1. HOME
  2. ブログ
  3. ShopifyでECサイト構築するメリット、デメリットを徹底解説!

ShopifyでECサイト構築するメリット、デメリットを徹底解説!

ECサイト作成サービスの「Shopify」は、175ヶ国以上で利用されている知名度が高いサービスです。月額課金制でデザイン性も高く、ECサイトで必須になる機能を網羅している点が大きな魅力です。

さらに、Shopifyはクラウド型で日々バージョンアップされていきます。まさに現代のニーズにマッチしたECサイト作成サービスだといえるでしょう。

本記事では、ShopifyでECサイト構築するメリット、デメリットについて解説します

Shopifyのメリット

Shopifyとは、2004年にカナダで創業されたShopify社が運営しているサービスです。世界各国の企業でECサイトを運営する意識が高まってきたこともあり、Shopifyの需要は高まりました。

ここでは、Shopifyを導入するメリットについて解説します。

メリット①低コストで導入できる

一つ目のメリットは、低コストで導入できる点です。Shopifyの価格、料金プランは下記の通りです。

参考:Shopify

ベーシック スタンダード プレミアム
月額料金 $1(三か月間)

※4か月目からは$25

$69 $299
日本のオンラインクレジットカード手数料 3.4% + 0円 3.3% + 0円 3.25% + 0円
海外/Amexのオンラインクレジットカード手数料 3.9% + 0円 3.85% + 0円 3.8% + 0円
JCBのオンラインクレジットカード手数料 4.15% + 0円 4.1% + 0円 4.05% + 0円
外部サービス取引手数料 (Shopify ペイメントを利用していない場合) 2.0% 1.0% 0.5%
おすすめの人 まずはShopifyを利用してみたいという方、初めてネットショップ開設に挑戦する方 ネットショップでの売上がある程度あって、利益をさらに伸ばしたいを考えている方 大規模の売上があって、ショップ運営の効率化や高いレベルのデータ分析をしたい方

表の通り、ベーシックプランの場合は最初の三ヶ月は$1で利用できます。また、どのプランを選択しても初期費用は一切発生しません。運用後にプランをアップグレートすることも可能です。

初期の売上金額が少ない時期に低コストで導入&運用ができるのは、ECサイトを運営する上で大きなメリットだといえます。さらに、決済手数料も最低水準となっているため、長期的に大量の商品を販売することを想定した場合、Shopifyの利用はお得だといえるでしょう。

メリット②デザイン性の高いECサイトを簡単に作成できる

二つ目のメリットは、デザイン性の高いECサイトを簡単に作成できる点です

Shopifyでは多彩なデザインテンプレートが用意されています。デザインやプログラミング等の知識が無くても、おしゃれなデザインのECサイトを簡単に作成できます。

shopify構築事例

 

こちらは、shopify公式サイトにも掲載されている構築事例です。shopifyでは、テンプレートを使って、簡単に制作もできますし、オリジナルでデザイン性の高いECサイトを構築することも可能です。

 

メリット③決済手段が豊富に用意されている

三つ目のメリットは、決済手段が豊富に用意されている点です

例えば、下記の決済手段を利用できます。

  • Shopifyペイメント
  • Apple Pay
  • PayPal
  • Amazon Pay
  • Google Pay
  • 携帯キャリア決済
  • Paidy
  • BitPay

豊富な決済手段があることで、国内外問わず幅広い層をターゲットに販売できるメリットがあります。

メリット④SNSと簡単に連携できて集客にも強い

四つ目のメリットは、SNSと簡単に連携できて集客にも強い点です

例えば、FacebookやInstagramなどのSNSと連携すれば、ユーザーはSNS経由で商品を購入できるようになります。ECサイトの運営は構築後の集客が非常に大切です。そのため、SNSと簡単に連携できるShopifyを利用するメリットは大きいといえるでしょう。

Shopifyのデメリット

メリットが多いShopifyですが、デメリットもいくつか存在します。

デメリット①アプリに関する情報は英語が多い

デメリットの一つが、Shopifyのアプリに関する情報は英語が多いという点です

Shopifyは、元々カナダ発祥のサービスのため、詳細な情報に関しては英語でしか見つけられないケースが多く見られます。特にアプリに関する情報は英語が多く、アプリをECサイトと連携させてをカスタマイズしたい場合、英語の知識が必要です。

デメリット②詳細なカスタマイズを行うためにはHTML/CSSの知識が必要

例えば、デザインテンプレートをカスタマイズしたい場合、HTML/CSSなどコーディング知識が必要です。Shopifyはデザインと機能のどちらも優れていますが、詳細なカスタマイズをさらに行いたい場合、HTML/CSSなどの専門的な知識が必要になるケースもあるでしょう。

デメリット③Shopifyを作成するだけでは集客できない

Shopifyを作成するだけでは集客できない点もデメリットになります。例えば、Amazonや楽天などのモール型ECとは異なり、Shopifyの場合はサイトを作成するだけでは集客することができません。

Shopifyで利用できるSNS連携やSEO対策などを活用して、集客戦略を立てていきましょう。

shopify画面

shopify構築画面

shopify構築画面

 

shopify商品入力画面

shopify商品入力画面

 

shopify構築はIT導入補助金の対象になるか?

IT導入補助金2022では、デジタル化推進枠にて、ECサイトの構築費用がIT導入補助金の対象となります。

そのため、制作会社に依頼してかかる構築にかかる費用の3/4が2年間分で最大350万円まで、補助を受けることが可能です。

詳細はこちらから↓

 

まとめ

今回は、ShopifyでECサイト構築するメリット、デメリットについて解説しました

Shopifyの主なメリット・デメリットは下記の通りです。

【メリット】

  • 低コストで導入できる
  • デザイン性の高いECサイトを簡単に作成できる
  • 決済手段が豊富に用意されている
  • SNSと簡単に連携できて集客にも強い

【デメリット】

  • アプリに関する情報は英語が多い
  • 詳細なカスタマイズを行うためにはHTML/CSSの知識が必要
  • Shopifyを作成するだけでは集客できない

自社でECサイトを運営したいけど「最初はスモールスタートで始めたい」「ゆくゆくは海外向けに商品を販売したい」と考えている企業にShopifyは最適です。本記事で解説したメリット・デメリットを参考にして、導入を検討してみてください。

 

弊社ではIT導入補助金を活用したshopify構築に対応しており、ご状況を伺って、ベストなご提案が可能です。まずはお問合せください!

お問い合わせはこちら⇒ 株式会社アーデント 03-5468-6097

※「ECサイト構築の記事を見た」とお伝え下さい。

ECサイト構築お問い合わせフォーム

必要な項目のすべてをご入力いただき、「アーデントに問い合わせる」ボタンをクリックしてください。必須のついている項目は必須入力項目です。



会社名
必須
必須
メールアドレス必須
電話番号必須
コメント

 

 

関連記事

店舗向け商材の人気記事

まだデータがありません。

ICTオフィス相談室 最新記事