1. HOME
  2. ブログ
  3. CLOMO MDMとは?料金、機能を徹底解説

CLOMO MDMとは?料金、機能を徹底解説

昨今のテレワークの普及に伴い、MDMを導入する企業が増えています。MDM(Mobile Device Management=モバイルデバイス管理)は、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を一元的に管理・運用できるサービスのことです。

MDMは端末の紛失・盗難が起きた際の情報漏洩のリスクを抑えたり、端末管理の負担を軽減したりなど、様々な目的で導入されていますが、種類が豊富にあるため「どのMDMを導入すればよいか」悩んでしまう方も多いです。今回ご紹介する「CLOMO MDM」は、ツールの使いやすさやサポート体制が充実しており、MDMをこれまでに導入したことがない企業に特におすすめです。

本記事では、CLOMO MDMの料金や搭載機能について詳しく解説します

CLOMO MDMとは

CLOMO MDM 公式ページ

画像引用元:CLOMO MDM 公式ページ

CLOMO MDMとは、株式会社アイキューブドシステムズが開発・提供しているMDMです。医療機関や教育機関、自治体など様々な機関で導入されており、誰でも簡単に操作できる使いやすさが特徴となっています。CLOMO MDMでは以下の4つを行うことが可能です。

  • モバイル端末の運用・管理の効率化
  • モバイル端末の不正利用・私的利用防止
  • モバイル端末のセキュリティ強化
  • モバイル端末紛失時のトラブル対策

CLOMO MDMは、iOSやmacOS、Android、Windowsなど、幅広いOS・デバイスに対応していま。企業内で複数のOS・デバイスを使っていたとしても、CLOMO MDMのみで一括管理することができます。

また、CLOMOの専任チームが開発・運用・サポートまで行なっているため、安心して利用できる点も魅力です。

CLOMO MDMの搭載機能

CLOMO MDMでは、以下の4つの機能が基本機能として提供されています。

CLOMO MDMの基本機能
遠隔で端末の利用状況を把握する 電話番号・端末番号などの基本情報や位置情報、インストールされているアプリなどのデバイス情報を取得できる
機能の制限・設定 端末パスワードの設定、カメラ機能や特定アプリの利用制限などを一括して行うことが可能
端末ロック・データ消去 端末を盗難・紛失した際に、ロックしたり、強制的に端末内のデータを消去したりすることが可能
アプリの配布・管理 社内で利用するアプリケーションを配布したり、アプリを強制的にインストール・削除したりすることが可能

ほかにもオプションサービスとして、セキュリティを高めたり、IT管理者の負担を軽減したりする機能も提供しています。

CLOMO MDMのオプション機能
サイバーセキュリティ対策 AIを活用し、既知・
未知の脅威を予防する
デバイス証明書 デバイス向けの電子証明書で
より強固な端末認証を実現する
持ち出し対策 Windows端末の使用エリアを
制限して不正な持ち出しを検知する
アプリ管理・配信 デバイスへのアプリ配信、
社内アプリポータルの構築
Android ホーム画面作成 用途ごとに必要なアプリのみを表示したホーム画面を作成する
キッティング サービス キッティング作業を代行する
サポートチケット 管理者の負担を軽減し
スムーズな導入・運用をサポートする
運用代行サービス MDM運用を代行する
リモートオペレーション サービス 24時間365日
紛失時の対応に備えるサービス

 

CLOMO MDMの料金

CLOMO MDMの料金は、以下の通りです。

CLOMO MDMの料金
初期費用 19,800円(税抜)
基本利用料(月額) 2,100円(税抜)
ライセンス(月額) 1デバイス300円
オプションサービスの料金
CLOMO MOBILE APP PORTAL 1デバイス 月額100円(税抜)
CLOMO リモートオペレーションサービス(24×365) 1デバイス 月額170円(税抜)
CLOMO MDM 証明書連携オプション 1デバイス 月額100円(税抜)
CLOMO デバイス証明書 secured by CyberTrust 1デバイス 月額200円(税抜)
CLOMO MDM secured by Onebe 1デバイス 月額100円(税抜)
CLOMO Launcher 1デバイス 月額100円(税抜)

CLOMO MDMは年額プランも提供しており、 最低契約台数は5ライセンス(それ以降は1ライセンスから契約手続きが可能)となっています。

また、30日間の無料トライアルを実施しており、本番環境と同等の機能を10デバイスまで利用することができます。トライアル終了後は、トライアル環境がそのまま本番環境に移行する形です。

まとめ

今回は、CLOMO MDMの料金や搭載機能について解説しました

CLOMO MDMを導入すれば、業務で使っているモバイル端末を一括で管理でき、セキュリティ向上や業務効率化などに役立てられます。サポート体制も充実しているため、MDMをこれまでに導入したことがない企業であっても、安心して利用できます。

CLOMO MDMは無料トライアルも実施していますので、ぜひ導入を検討してみてください。

 

サイバーセキュリティ完全ガイド




株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

GoogleWorkspace※、Microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、楽楽勤怠、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、NotePM、RoboTANGO、Adobe Acorbat、leaf、ロジザードZERO、DX-Suite、LANSCOPE、iTutor、INNOVERAPBX、MOTTEL※、yoom※など



※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2024の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097






以下の動画では、採択のポイントや申請にあたっての注意点などを詳しく解説していますので、
あわせてご覧ください!




関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事