1. HOME
  2. ブログ
  3. wifi6 Release 2が登場?!変わるポイントを解説

wifi6 Release 2が登場?!変わるポイントを解説

WIFIという規格を管理しているWi-Fi Allianceという団体が、

新規格「Wi-Fi 6 Release 2」を発表しました。

詳細はこちら↓

Wi-Fi CERTIFIED6™リリース2は、高度なWi-Fi®アプリケーションに新機能を追加します/Wi-Fi Alliance

Wi-Fi 6 Release 2で変わるポイント

Wi-Fiアップリンクのパフォーマンス向上

今回のリリース2では、WIFIのアップリンクMIMOのサポートが追加されます。

MIMOとは、「Multiple-Input and Multiple-Output」の略で、マイモと呼びます。

この技術により、複数の端末が、「同時に通信する」ことが可能になります。

アップリンクは、このMIMOのうち、上り、つまりメールを送る。動画を配信する。ファイルを送る、ビデオ会議で音声や映像を送るなどのアップロードの方を指します。

このアップリンクMIMOですが、WIFI6でも実装はされていました。

そのため、この機能がグレードアップするということなんだと思います。まだ、メーカーからも発売されておりませんので、どのくらいパワーアップするかは不明ですね。

電源管理の効率化

Wi-Fi 6 Release 2では、接続している端末の電池消費を改善する機能が追加されます。具体的には、ブロードキャストターゲットウェイクタイム(TWT)、拡張スリープ時間、動的マルチユーザー空間多重化省電力(SMPS)など、新しい低電力およびスリープモードの機能強化により、複数のバッテリ駆動デバイスの電力最適化が可能になります。

これはかなりありがたいですね。WIFIをつないでいるスマホの電池の持ちがよくなりそうです!

Wi-Fi 6 Release 2はいつから使えるのか?

まだ、規格が発表されたばかりですので、現状ではまだ不明です。

ただ、過去WIFI6が発表されたのが、2018年10月3日でした。その後、世界初かは厳密にはわかりませんが、個人的にはネットギア社が2019年9月25日に初のWIFI6対応ルーターを発売したのが一番早かったと記憶しております。

ということで、約1年後に発売した感じですね。

ただ、今回はマイナーアップデートだと思いますので、おそらくそこまでかからずにメーカーも発売するのではないでしょうか。

WIFI7もあるので、複雑に

ところで、昨年11月に実は、同じWi-Fi Allianceから、WIFI7という新規格が発表されています。

こちらは大幅アップグレードですので、1年以上かけて、2023年に最初のWIFIルーターが発売され、

世の中に浸透するのは、2024年から2025年あたりかと予想されます。

そこまでのつなぎなんでしょうね。

Wi-Fi 6 Release 2は。

 

 


株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

google workspace、microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、MOTTEL※、yoom※など

※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2023の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097





関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事