1. HOME
  2. ブログ
  3. レインズの限界。不動産屋によって出てくる物件が違う理由

レインズの限界。不動産屋によって出てくる物件が違う理由

<この記事を書いた人>

不動産会社が使っている物件流通サイト「レインズ」というものが
あるのですが、

このサイトについて今日はご説明をさせて頂きたいと思います。

こちらのサイトは、
公益社団法人東日本不動産流通機構
が運営しており、
(東日本の場合)

基本無料で使えるため、
多くの不動産会社がこちらのサイトに物件を掲載して、
借主を探していきます。

■ただし、不動産会社ごとにやり方は様々で、
このサイトに掲載をせず、

アットホームやスーモといったサイトで募集を行っている
不動産会社もあり、

すべての物件が掲載されているわけではありません。

個人的な実感値ですが、

東京都心のオフィスの場合、
だいたい7割くらいが掲載されているのではないでしょうか。

※アットホームだと、4割くらいでしょうか。

■なぜ、レインズに掲載しないのかというと、

オフィスの場合以下の理由があります。

・賃料が契約した時期によって大きく異なり、
現在のテナントに募集賃料を知られたくない。
しかし、レインズに掲載するには賃料を公開する必要があるので、
掲載したくない。

・オフィスの場合、法人オーナーが多く、
信用できない不動産会社からの紹介は受けたくないので、
情報が拡散してしまうレインズには掲載せず、
信用できるところにのみ、直接メールを送っている。

■また、レインズは、少し検索がしづらいシステムになっており、
使う側のスキルが必要となります。

例えば、以下のような事例があります。

・賃料と管理費の一括検索ができません。
⇒30万円までのご依頼の場合で、
賃料を25~30万円で検索をしてしまうと、

賃料21万円、管理費9万円のような物件は、
ひっかからなくなってしまいます。

・こだわり条件がしっかりと入力されていない

⇒駐車場ありで検索をしたとしても、
駐車場が本当はあるのに、掲載時に駐車場ありとして
掲載していないものがあり、その場合検索にひっかからず、
提案漏れにつながりやすい。

■同じ依頼をしても、不動産会社によって、
提案が異なるのは、以上のような理由がありまして、

営業マンのスキルによって、
出てくる物件は異なってしまいます。

■また、医者と同じで、
不動産会社も専門分野ごとに分かれており、

大きくは売買と賃貸。

また、賃貸の中でも、住宅とオフィスと倉庫、店舗のように、

物件種別ごとに専門が分かれております。

例えば、
弊社の場合、
レインズに掲載のないオフィスビルのデータベースを保有しており、
その物件数は約27000件になります。

これは、住宅の不動産会社に依頼しても、
まず出てこない情報になります。

倉庫や、住宅、店舗でも同じようなことがあると思います。

物件探しは、その専門分野の不動産会社に依頼をするのが、
いいと思います。

【賃貸オフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・ワークプレイス作り、オフィスに関する最新ニュース、法律税金、物件探しのノウハウ等
・中小企業向けのICT活用によるワークスタイルノウハウ
・プロオススメの新着物件情報
購読者3500人、発行暦14年を超える人気メルマガ「プロが教える!オフィス作り虎の巻!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

賃貸オフィスの基本の最新記事




最新記事