TOP テレワーク テレワークで電気代UP?ノートPCだと目安いくら増えたか検証!

テレワークで電気代UP?ノートPCだと目安いくら増えたか検証!

テレワークで電気代が増えた気がする?!

テレワークを導入して、はや8ヶ月。毎月電気代をチェックしている訳ではないのですが、家にいる時間が増えているので、きっと電気使用量も増えているはず!

ここで便利なのが楽天電気だと、アプリ上で、過去の電気使用量がチェックできるんですよね。

私の自宅の電気使用量はこんな感じでした↓

テレワークで毎日自宅にいた4月は、一年前に楽天電気と契約をしていなかったため、一年前と比較して増えたかどうか、検証が出来ませんでした。

ただ、これを見ると、5月を除くと、一年前よりも電気使用量が増えてきているようです。11月が減っているのは、エアコンではなく、置き型のセラミックヒーターを買ったのと、暖冬であまりエアコンが要らなかったからかもしれません。

 

ノートPCの実際の電気使用量はどのくらい?目安はこちら

 

私が使っているパソコンは、DELLの inspiron 13 7000という機種になります。

⇒DELL (デル) モバイルノートPC Inspiron 13 7000のアマゾン最新価格はこちら

DELLのHPを見ると、カタログで電気使用量は45Wになっていました。

ただ、これはあくまでカタログ値なんですよね。実際の電気使用量は、専用の器具を購入しないと測る事ができません。

わざわざ購入するのはな~と思っていたら、ブログで記事を書いてくださっている方がいました。

その記事の情報だとこうなってました↓

⇒Dell Inspiron 13 7000(7380)のレビュー 上質・高性能なコスパ抜群の13.3型モバイルノート | prototyp

FF XIVというのは、おそらくゲームの事だと思います。重たいプログラムを動かして、PCがたくさん可動している状態で41Wなんですね。

仕事では、そこまですることはないので、通常HPを見たり、メールを送信したりしている時の電気使用量を40Wと仮定したいと思います。

 

ノートPCの月間電気使用量 目安を計算

上記ノートPCを一日8時間稼働させたとすると、40W×8時間=320Wという計算になります。

営業日を22日で計算すると、320W(1日)×22日=7,040W(月間電気使用量)になります。

 

月の電気代に換算すると

電気代の計算は基本KWH(キロワットアワー)という単位で計算します。

楽天電気の東京電力エリアの電気料金は、以下の料金になります↓

参考までに、東京電力の従量電灯B,Cという一般的に家庭で使う場合の電気料金は、以下の通りです。

うちの場合は300KWhを超える月と超えない月があるので、東京電力の場合、冬だと、電気代はけっこうかかりそうです。

先ほどノートPCの電気使用量は月間7,040Wという計算でした。

これはKWHに変換すると、7.04KWHですので、

楽天電気の場合、26.5円×7.04KWH = 187円という計算に。

 

 

参考までに東京電力で冬場、300KWH以上使っている場合だと、

30.57円×7.04KWH = 216円という計算に。

 

まとめ

ノートPCは、かなり電気使用量少ないんですね。今回検証して分かったのは、毎日朝から晩まで使っても、150円~200円くらいです。テレワークをしても、そこまで影響はないと言ってしまっていいかもしれません。

もし電気代が増えているとしたら、エアコンの可能性が高そうですね。エアコンの場合平均すると、1000Wくらい消費しますので、ノートPCの25倍電気を使います。冬場だと、200円×25倍で5000円という計算に。

また、ずっと家にいるので、照明も影響しそうですね。

今度、その辺を検証してみたいと思います!

 

■なお、クラウドPBXなら、テレワーク時、自宅で代表電話を受ける体制づくりが可能です。

仮想オフィスもおすすめ!

 

関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事