1. HOME
  2. ブログ
  3. 2022年ついにWi-Fi 6Eが解禁!対応ルーターをご紹介!

2022年ついにWi-Fi 6Eが解禁!対応ルーターをご紹介!

2022年9月2日、ついに総務省によって「Wi-Fi 6E」が認可されました。Wi-Fi 6Eは新世代のWi-Fi規格といわれており、日本国内でもWi-Fi 6Eに対応しているルータが発売され始めています。

これから先、さらにWi-Fi 6Eに対応しているルータや機器が普及していくことが予想されています。

そこで本記事では、Wi-Fi 6Eに対応しているルーターを3つ厳選してご紹介します。Wi-Fi 6Eのメリットについても解説していますので、参考にしてください。

そもそもWi-Fi 6Eとは

はじめに、Wi-Fi 6Eとはどのようなものなのかを詳しく解説してきます。

wifi6eの詳細はこちらの記事でも解説しています↓

6GHz帯も利用できるWi-Fi規格のこと

Wi-Fi 6Eとは、6GHz帯を利用できるWi-Fi規格のことです。このWi-Fi6EのEは、Extend(拡張)のEであり、Wi-Fi 6の拡張版という意味になります。

Wi-Fiなどの無線通信で利用する電波は、国が用途に応じて使用する周波数を定めています。これまでは2.4GHzと5GHzが主流でしたが、Wi-Fiの普及に伴い6GHzも利用できるようになりました。

※この変更は2022年9月2日に総務省によって行われました。

使える周波数帯の選択肢が増えたことで、近くに同じ周波数帯で通信しようとする機器があったとしても、別の周波数帯を選択して電波の干渉を防げるメリットがあります。

最大通信速度は9.6Gbps

ユーザーの立場として非常に気になる通信速度についてですが、Wi-Fi 6EはWi-Fi 6と同様で最大通信速度は9.6Gbpsとなっています

Wi-Fi 6EとWi-Fi 6の主な違いは、先ほど解説した6GHzの周波数帯を使えるか・使えないかの一点のみです。数字上の最大通信速度は同じですが、Wi-Fi 6Eの方が使える周波数帯が多い分、Wi-Fi 6Eの方が速く感じるケースもあるでしょう。

Wi-Fi 6Eに対応しているルーター3選!

ここでは、Wi-Fi 6Eに対応しているルーターを3つ厳選してご紹介します。

①Aterm WX11000T12

Aterm WX11000T12は、Atermが提供しているホームルーターです。

Aterm WX11000T12 製品画像アマゾン最新価格はこちら⇒Aterm WX11000T12

 

この製品の特徴は、立体的な三方向にまんべんなく電波を放射する新技術の[ワイドレンジアンテナPLUS]です。360°電波が届き、安定した通信が可能となります。

また、アプリでの遠隔操作によって自宅のWi-Fi接続状態を確認できる「ホームネットワークリンク」という機能も搭載しています。

②WNR-5400XE6

2つ目にご紹介するのは、バッファローが提供しているWNR-5400XE6です。

WNR-5400XE6 製品画像

アマゾン最新価格はこちら⇒BUFFALO

WNR-5400XE6は、2.4GHzと5GHz、そして新しく使えるようになった6GHz帯すべてに対応しています。

加えて、端末との電波強度を判断し、遠くまで届く2.4GHz帯と速度の速い5GHz帯の帯域切替を自動でおこなう「バンドステアリングLite」機能を搭載しています。

 

③Aterm WX7800T8

Aterm WX7800T8は、テレワークとプライベートのネットワークを分けて使用できるセキュリティレベルの高い製品です。

Aterm WX7800T8 製品画像

アマゾン最新価格はこちら⇒Aterm WX7800T8

Aterm WX7800T8では「リモートワークWi-Fi(ネットワーク分離機能)」という機能を搭載しており、仕事で使うネットワークとプライベートで使うネットワークで通信領域を分けて使えるのが魅力です。セキュリティレベルが向上したことにより、安心して仕事に臨めるでしょう。

Aterm WX7800T8 イメージ画像

 

Wi-Fi 6Eを使うメリット

Wi-Fi 6Eを使うメリットは主に下記の2つです。

メリット①通信の混雑や干渉などの影響を受けにくくなる

一つ目のメリットは、通信の混雑・干渉などの影響を受けにくくなる点です

Wi-Fi 6Eは、専用の6GHz帯が使用可能となります。6GHz帯はWi-Fi 6Eは専用の通信経路のようなものです。

まだまだ世の中で、WIFI6E対応ルーターの利用者が少なく、

Wi-Fi 6Eを利用することで、通信の混雑や干渉などの影響を受けにくくなり、通信の安定性や速さなどをより感じられるでしょう。

メリット②通信の選択肢が増える

二つ目のメリットは、通信の選択肢が増える点です

前述したとおり、Wi-Fi 6Eは2.4GHzと5GHz、6GHzの中から選択できるため、混雑しているチャンネルを避けて、干渉が少ないチャンネルを選べるようになります。

通信の選択肢が増えることによって、より快適な通信を行えるようになるでしょう。

まとめ

今回は、Wi-Fi 6Eに対応しているルーターをご紹介しました

Wi-Fi 6Eは2.4GHzと5GHz、6GHzの中から選択できるため、混雑しているチャンネルを避けて、干渉が少ないチャンネルを選べるメリットがあります。混雑や干渉の影響が少なくなる分、スムーズで高速な通信を実現できるでしょう。

今回は3つほどWi-Fi 6Eに対応しているルーターをご紹介しましたが、今後各メーカーからWi-Fi 6E対応のルーターや機器が続々と販売されるでしょう。

通信の快適さは仕事の生産性にも直結します。この機会にぜひWi-Fi 6Eに対応しているルーターの導入を検討してみてください。

 

関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事