1. HOME
  2. ブログ
  3. NECの「NeoFace Monitor」とは?顔認証ログインの便利さについて解説

NECの「NeoFace Monitor」とは?顔認証ログインの便利さについて解説

企業内のセキュリティ向上や、PCのセキュリティ強化を目的に「顔認証システム」を導入する企業が増えています。顔認証の利用シーンは様々ですが、PCのログオン・ログオフなどでも使われるケースは多いです。今回紹介する「NeoFace Monitor」は、顔認証AIエンジンを採用しており、PCのセキュリティ強化に特に適しています。

本記事では、NECが提供している「NeoFace Monitor」の特徴について解説していきます。顔認証ログインのメリットや導入する際の注意点についても解説しますので、PCのセキュリティを高めたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

NeoFace Monitorの特徴

はじめに、NeoFace Monitorの特徴について説明します。

NeoFace Monitorは、NECの顔認証AIエンジンであるNeoFaceを搭載しており、Webカメラに顔を向ける動作だけでPCへのログオン・ロック解除が可能です。このNeoFaceは米国政府機関主催の顔認証技術ベンチマークでNo.1の評価を獲得しており、世界最高レベルの顔認証技術と言われています。

NeoFace Monitorには、ログオンした後も常時認証で画面をロックする機能も搭載しています。利用者がPCから離席したり、登録していないユーザがPC前にいたりする場合、認証NGとして画面をロックすることが可能です。

NeoFace Monitorの主な搭載機能

ここでは、NeoFace Monitorに搭載している機能を紹介します。

①二要素認証

二要素認証とは、以下の情報を組み合わせた認証方法のことです。

・知識情報(社員のIDやパスワードなど)

・所持情報(所持しているICカード、スマートフォンなど)

・生体情報(顔、静脈、指紋など)

NeoFace Monitorでは顔認証に加え、IDやパスワードなどの知識情報、またはICカードなどの所持情報による認証を組み合わせた二要素認証を利用できます。二要素認証を採用することで、さらにセキュリティレベルを強化することが可能です。

②覗き込み検知

NeoFace MonitorのV6のバージョンからは、覗き込み検知の機能が新たに追加されています。この機能は、ログオン後に一定間隔で顔認証を実施し、利用者以外の顔を認識したときに「覗き込み」として検知する仕組みとなっています。検知した際は、PCの画面ロックやアラート表示を行うことで覗き込みによる情報漏洩を防止することが可能です。

また、NeoFace Monitoで検知した知情報はログとして保存される仕組みとなっているため、いつ覗き込みがあったか等の確認も迅速に行えるようになります。

③経年変化に対して対応する機能

NeoFace Monitoでは、一定期間ごとにログオン時の顔画像をデータベースに自動登録する機能が搭載されています。この機能によって、経年変化による認証失敗を防止することが可能です。

④顔の動きをチェックする機能

NeoFace Monitoでは、顔写真などをカメラに向けてログオするといったPCの不正使用を防止するために、顔の動きをチェックする機能を搭載しています。ログオンするときや、ロック解除のときに顔の動きをランダムに指示し、指示された動きが正確に行われたかどうかで不正ログインであるかどうかを判断できる機能となっています。

NeoFace Monitorの種類

NeoFace Monitor では、 パッケージ版とクラウド版の2つのタイプを用意しています。

パッケージ版は買い切り型となっており、オンプレミスサーバによるきめ細かな運用・カスタマイズが可能です。クラウド版は物理サーバの導入や構築、管理が必要なく、クラウド上でユーザ情報や認証ログを一括管理することができます。

クラウド版の場合は、月額か年単位でのパック購入となっており、最低12か月の利用期間と、10名以上での購入が必須となっています。

顔認証ログインのメリット

続いて、顔認証ログインのメリットについて解説します。

PCに顔認証を導入することで、社員の不正ログインを防止でき、企業のセキュリティ強化につながります。近年のセキュリティ事故の中には、内部の人間による社内データの改ざんなどが見られます。また、他人の覗き込みによって情報漏洩に繋がるケースも十分に考えられるでしょう。

NeoFace Monitoは顔認証ログインに関する高度な機能が搭載されているため、まさにPCのセキュリティ強化に適した製品といえるでしょう。

顔認証システムを導入する際の注意点

企業で顔認証システムを導入する際には、顔データの取り扱いに十分に配慮する必要があります。個人情報保護法では、顔は個人情報として定義されています

そのため、利用目的を本人に通知・公表した上で利用することが重要です。トラブルに繋がらないように「利用目的以外で顔データを利用しない」といった旨を記載した社内規定を設けるのも良いでしょう。

まとめ

今回は、「NeoFace Monitor」の特徴について解説しました

NeoFace Monitorは、世界最高レベルの顔認証技術と言われている「NeoFace」を採用しており、PCのセキュリティ強化に効果的です。不正ログインの防止に適したセキュリティ製品となっていますので、ぜひ導入をご検討ください。

その他、法人向けのセキュリティツールをまとめた比較できる以下の際ともあわせて御覧ください!

 


法人向けセキュリティソフトの
料金自動一括比較サイトを新しくオープンしました!
 c-compe.com⇒




サイバーセキュリティ完全ガイド




株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

GoogleWorkspace※、Microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、楽楽勤怠、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、NotePM、RoboTANGO、Adobe Acorbat、leaf、ロジザードZERO、DX-Suite、LANSCOPE、iTutor、INNOVERAPBX、MOTTEL※、yoom※など



※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2024の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097






以下の動画では、採択のポイントや申請にあたっての注意点などを詳しく解説していますので、
あわせてご覧ください!




関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事