1. HOME
  2. ブログ
  3. 会議室には大型テレビを置くべき?!

会議室には大型テレビを置くべき?!

会議型モニターがあれば、ペーパーレス会議ができる


弊社会議の事例です。

会議、出席者分のペーパー用意している会社さんも多いと思うのですが、
きなモニター一緒見ながら会議すれば、その紙印刷コストと手間削除できますよね!

しかも、議事録もその場でとれば、あとで議事録作成する時間も削減できます!

こういった会議の仕方「議事録ドリブン」と言います。

<参考記事>
議事録ドリブンの会議を試してみた

議事録ドリブンで会議効率を二倍にする

 

やってみるとわかりますが、革命的なります!
議事録作らなくてもいいし、議事録のチェックも一緒作っている所見ているので、不要。

その場で、作成者と参加者の意図がずれていれば、作成しながら、即修正できます。

生産性が向上する会議のやり方です!!

モニターよりもテレビが安い!

ただ、型モニター、まあまあの値段がします。

I-O DATA 4K モニター 43インチ  49797円

https://amzn.to/2s9Ui31

 

 

NEC 50型パブリック液晶ディスプレイ LCD-E506 103582円

https://amzn.to/2F8tpVQ

 

格安テレビ事例

しかし、テレビであれば、もうワンランク安い価格で購入が可能です。

ZM-L40TVR [40インチ] 31300円

https://amzn.to/2F9RtI3

モニターと比べて、2万円弱安い!

 

ハイセンス 55V型 液晶 テレビ  53310円

https://amzn.to/2CQsFlN

モニターと比べて約半額!!

テレビの方が多くのメーカーがしのぎ削っており、
価格がこなれているようです。また、型のサイズほどテレビの方が種類が豊富で、価格差がきくなります。

弊社で、ハイセンス社の液晶テレビ使っていますが、全く違和ありません。

、会社のイベントで、ゲーム機つないで使ったり、サッカーの試合仕事後一緒みたりできて、
使い方広がるので、おすすめです!


株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

google workspace、microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、MOTTEL※、yoom※など

※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2023の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097





関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事