1. HOME
  2. ブログ
  3. wifi6 Release 2が登場?!変わるポイントを解説

wifi6 Release 2が登場?!変わるポイントを解説

WIFIという規格を管理しているWi-Fi Allianceという団体が、

新規格「Wi-Fi 6 Release 2」を発表しました。

詳細はこちら↓

Wi-Fi CERTIFIED6™リリース2は、高度なWi-Fi®アプリケーションに新機能を追加します/Wi-Fi Alliance

Wi-Fi 6 Release 2で変わるポイント

Wi-Fiアップリンクのパフォーマンス向上

今回のリリース2では、WIFIのアップリンクMIMOのサポートが追加されます。

MIMOとは、「Multiple-Input and Multiple-Output」の略で、マイモと呼びます。

この技術により、複数の端末が、「同時に通信する」ことが可能になります。

アップリンクは、このMIMOのうち、上り、つまりメールを送る。動画を配信する。ファイルを送る、ビデオ会議で音声や映像を送るなどのアップロードの方を指します。

このアップリンクMIMOですが、WIFI6でも実装はされていました。

そのため、この機能がグレードアップするということなんだと思います。まだ、メーカーからも発売されておりませんので、どのくらいパワーアップするかは不明ですね。

電源管理の効率化

Wi-Fi 6 Release 2では、接続している端末の電池消費を改善する機能が追加されます。具体的には、ブロードキャストターゲットウェイクタイム(TWT)、拡張スリープ時間、動的マルチユーザー空間多重化省電力(SMPS)など、新しい低電力およびスリープモードの機能強化により、複数のバッテリ駆動デバイスの電力最適化が可能になります。

これはかなりありがたいですね。WIFIをつないでいるスマホの電池の持ちがよくなりそうです!

Wi-Fi 6 Release 2はいつから使えるのか?

まだ、規格が発表されたばかりですので、現状ではまだ不明です。

ただ、過去WIFI6が発表されたのが、2018年10月3日でした。その後、世界初かは厳密にはわかりませんが、個人的にはネットギア社が2019年9月25日に初のWIFI6対応ルーターを発売したのが一番早かったと記憶しております。

ということで、約1年後に発売した感じですね。

ただ、今回はマイナーアップデートだと思いますので、おそらくそこまでかからずにメーカーも発売するのではないでしょうか。

WIFI7もあるので、複雑に

ところで、昨年11月に実は、同じWi-Fi Allianceから、WIFI7という新規格が発表されています。

こちらは大幅アップグレードですので、1年以上かけて、2023年に最初のWIFIルーターが発売され、

世の中に浸透するのは、2024年から2025年あたりかと予想されます。

そこまでのつなぎなんでしょうね。

Wi-Fi 6 Release 2は。

 

 

関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事