1. HOME
  2. ブログ
  3. クラウドバックアップ powered by Acronisとは?料金、サービスを解説

クラウドバックアップ powered by Acronisとは?料金、サービスを解説

クラウドサービスを利用する機会が増加した昨今、セキュリティのリスクも高まっています。セキュリティリスクを考慮すると、データのバックアップを適宜取った方が良いと考えるものの、どのサービスを利用するべきか分からないという方も多いのではないでしょうか。

今回紹介する「クラウドバックアップ powered by Acronis」は、サーバーやPCだけでなく、iPhoneやiPadなどのバックアップにも適しています。

本記事では、クラウドバックアップ powered by Acronisの料金やサービスについて解説します

クラウドバックアップ powered by Acronisとは

クラウドバックアップ powered by Acronisは、オンプレとクラウドの両方に対応しているバックアップサービスです。

Acronis AnyData Engineをベースにしており、OSやファイル、ディスクパーティションなどをオンプレのストレージ、またはクラウド環境にバックアップします。

また、サーバーやPC、iPhone、iPad、Android端末など、対象が非常に幅広いのも特徴です。

クラウドバックアップ powered by Acronisの料金

クラウドバックアップ powered by Acronisの料金は以下の通りです。

プラン名 100GBプラン 500GBプラン 1000GBプラン
月額料金 3,000円 12,500円 20,000円
年額料金 34,200円 142,500円 228,000円

この表にある通り、容量単位で料金が変動する形であり、バックアップできるデバイス数は無制限となっています。

クラウドバックアップ powered by Acronisの特徴

クラウドバックアップ powered by Acronisの特徴は、以下の3つです。

①Acronis AnyData Engineをベースにしたクラウドバックアップ

クラウドバックアップ powered by Acronisは、Acronis AnyData Engineをベースにしています。実績が豊富なアクロニスの技術を使用しているため、社内にある重要なデータを安全に保護することが可能です。

②クラウド・オンプレのどちらからでも復元することが可能

クラウドバックアップ powered by Acroniでは、クラウド・オンプレのどちらからでも復元できます。さらに、物理や仮想、クラウド、モバイルなど幅広く対応しており、高速なバックアップを実現できます。

③容量単位のシンプルな料金体系

前述した通り、クラウドバックアップ powered by Acroniの料金は、容量単位での課金となっています。シンプルな料金体系となっているため、企業の規模やデバイス数、データ量に応じて利用することが可能です。

クラウドバックアップのメリット

ここでは、クラウドバックアップのメリットについて解説します。

①バックアップにかかるコストを削減できる

クラウドバックアップの場合、インターネット環境があればデータのバックアップが可能となります。オンプレミス環境でのデータバックアップと比較すると、クラウドバックアップの方が安価になるケースがほとんどです。

バックアップするデータ量に応じた従量課金制の場合、大幅なコスト削減につながるでしょう

②BCP対策につながる

BCP(Business Continuity Plan=事業継続計画)とは、企業が自然災害やテロ攻撃などの緊急事態に遭遇したときに、企業の損害を最小限に抑えつつ、事業の継続や早期復旧をおこなうために、平常時に行っておく活動や緊急事態が起きた際の事業継続の方法・手段などを決めておく計画のことです。

クラウドバックアップは、BCP対策としても有効です。たとえば、自社のサーバーでデータをバックアップしている場合、災害によってサーバーの故障・破損につながり重要なデータが消失する恐れがあります。

クラウドバックアップの場合は、遠隔地にデータセンターを複数所有しているケースが多いため、災害が発生したとしても安全にデータを保護できるのです。

③セキュリティ対策になる

たとえば、ランサムウェアに感染すると、感染した端末だけでなく、同一ネットワーク上にある端末や、物理的に接続している端末すべてに感染する恐れがあります。仮に外付けハードディスクなどの物理的なデバイスで企業の重要データをバックアップしていると、ランサムウェアの感染が拡大することで企業の機密データの消失・漏洩につながりやすくなります。

クラウド環境にデータをバックアップしておけば、ランサムウェアだけでなく、様々なセキュリティリスクに対して対策することが可能です。

 

まとめ

今回は、クラウドバックアップ powered by Acronisの料金やサービスについて解説しました

クラウドバックアップ powered by Acronisは、容量単位の料金体系となっており、バックアップできるデバイス数は無制限となっています。そのため、企業の規模やデバイス数、データ量に応じた利用が可能です。ぜひ導入を検討してみてください!

 

なお、弊社では、クラウドバックアップ以外にも、全部で6社のセキュリティソフトや、その他メールセキュリティ・サーバーセキュリティ、端末管理(スマホ、PC等)、顔認証ログインなど、多様なセキュリティサービスを取り扱っており、そのほとんどをIT導入補助金を使って半額でご提案も可能です。

クラウドバックアップの料金、サービス詳細はこちら⇒

 

セキュリティ対策 無料相談フォーム

必要な項目のすべてをご入力いただき、「アーデントに問い合わせる」ボタンをクリックしてください。必須のついている項目は必須入力項目です。



会社名
必須
必須
メールアドレス必須
電話番号必須
コメント

 

 


法人向けセキュリティソフトの
料金自動一括比較サイトを新しくオープンしました!
 c-compe.com⇒




サイバーセキュリティ完全ガイド




株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

GoogleWorkspace※、Microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、楽楽勤怠、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、NotePM、RoboTANGO、Adobe Acorbat、leaf、ロジザードZERO、DX-Suite、LANSCOPE、iTutor、INNOVERAPBX、MOTTEL※、yoom※など



※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2024の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097






以下の動画では、採択のポイントや申請にあたっての注意点などを詳しく解説していますので、
あわせてご覧ください!




関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事