1. HOME
  2. ブログ
  3. オフィスを借りる前に、ハザードマップを確認しよう!

オフィスを借りる前に、ハザードマップを確認しよう!

ハザードマップとは

各自治体が、洪水・土砂災害・津波などの災害リスクがある場所かどうかを地図で公表しているのが、ハザードマップです。

以下のサイトから皆さんのご自宅やオフィスのハザードマップが確認できます!

ハザードマップポータルサイト

先日武蔵小杉で下水があふれたニュースがありましたが、その危険地域がわかる内水ハザードマップなども確認できますので、ぜひ一度みてみましょう!

 

賃貸借契約では、不動産会社はハザードマップの説明をしない?!

これからのハザードマップですが、不動産売買では説明するのが一般的なのですが、賃貸借契約時の重要事項説明では説明対象外になっています。オフィスを借りるときにハザードマップの説明を受けた方はまずいらっしゃらないと思います。

そのため、これらのハザードマップは、自分で調べる必要があるんですね。

 

まとめ

今後、台風等による大雨での浸水被害の可能性が高まってきています。損害保険の保険料値上げのニュースが先日も流れていました。自分たちで、事前にしらべるようにしましょう!


株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

google workspace、microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、MOTTEL※、yoom※など

※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2023の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097





関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事