1. HOME
  2. ブログ
  3. デリバリーサービスを一元化できるCamelがほんとに便利!

デリバリーサービスを一元化できるCamelがほんとに便利!

オフィス勤務がメインの企業では、様々なテイクアウトサービス・デリバリーを利用する機会が多いです。新型コロナウイルスの影響で接触機会の減少を求められる中、何らかのデリバリーサービスを利用した経験がある方も多いのではないでしょうか。

利用するサービスが多ければ多いほど、管理が煩雑になったり、一つ一つのサービスの受発注の手間が掛かったりなど、不便に感じることが多くなりますが、このような悩みを解消できるのが今回ご紹介する「Camel」です。

Camelでは、複数のテイクアウトサービスやデリバリーをタブレットで一元管理できるメリットがあります。

本記事では、Camelの便利な機能、利用するメリットについて詳しく解説します

Camelとは

Camelとは、株式会社tacoms(タコムス)が提供しているデリバリー注文一元管理サービスのことです

camel 製品ページ

画像引用元:Camel

Camelは、個人店から大手のチェーン店まで様々な業種・飲食店で利用されています。一つの端末で受発注や注文管理、集計等を行えるため、業務の効率化や売上をアップさせるための分析など、幅広い用途で利用できる点が魅力です。

Camelは契約後、およそ二週間~一カ月程度で利用を開始できます。Webブラウザで動作するため、OS・タブレット機種の制限はありません。タブレットを持っていない場合は購入・レンタルすることも可能です。

Camelの便利機能を一挙紹介!

Camelは、コロナ禍がきっかけでデリバリー運営を検討せざるを得なくなった飲食店など、全国6000以上の店舗で利用されています。

ここでは、Camelの便利な機能について詳しく解説していきます。

複数のサービスを一つのタブレットで一元管理できる

Camelは、デリバリー・テイクアウトサービスやキッチンプリンター、POS・OESと連携できます。連携可能なサービスは下記のとおりです。

Camel 連携サービス一一覧

Camel 連携サービス一一覧

画像引用元:Camel 連携サービス一覧

普段利用しているサービスをCamelで一元管理することで、各サービスの受発注をスムーズに行えたり、売上集計などの負荷を軽減したり、様々な効果が期待できます

Camelでは、店舗の営業時間・休業日の設定などもタブレットから簡単に変更でき、忙しい時の一括注文や停止・再開などの設定も1タップで可能です。

また、自社のモバイルオーダーアプリやネット注文サイトとの連携開発にも対応しています。

複数の店舗やサービスをまとめて管理できるダッシュボート

Cameldでは、複数店舗・サービスの集計や設定、管理なども1つのダッシュボードから簡単に操作できます

例えば、店舗側で注文されたことに対して対応が難しい場合などは、タブレットからキャンセル処理を行ってお客様に通知するといった効率的な対応も可能となります。

また、日付を指定した売上集計や過去の注文履歴の確認などもタブレットから行えます。店舗数が多ければ多いほど、これらの集計業務は手間がかかりますが、Camelではタブレット1台でまとめて集計できるのが大きな魅力です。

既存のキッチンプリンターやPOS・OESとも連携できる

既存のキッチンプリンターやPOS・OESなどと連携できる点もCamelの魅力です。

複数の店舗にそれぞれ設置されているキッチンプリンターと連携することで、店舗のオペレーションの負荷軽減が可能となります。また、注文情報をレシート印字することによって、手書きでの書き直しの手間も削減できるでしょう。

Camelを導入するメリット

ここまでご紹介した通り、Camelは様々な便利な機能を搭載しています。Camelを導入することで、企業は下記のようなメリットを得られます。

メリット①売上の集計・分析などの手間がかかる業務を効率良く行える

Camelは、複数のテイクアウトサービスやデリバリーを一台のタブレットで一元管理できるのが特徴です。サービスの売上集計や分析など、手間がかかる作業の負担を軽減できる点がCamelのメリットです

また、一台のタブレットがあれば管理できるため、店舗で使うタブレットを減らせる点もメリットです。一つのタブレットで受発注から集計、分析まで一括対応できるため、業務効率化や売上増加などに繋げられるでしょう。

メリット②手間がかかる作業を自動化することで別の業務に集中できる

Camelでは手間がかかる作業を効率良く行える分、別の業務に専念できるというメリットもあります。例えば、受発注や集計業務負担が軽減する分、接客サービスの強化に力を入れるといったことが可能です。

メリット③スペース削減

複数のデリバリーサービスを導入すると、1サービスごとにタブレットが必要です。3サービスを使っているなら、タブレット3つ分のスペースが必要に。これが意外とスペースをとるんですよね。Camelなら、1つのタブレットで済みますので、店舗のスペースを空けることができます。

 

Camelの料金

Camelは、1店舗あたり月額1万円(税別)でご利用が可能です。

 

まとめ

今回は、Camelの便利な機能、利用するメリットについて解説しました

Camelを導入することで、各サービスの受発注をスムーズに行えたり、売上集計などの負荷を軽減したり、様々なメリットを得られます。

特に複数のデリバリーサービスを利用している企業の場合、管理が煩雑になったり、一つ一つのサービスの受発注の手間が掛かったりなどの課題が多く見られます。Camelを導入すればこのような悩みを解決できるでしょう。

業務効率化・生産性アップに繋がる便利なサービスなので、ぜひ導入を検討してみてください!

 

関連記事

店舗向け商材の人気記事

まだデータがありません。

ICTオフィス相談室 最新記事