでもローソン・ファミリーマートがあるような場所ならどこでもありますよ!画像は渋谷駅周辺です。ちなみに、色がグレーのスポットは営業時間外になります。

 

ChargeSPOTの料金は?

最初の30分未満で165円、その後48時間まで330円でレンタルできます。お支払いは、カードを登録してのカード払いもしくは、各携帯電話会社のまとめて払い(D払いやソフトバンクまとめて支払い等)になります。

 

ChargeSPOTの使い方は?

(借り方)

①アプリ上で、貸出可のお店を検索。

②お店に着いたら、ChargeSPOTを探す

③ChargeSPOTを見つけたら、アプリでChargeSPOTの箱についているQRコードを読み取る

④レンタル開始!です。

 

(返却の仕方)

①アプリ上で、返却可のお店を検索。

②お店に着いたら、ChargeSPOTを探す

③ChargeSPOTを見つけたら、バッテリーを空き枠に差し込むと返却完了です!

 

結構簡単に使えますし、バッテリーが無い!という緊急事態ですぐ登録してすぐ使えるのも魅力ですよね。

ぜひ使ってみてください~。

 


株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

GoogleWorkspace、Microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、楽楽勤怠、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、NotePM、RoboTANGO、Adobe Acorbat、leaf、ロジザードZERO、DX-Suite、LANSCOPE、iTutor、INNOVERAPBX、MOTTEL※、yoom※など



※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2024の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097






以下の動画では、採択のポイントや申請にあたっての注意点などを詳しく解説していますので、
あわせてご覧ください!




関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事