トップページ > 賃貸オフィスのノウハウ > 固定資産税、消費税、礼金、敷金、保証金の取扱など > オフィス内の固定資産税

 オフィス内の固定資産税

 固定資産税と聞くと、

 通常、不動産を所有している人が払うものだと思いがちです。

 ところが、固定資産税は別に、不動産に限った税金ではないのです。


 例えば、パソコン、椅子、机、ロッカー、厨房機器、陳列ケースなども
 固定資産税の対象になります。


 これらの資産を「償却資産」と呼びます。

 「償却資産」は減価償却を行います。


 コピー機を150万円で4月に購入した場合の固定資産税を計算
 してみましょう。

 「コピー機」の耐用年数は、5年になります。

 また、固定資産税の税額は、

 課税標準額×1.4%で計算されます。

 課税標準額は、評価額と理論帳簿価格を比べて、
 高いほうの金額のことです。

「評価額の計算」
何月に買ったかは関係なく、半年で評価する方法
 
固定資産税は初年度と次年度以降の計算方法が異なります。

 ?初年度

 取得価額     減価率        評価額
 150万円×(1?0・369×0.5)=1,223,250円

 
 
 ?2年目以降

 1,223,250 ×(1?0.369)= 771,870円

 


 初年度のみ減価率に0.5をかけます。


「理論帳簿価格」
何月に買ったかを考えて、月ごとに償却する方法

 ?初年度の固定資産税は、

 取得価額     減価率        評価額
 150万円×(1?0・369×8÷12)=1,131,000円

  評価額 
 1,131,000 は前述の取得価額の計算で出した 1,223,250円と比べると
 低いので、

 1,223,250円が課税標準額になります。

 1,223,250円 × 1.4% = 17,125円

 
 ということで、初年度の固定資産税は、17,125円となります。


 ただし、このケースのように課税標準額が、
 同一市区町村内で150万円未満の場合は、固定資産税は課税されません。







物件をお探しの方はこちらから
まずは、情報収集をという方はこちらから




このページ先頭へ戻る
物件探しをプロに依頼する 物件検索サイト

賃貸オフィス相談室

オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法

お客様の声

小規模オフィスレイアウト例

賃貸オフィスの借り方ノウハウ満載サイト

アーデントスタッフ紹介:私たちが事務所探しをお手伝い致します!

bn_typeA_200_120.jpg


imgblogbanner.jpg

東京 レンタルオフィス、サービスオフィスの現地取材ブログ RO JOURNAL

株式会社アーデント 求人サイト