1. HOME
  2. ブログ
  3. SOHO(住居兼事務所)賃貸物件の探し方

SOHO(住居兼事務所)賃貸物件の探し方

SOHO賃貸物件(住居兼事務所)探しで契約前に注意したいポイント、物件探しのノウハウをまとめてみました。いい事務所を借りることで、いい仕事ができるようになります!ぜひ、仕事に有効活用できるワークスペースを確保していきましょう。

SOHO、住居兼事務所として使いやすい間取り、使いづらい間取り

SOHO(住居兼事務所)のマンションを探すときに、一番注意したいのが、間取りです。

仕事場と住宅を兼ねるわけですが、お客様が来客したときに、生活スペースが見えてしまうのは避けたいですよね。さらに女性なら、そもそもそこに住んでいることが知られないように注意したいはず。

 

SOHO(住居兼事務所)として使いやすい間取り

「振り分けタイプの間取り」・・・居住スペースと事務所スペースを完全に分けることができます。トイレもどちらの部屋からも独立していて、お客様がトイレを使いたくなっても問題ありません。

 

「メゾネットタイプの間取り」・・・お風呂等の生活スペースと事務所・トイレスペースでうまく上下の切り分けができる間取りです。

 

SOHO(住居兼事務所)として使いづらい間取り

「部屋が小分けになりすぎている」・・・あまりにも細かく部屋が分かれていると、机を置くスペースがあまり確保できず、使いづらいです。

 

「メゾネットタイプで生活空間との切り分けがしづらい間取り」・・・キッチン、トイレ、お風呂がすべて事務所スペースと切り分けができず、お客様が来るたびに下の階のリビングを通って、階段を上がっていく必要があります。

 

SOHOマンションは法人登記に注意

実は、住居兼事務所で使えるマンションには2種類あります。

事務所可マンション

比較的古い分譲マンションや一棟を個人で所有しているマンションです。法人登記については、比較的ゆるく、OKをもらえることが多いです。契約は事務所契約を結ぶので、賃料には消費税が課税されます。

 

SOHO可マンション

比較的新しいマンションで、一棟を投資ファンドや大手法人が所有していることが多い物件です。基本的に法人登記の許可はもらえません。ただし、担当者に相談すると、「こちらからは登記するかどうかはあえて聞きませんので」というグレーだが、黙認という回答がもらえることも。契約は住居契約を結ぶので、賃料に消費税はかかりません。
公明正大に法人登記をしたいなら、事務所可マンションを選びましょう。ただ、比較的物件は小さい規模だったり、古い物件になりますので、きれいな物件を希望されるなら、SOHO可マンションも検討しましょう。賃料に消費税もかからないので、お得です。

 

住宅地のSOHOマンションは雰囲気を確認しよう!

住居メインのSOHOで来客がないなら、構わないのですが、住宅地のSOHO可マンションとなると、周囲はみなさん住宅として使っている可能性があります。

そうすると、ベランダに洗濯物が干してあったり、廊下には自転車や傘がたくさん置かれていたりすると、お客様が来た時にがっかりされてしまうのではないでしょうか。

「洗濯物が並んだマンションの外観」

もし来客もある業種なら、なるべく事務所利用、住居兼事務所利用が多い物件を選びましょう!

 

表札に社名を出せるかどうか?

事務所可のマンションなら問題はないのですが、SOHO可のマンションだと表札が出せないケースがありますので、注意が必要です。

SOHO可マンションには、以下の3つに分かれます。

  1. 法人名を一切表記できない物件
  2. 法人名と個人名を併記するなら許可をもらえる物件
  3. 法人名を表記しても構わない物件

もちろん、社名を出せる方がいいでしょうから、契約する前に社名を表記できるかどうか、確認しておきましょう!

 

SOHOマンション、SOHOオフィスをお探しなら、

SOHO賃貸物件専門のSOHOオフィスナビ」にて、

物件を大量に掲載しておりますので、一度ご覧下さいませ!

【賃貸オフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・賃貸オフィス相談室の最新情報(ワークプレイス作り、法律税金、物件探しのノウハウ等)
・中小企業を経営する起業家、経営者向けの情報
・プロオススメの新着物件情報
購読者3400人、発行暦13年を超える人気メルマガ「不動産屋が教える!賃貸オフィス虎の巻!
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

業種別賃貸ノウハウの最新記事




最新記事