1. HOME
  2. ブログ
  3. 楽楽販売のセキュリティ対策を徹底解説

楽楽販売のセキュリティ対策を徹底解説

楽楽販売 イメージ画像

楽楽販売とは、株式会社ラクスが提供しているクラウド型の販売管理システムのことです。販売管理にかかる工数・コスト削減を目的に導入されているシステムになります。

販売管理システムの導入を検討する際のポイントの一つが「セキュリティ」です。楽楽販売は様々な業界・業種で導入されていますが、どのようなセキュリティ対策を講じられているのでしょうか?

本記事では、楽楽販売のセキュリティ対策について詳しく解説します

楽楽販売のセキュリティに関する機能

楽楽販売はアクセス権の設定や操作ログの記録など、様々なセキュリティ機能が搭載されています。楽楽販売に搭載されている主なセキュリティ機能は、下記の通りです。

セキュリティに関する機能
アクセス制限 ユーザーごとに閲覧・操作できるデータを制限する機能
操作ログの記録 ユーザーの操作やログイン履歴を検索・参照する機能
SSLクライアント認証・IPアドレス制限 楽楽販売に接続できる端末や拠点を制限する機能
バックアップ 楽楽販売のデータや設定情報をバックアップサーバーに保管する機能

それぞれの機能について解説します。

アクセス制限

アクセス制限では、ユーザーの操作やアクセスできるデータなどを制御することが可能です。楽楽販売のアクセス権限は、以下の項目で細かく設定できます。

  • ユーザー個人単位
  • ユーザーグループ単位
  • データベース単位
  • 項目単位
  • レコード単位

操作ログの記録

楽楽販売では、ユーザーの操作やログイン履歴などを記録し、検索・参照することも可能です。たとえば、ユーザーが登録したデータや更新・削除したデータ、ログインの履歴などの詳細を簡単に確認できます。過去にさかのぼって検索・参照できるため、セキュリティ上のトラブルが発生した際の原因調査などで役に立つでしょう。

SSLクライアント認証・IPアドレス制限

SSLクライアント認証は、楽楽販売への接続を許可する端末を制限することが可能です。IPアドレス制限では、楽楽販売に接続を許可する拠点(グローバルIPアドレス)を制限できます。この2つの機能によって、許可された端末や拠点からしか楽楽販売にアクセスできなくなります。つまり、不正アクセス等のリスクを軽減できるのです。

バックアップ

楽楽販売では、データや設定情報をバックアップサーバーで保管でき、過去7日分のバックアップデータを参照・出力することが可能です。万が一セキュリティ事故が発生したとしても、バックアップを利用してすぐに業務を再開できます。

この楽楽販売のバックアップ機能はオプションとなっているため、別途申し込む必要があります。

楽楽販売のメリット

楽楽販売を利用する主なメリットは、下記の3つです。

●マウス操作のみでデータベースを構築できる

●幅広い業務に対応している

●サポート体制が手厚い

それぞれのメリットについて解説します。

マウス操作のみでデータベースを構築できる

楽楽販売のメリットは、マウス操作だけで簡単にデータベースを構築できる点です。たとえば、現在使っているExcelの管理表を活用することで、簡単にデータベースを構築できます。また、Excelからのデータベース構築を行わなくても、テンプレートを利用することも可能です。

楽楽販売を利用すれば、データベースに関する専門的な知識がなくても自社に適した販売管理システムを構築できます。

幅広い業務に対応している

楽楽販売は、幅広い業務に対応している点もメリットです。たとえば、以下の業務に対応しています。

  • 見積もり管理
  • 請求管理
  • 売上管理
  • 受注管理
  • 発注管理
  • 原価管理

楽楽販売は、上記の業務を標準化・効率化できる機能を多く搭載しているのが特徴です。

サポート体制が手厚い

サポート体制が手厚い点も楽楽販売のメリットです。導入を検討している段階では、楽楽販売と他社製品の違いを質問したり、導入事例などを質問したりといったことが可能です。

楽楽販売では豊富な知識を持った営業担当者がサポートするため、安心して導入を進められます。さらに、導入した後も電話やメールによるサポートや個別相談会など、手厚いサポートを実施しているのも魅力です。

楽楽販売のデメリット

楽楽販売のデメリットは、利用用途を明確にしてから導入しなければいけない点です。楽楽販売は初期費用が150,000円、月額費用が70,000円となかなか高額になっているので、事前に価格表やお見積書を依頼することをおすすめします。

また、どのような業務で利用するのかを決めておかないと、期待していた効果を得ることが難しくなります。そのため、どのような課題を抱えているのか、楽楽販売をどのように活用するのかを担当者と相談しながら導入を進めていくと良いでしょう。

まとめ

今回は、楽楽販売のセキュリティ対策について解説しました。楽楽販売に搭載されている主なセキュリティ機能は、下記の4つです。

①アクセス制限(ユーザーごとに閲覧・操作できるデータを制限する)

②操作ログの記録(ユーザーの操作やログイン履歴を検索・参照する)

③SSLクライアント認証・IPアドレス制限(楽楽販売に接続できる端末や拠点を制限する)

④バックアップ(楽楽販売のデータや設定情報をバックアップサーバーに保管する)

楽楽販売の導入事例などを知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

 

 

弊社ではkintone、楽楽販売どちらも対応しており、ご状況を伺って、専門家がベストなご提案をさせて頂きます。まずはお問合せください!

「アーデントで楽楽販売を検討するメリット」

①IT導入補助金を使って、最大1/4の費用で導入が可能。PC・タブレットも半額
公式では対応していない他ITツールとのAPI連携も対応可。楽楽販売公式では対応できないこともご提案できます
 ※会計ソフトとのつなぎこみ、入金消込、OCRで読み取った情報を入力。
  chatGPTに問い合わせした結果を入力、lookerstudioでもっと欲しい情報のわかりやすいグラフを生成等
③複数のクラウドツール導入で、あわせて3%をずっとお値引き
④メール、チャット以外に電話でもサポート相談可
⑤サポート期間はベンダーが3か月のところ、基本1年(有償)
⑥要件を伺って、場合によってはkintone等の他ツールを提案することも
⑦IT全般相談に乗れるパートナーとして、業務全体のDX推進サポートもできます

お問い合わせは、電話もしくはフォームからご相談くださいませ。


電話でお問合せはこちら:03-5468-6097


※「楽楽販売の記事を見た」とお伝え下さい。

楽楽販売 お問い合わせフォーム

必要な項目のすべてをご入力いただき、「アーデントに問い合わせる」ボタンをクリックしてください。必須のついている項目は必須入力項目です。

会社名
必須
必須
メールアドレス必須
電話番号必須
コメント
   

株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

GoogleWorkspace※、Microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、楽楽勤怠、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、NotePM、RoboTANGO、Adobe Acorbat、leaf、ロジザードZERO、DX-Suite、LANSCOPE、iTutor、INNOVERAPBX、MOTTEL※、yoom※など



※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2024の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097






以下の動画では、採択のポイントや申請にあたっての注意点などを詳しく解説していますので、
あわせてご覧ください!




関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事