1. HOME
  2. ブログ
  3. レンタルオフィス事業を開業・始めるときの大事な7つのポイント

レンタルオフィス事業を開業・始めるときの大事な7つのポイント

<この記事を書いた人>

①徹底した競合調査

最も重要といっても過言ではありませんが、競合調査をしましょう。他のレンタルオフィスがどういったグレードで、どのくらいの賃料帯で何人席が多いのか?また、コワーキングスペースはあるのか?などなど。

それから、入居状況も調べましょう。オープンして、何か月で、今入居率はどのくらいなのか?テナントさんの業種やサイズ感なども把握しておきたいですね。

いくつかのレンタルオフィスを見て回ると、その違いが見えてきますので、ぜひ内見しにいきましょう!

②とにかくまねる

いろんなレンタルオフィスを見てくると、こういうレンタルオフィスがいいかも?こういった賃料のレンタルオフィスが入居しているななど見えてくるものがあります。そのレンタルオフィス、特に拠点数が多いところははやっている証拠なので、そういったところをまねましょう。内装のイメージ、天井まで仕切っているかどうか、ビルのグレード感、コワーキングスペースの有無、受付が有人かどうかなどを一から全部考えるのではなく、成功しているところをまねていきましょう!

 

③80坪以上を探せ!

面積については、いくつかのレンタルオフィス業者さんに聞いたのですが、もし受付にコンシェルジュを置く場合は、その人件費を考えると80坪以上を借りないと採算に乗りません。もし、無人であれば、もう少し狭くても大丈夫ですが、50坪以上は欲しいところです。

あまりに狭いと、開業コストは少ないものの、圧迫感も出てしまい、またビルグレードも下がり、お客様からすると、魅力が下がってしまいます。なるべく広いところを借りましょう!

 

④連携する不動産会社、広告先の選定

オープンをしても、今SEO対策で例えば、「渋谷 レンタルオフィス」などで上位に持ってくることは不可能に近いです。集客はある程度外部に頼るべきでしょう。いろんな不動産会社に物件を掲載してもらうことで、反響を持ってくることができますし、バナー広告等も考えましょう!リスティング広告で、毎月広告を多額にかけるよりも安く集客が可能です。

弊社運営サイトでも広告掲載は可能ですので、ご相談下さい↓

レンタルオフィス専門 取材記事サイト「RO JOURNAL」

広告掲載のご案内はこちらから

 

⑤レイアウトはバランスよく

レイアウトも非常に重要です。一人用から、4~5人用くらいまでをバランスよく配置しましょう。どの区画を増やすかは、そのエリアによって異なります。都心部ほど、人数が多い区画を増やしてもいいでしょう。郊外物件ほど、一人用区画などの小さい区画が多いといいです。

また、複数人区画があることで、一人から人が増えた時にそっちに移ってもらい、退去を減らす効果もあります。このレイアウトも、競合のレイアウトを見て、参考にするといいでしょう。

 

⑥コーヒー、クラウドPBX、会議室、電話秘書、バーチャルオフィス等のサブ収益も考える

レンタルオフィス本業で、きちんと収益に乗ることがベストですが、入居者向けサービスとして、おいしいコーヒーの販売、クラウドPBX、貸し会議室、電話秘書、バーチャルオフィスなどのサブ収益も考えていきましょう!

特に、バーチャルオフィスは、有人で運営するのであれば、ぜひ検討したいですね。場所にもよりますが1社あたり月額3000円くらいの安定収益が入ってくるのはありがたいですよね。

クラウドPBXも入居者にサービスとして提供することで、収益化が可能です。1人成約すると月額250円くらいですが、毎月入ってきます。これは、入居者が退去後も、毎月収益が入ります。

入居者が入れ替わっても、安定した収益になるバーチャルオフィス、クラウドPBXは取り組みたいですね!スペースを貸し出すのと違って、長く運営するほど、どんどん売上が上がってきますので。

弊社からクラウドPBXサービスの取次ぎ契約で、報酬を毎月キャッシュバックする提携も可能です。

 

⑦売りを作る

最後に、今人気のレンタルオフィスをまねた後に、ちょこっとだけ、売りを作りましょう。最近では、weworkが人気ですが、weworkの強みは自社アプリ等による入居者同士の交流、仕事のあっせんです。各レンタルオフィスでは、それぞれに売りがあって、それがお客様に刺さって高い入居率につながっています。サービス、コミュニティづくり、コワーキングスペース、海外企業メインで英語対応、24時間利用可能など、自社の売りを作りましょう!

 

参考になる他社事例

ビジネスエアポート

東急グループのレンタルオフィスなのですが、こちらの魅力は広いコワーキングスペースです。狭い個室から、気分によって働く場所を変えることができます。その分賃料は高いですが、人気で拠点もどんどん増やしています。
ビジネスエアポートHP

 

天翔オフィス

こちらは自社で一棟ビルを新築するので、ちょっとまねづらいビジネスモデルではありますが、コスパの良さがこちらのウリです。また、一人用、2人用よりも、もう少し広い区画にも注力しており、3~10人くらいの他のレンタルオフィスの供給が少ないサイズを数多く提供して、高い入居率を誇っています。こちらもかなり拠点を増やしている業者さんです。

天翔オフィスHP

 

ビズサークル

こちらの会社さんは、とにかく安さが売りです。完全個室なのに、一人3万円くらいから提供しており、人気です。その拠点数はなんと全国で88拠点に!(2019年7月現在)また、内装もおしゃれになっていて、安さを感じさせない作りになっています。

ビズサークルHP

 

まとめ

これからレンタルオフィスを開業、始めたい方は、しっかりと競合を調査してから始めましょう。弊社でも、レンタルオフィス業者さんの開業で物件探しをお手伝いしてきましたので、ご相談頂ければアドバイスも可能です!クラウドPBXでの提携や物件探しなどは特に得意です。まずはご相談下さいませ!

 

【関連情報】

弊社では以下のようなレンタルオフィス検索サイトを運営しております!

レンタルオフィス・サービスオフィスの一括検索フォームはこちらから

東京のおすすめレンタルオフィス、シェアオフィス一覧 渋谷のおすすめレンタルオフィス、シェアオフィス一覧 新宿のおすすめレンタルオフィス、シェアオフィス一覧
シャワー付きレンタルオフィス、シェアオフィス一覧 池袋のおすすめレンタルオフィス、シェアオフィス一覧 青山表参道のおすすめレンタルオフィス、シェアオフィス一覧
秋葉原のおすすめレンタルオフィス、シェアオフィス一覧 品川のおすすめレンタルオフィス、シェアオフィス一覧 格安レンタルオフィス、シェアオフィス一覧

 

 

「参考情報」
レンタルオフィスの電話番号や転送電話を使ってはいけない!?

【ICTオフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・最新のICTツール等のニュース!
・中小企業向けのICT活用によるテレワーク等生産性の上がるワークスタイルノウハウ
・コスト削減、生産性向上のノウハウ、情報
購読者3500人、発行暦15年を超える人気メルマガ「IMnews!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

業種別賃貸ノウハウの最新記事




ICTオフィス相談室 最新記事

クラウドPBX7社一括比較はこちら



ICTオフィス相談室 広告掲載について
記事広告やバナー広告、メールマガジンでのご紹介が可能です。