1. HOME
  2. ブログ
  3. オフィスを借りる前に、ハザードマップを確認しよう!

オフィスを借りる前に、ハザードマップを確認しよう!

<この記事を書いた人>

ハザードマップとは

各自治体が、洪水・土砂災害・津波などの災害リスクがある場所かどうかを地図で公表しているのが、ハザードマップです。

以下のサイトから皆さんのご自宅やオフィスのハザードマップが確認できます!

ハザードマップポータルサイト

先日武蔵小杉で下水があふれたニュースがありましたが、その危険地域がわかる内水ハザードマップなども確認できますので、ぜひ一度みてみましょう!

 

賃貸借契約では、不動産会社はハザードマップの説明をしない?!

これからのハザードマップですが、不動産売買では説明するのが一般的なのですが、賃貸借契約時の重要事項説明では説明対象外になっています。オフィスを借りるときにハザードマップの説明を受けた方はまずいらっしゃらないと思います。

そのため、これらのハザードマップは、自分で調べる必要があるんですね。

 

まとめ

今後、台風等による大雨での浸水被害の可能性が高まってきています。損害保険の保険料値上げのニュースが先日も流れていました。自分たちで、事前にしらべるようにしましょう!

【賃貸オフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・ワークプレイス作り、オフィスに関する最新ニュース、法律税金、物件探しのノウハウ等
・中小企業向けのICT活用によるワークスタイルノウハウ
・プロオススメの新着物件情報
購読者3500人、発行暦14年を超える人気メルマガ「プロが教える!オフィス作り虎の巻!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

賃貸オフィスの基本の最新記事




最新記事