1. HOME
  2. ブログ
  3. Macで使えるおすすめのセキュリティソフト3選

Macで使えるおすすめのセキュリティソフト3選

昨今のサイバー攻撃の増加に伴い、安全性が高いと言われているMacを狙った攻撃も増加しています。Macはもともと高度なセキュリティ機能を搭載していますが、日々多様化・巧妙化するサイバー攻撃を防止するためには、セキュリティソフトの導入がおすすめです。

そこで本記事では、Macでも使えるセキュリティソフトの「ESET PROTECT Entry クラウド」「kaspersky Endpoint Security Cloud」「ウイルスバスタービジネスセキュリティサービス」の3つをご紹介します

ESET PROTECT Entry クラウドとは

ESET PROTECT Entry クラウド 公式ページ

画像引用元:ESET PROTECTクラウド

ESET PROTECTクラウドとは、Canonが提供しているマルチプラットフォーム対応のクラウド型セキュリティソリューションです。MacやWindows、Androidなど幅広いOSに対応しています。

ウイルス・スパイウェアなどのマルウェア対策はもちろん、ネットワーク保護・迷惑メール対策など様々なセキュリティ機能を搭載しています。

詳細は以下の記事で詳しく解説↓

 

ESET PROTECT  クラウドの特徴・メリット

ESET PROTECT クラウドは、軽快な動作と性能の高さが特徴です。ESET PROTECTクラウドのエンドポイント保護機能は、多層防御による高い検出力や、低い誤検知率によって第三者評価機関からも高い評価を得ています。

ESET PROTECTクラウドは、ライセンス数に応じて利用料金が変わってきます。

ライセンス数 ESET PROTECT Essential クラウド ikazuchi ESET PROTECT entry クラウド ikazuchi ESET PROTECT advanced クラウドlite ikazuchi
月額料金(1ライセンスあたり) 390円 480円 630円

購入ライセンス数が6-10の場合、1ライセンスあたり年額5,950円(税抜)で、100-249の場合は1ライセンスあたり年額¥3,240円(税抜)、5,000-9,999野場合は、1ライセンスあたり年額¥¥1,990円(税抜)で導入できます。

ESET PROTECT クラウドは、動作の軽さ・性能の高さを重視する方におすすめです。

Kaspersky Endpoint Security Cloudとは

Kaspersky Endpoint Security Cloud 製品ページ

画像引用元:Kaspersky Endpoint Security Cloud

Kaspersky Endpoint Security Cloud(以下、KES Cloud)とは、株式会社カスペルスキーが提供しているクラウド型のセキュリティ製品です。KES Cloudは、10人~500人程度の小規模・中規模の企業向けの製品となっています。

「個人識別情報保護:極秘データ検出テスト」や「Advanced Endpoint Protection:ランサムウェア対策テスト」など、世界的に行われているセキュリティテストで高いスコアを獲得しており、セキュリティレベルが高い製品として評価されています。

商品の詳細は以下のページをご覧ください↓

Kaspersky Endpoint Securityクラウド⇒

 

kaspersky Endpoint Security Cloudの特徴・メリット

KES Cloudでは、「KES Cloud」「KES Cloud Plus」「KES Cloud Pro」の3つのライセンスがあります。各ライセンスによって利用料金は異なります。

ライセンス名 KES Cloud KES Cloud Plus KES Cloud Pro
月額料金 ~550円 ~922円 ~1,625円

※15ライセンス以上は増えるごとに価格が下がります。

KES Cloudは、ランサムウェアやファイルレスマルウェア、ゼロデイ攻撃などの新たな脅威も防止できる点が魅力です。特にランサムウェア攻撃に対して100%の効果があることが明らかになっています。

KasperskyEndpoint Security Cloud 公式ページ

引用元:Kaspersky Endpoint Security Cloud

そのためKES Cloudは、信頼性が高い最新のセキュリティ製品を利用したいという方におすすめです。

ウイルスバスタービジネスセキュリティサービスとは

ウイルスバスタービジネスセキュリティサービス

画像引用元:ウイルスバスタービジネスセキュリティサービス

ウイルスバスタービジネスセキュリティサービスとは、中小企業に特化したクラウド型のセキュリティサービスです。MacやWindows、Android、iOSなどのOSに対応しており、これらの端末を一元管理できます。

ウイルス・スパイウェア対策やWebレピュテーション、デバイスコントロール、URLフィルタリングなどの機能も搭載しています。

ウイルスバスタービジネスセキュリティサービスの特徴・メリット

ウイルスバスタービジネスセキュリティサービスは、導入・管理のしやすさが特徴です。従業員やPC台数の増減に合わせて、希望する台数をフレキシブルに購入できます。

料金は下記の表の通りです。

ウイルスバスタービジネスセキュリティサービスの料金
製品名 トレンドマイクロ ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス トレンドマイクロ ウイルスバスター ビジネスセキュリティ
年価格 6,000円(税抜) 6,900円
サーバー設置 不要 必要

ウイルスバスタービジネスセキュリティサービスは、インストールも簡単に行うことができ、購入後にログインID、パスワードを取得して、購入した台数分インストールすればすぐに完了します。

そのため、セキュリティ製品の導入経験があまりない企業や、セキュリティ製品の導入・運用の負担を軽減したい企業におすすめです。

まとめ

今回は、Macでも利用できる「ESET PROTECT Entry クラウド」「kaspersky Endpoint Security Cloud」「ウイルスバスタービジネスセキュリティサービス」を紹介しました

Macを狙ったサイバー攻撃を防ぐためには、自社PCのOSやブラウザのバージョンを最新版にするなどの基本的なセキュリティ対策が必須です。それに加えて、セキュリティソフトを導入することでより強固なセキュリティ体制を構築できるでしょう。

ぜひ本記事でご紹介したセキュリティソフトの導入を検討してみてください。

 

法人向けのセキュリティソフトの導入をお考えの方は、弊社では今回ご紹介した3商品すべて販売しており、比較して、どの商品がいいかご提案が可能です。また、IT導入補助金を活用して1/2の金額でご提案もできますので、まずはお問合せください!

IT導入補助金の詳細はこちら↓

お問い合わせはこちら⇒ 株式会社アーデント 03-5468-6097

※「法人向けセキュリティソフトの記事を見た」とお伝え下さい。

法人向けセキュリティソフトお問い合わせフォーム

必要な項目のすべてをご入力いただき、「アーデントに問い合わせる」ボタンをクリックしてください。必須のついている項目は必須入力項目です。

会社名
必須
必須
メールアドレス必須
電話番号必須
コメント

 


法人向けセキュリティソフトの
料金自動一括比較サイトを新しくオープンしました!
 c-compe.com⇒




サイバーセキュリティ完全ガイド




株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

GoogleWorkspace※、Microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、楽楽勤怠、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、NotePM、RoboTANGO、Adobe Acorbat、leaf、ロジザードZERO、DX-Suite、LANSCOPE、iTutor、INNOVERAPBX、MOTTEL※、yoom※など



※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2024の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097






以下の動画では、採択のポイントや申請にあたっての注意点などを詳しく解説していますので、
あわせてご覧ください!




関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事