1. HOME
  2. ブログ
  3. 賃貸オフィスを借りるときの審査で必要な書類とは?

賃貸オフィスを借りるときの審査で必要な書類とは?

<この記事を書いた人>

事務所契約の場合

 「法人」
・法人謄本
・会社概要(パンフレット、HPコピー)
・決算書2期分
・代表者身分証明書

 「連帯保証人」
・身分証明書
・収入証明(源泉徴収票、課税証明、確定申告コピー等)

 

※あくまで、一般的に求められる可能性が高いものを
掲載しています。不動産会社ごとに異なりますので、
参考程度にお考えくださいませ。

SOHOマンションの場合

「法人」
・法人謄本
・会社概要(パンフレット、HPコピー)
・代表者身分証明書

 「連帯保証人」
・身分証明書
・収入証明(源泉徴収票、課税証明、確定申告コピー等)

これから起業しようとしている個人の場合

「個人」
・事業計画書
・経歴書
・身分証明書

 「連帯保証人」
起業時は連帯保証人は保証会社を使用するケースが
多いです。

 

借りる物件によって、必要書類が多少異なります。

例えば、決算書が赤字の会社ですと、通常の事務所を借りようとするよりは、
決算書の提出が必要無い、SOHOマンションの方が借りやすいかもしれませんね。

起業時には、事業計画書の提出が求められます。

これを作成されない方も多いのですが、審査で必要になりますので、
A4で4〜5枚でもかまいませんので、是非、お作り頂ければと思います。

【賃貸オフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・ワークプレイス作り、オフィスに関する最新ニュース、法律税金、物件探しのノウハウ等
・中小企業向けのICT活用によるワークスタイルノウハウ
・プロオススメの新着物件情報
購読者3500人、発行暦14年を超える人気メルマガ「プロが教える!オフィス作り虎の巻!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

賃貸オフィスの基本の最新記事




最新記事