1. HOME
  2. ブログ
  3. Airペイの手数料はどれくらい?導入方法も解説

Airペイの手数料はどれくらい?導入方法も解説

Airペイ(エアペイ)とは、株式会社リクルートライフスタイルが運営しているマルチ決済サービスのことです。電子マネーやクレジットカード、QRコード決済など、多彩な決済サービスに対応しており、スムーズなキャッシュレス決済を実現しています。

自社でキャッシュレスサービスを導入する際には「決済手数料がどれくらい掛かるのか」「初期費用がどれほど掛かるのか」を把握することが大切です。

本記事では、Airペイの手数料について解説します。Airペイの導入方法についても詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください

Airペイの手数料は業界最安準の3.24%~3.74%!

Airペイの手数料は、業界最安準の3.24%~3.74%となっています。

Airペイ 画面

画像引用元:Airペイ 公式ページ

Airペイは、VisaやMastercard、American Express、JCB、交通系電子マネーなど、様々な方法で決済できる点が大きな魅力です。

月額固定費・振込手数料は無料

Airペイの月額固定費と振込手数料は無料です。ゆうちょ銀行の利用だけはできませんが、他の全ての銀行では振込手数料は無料となっています。

振込回数は制限があり、みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行の振込口座が月6回、その他の金融機関は月3回の振り込みとなっています

Airペイの導入方法

ここでは、Airペイの導入方法について詳しく解説します。

①公式ページから申し込みする

Airペイの申し込みは「Airペイ 公式ホームページ」から行えます。

Airペイ 公式ホームページ

 

店舗情報や口座情報、法人情報等を入力していきましょう。

②審査

申し込み後、最短で3日ほどで審査結果が登録したメールアドレス宛に通知されます。

その後、操作マニュアルや加盟店ステッカー、カードリーダ等が登録した店舗宛に送られます。

③端末の準備

続いて端末の準備を行いましょう。必要になる端末は「iPadまたはiPhone」と「カードリーダー」の2つです。

  • iPadまたはiPhone

iPadまたはiPhoneは、決済時の金額入力の際に利用するもので、お客様側で準備する必要があります。動作環境については下記のページを参考にしてください。

AIrペイ 周辺機器・動作環境

Airペイの場合、iPadまたはiPhoneで利用できますが、Android端末には対応していません。また、安定したインターネット環境でなければ利用できないため、その点は注意するようにしましょう。

Airペイでは、固定のインターネット回線のWi-Fi環境と、携帯電話回線の4Gまたは5G回線の利用が推奨されています。

  • カードリーダー

カードリーダに関しては、審査後に貸与されます。料金は代金引換で20,167円(税込・送料込)です。カードリーダーは貸与品になっているため、解約時に返却する必要があります。

Airペイでは「キャッシュレス導入0円キャンペーン」を実施しており、条件を満たせばAirペイを利用する際に必要なiPadとカードリーダーを無償貸与してもらえます

キャンペーンの条件は下記の通りです。

  1. iPadの無償貸与を申込みされる場合は実店舗を有している
  2. 「キャッシュレス導入0円キャンペーン」の期間中にAirペイに新規加盟申込みしている
  3. お申込み月の6ヶ月後の月末までに審査を通過している
  4. Airペイに新規で申込みしている(既にAirペイに申込み済みの店舗や、解約後の再申込は対象外になる)

詳しい注意事項は「キャッシュレス導入0円キャンペーン」のページを参考にしてください。

また、必須ではありませんが、下記の機器も必要に応じて準備しておきましょう。

  • パソコン

Airペイ管理画面・Airペイ QR店舗管理画面を、パソコンから利用したい場合や、取引明細や振込明細、取引集計などをCSVデータでダウンロードしたい場合に必要です。

  • レシートプリンター

レシートプリンターは、レシートを印刷したい時に必要です。

④初期設定

続いて送付されたマニュアルに従って初期設定を行いましょう。

Airペイでは電話やお問い合わせフォーム、チャットによるサポートも充実しています。不明点等があれば問い合わせするようにしましょう。

⑤利用準備

初期設定が完了したら、下記の流れで利用準備を進めていきましょう。

  1. カードリーダーを充電する
  2. iPadかiPhoneにAirペイアプリをダウンロードする
  3. カードリーダーを接続する
  4. Airペイアプリにログインする
  5. (必要に応じて)レシートプリンターを設定する

Airペイはサポート体制が充実している点が大きな魅力!

Airペイは、決済手数料が安い、決済手段が豊富など様々なメリットがありますが、サポートサービスも充実している点も大きな魅力です。

Airペイのサポートサービスは9:30~23:00となっており、夜の営業時間帯にも対応できます。遅い時間帯でも対応してもらえる点は、店舗にとって大きなメリットだといえるでしょう。

まとめ

今回は、Airペイの手数料、導入方法について詳しく解説しました

Airペイの決済手数料は、業界最安準の3.24%~3.74%となっており、0円キャンペーンを活用すれば導入する際の初期費用を抑えられるメリットがあります。

本記事を参考にぜひ導入を検討してみてください。

 

airペイは、現在、ipadを無償レンタルキャンペーン中!

詳しくは公式HPを御覧ください↓

airペイ 公式HP⇒

 

Airペイと同様に「Uペイ」も多くの店舗で導入されています。Uペイについては下記の記事で詳しく解説しています。こちらも参考にしてみてください。

 

 

 


株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

GoogleWorkspace、Microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、楽楽勤怠、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、NotePM、RoboTANGO、Adobe Acorbat、leaf、ロジザードZERO、DX-Suite、LANSCOPE、iTutor、INNOVERAPBX、MOTTEL※、yoom※など



※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2024の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097






以下の動画では、採択のポイントや申請にあたっての注意点などを詳しく解説していますので、
あわせてご覧ください!




関連記事

店舗向け商材の人気記事

まだデータがありません。

ICTオフィス相談室 最新記事