1. HOME
  2. ブログ
  3. 法人の通信費、電話料金削減で通話の課金秒数変更による削減事例

法人の通信費、電話料金削減で通話の課金秒数変更による削減事例

<この記事を書いた人>

法人の通信費、電話料金は、基本料よりも通話料がかかっている?

電話料金は、基本的には、以下の2つで構成されています。

最近はIP電話を使っている企業が多いと思いますので、実は基本料金はかなり安いです。

一例ですが、以下のような料金になります。

 

(社員数 15人程度の企業:電話、FAX2番号で、4人同時通話を確保する場合)

項目 料金
ひかり電話オフィスエース(基本料:1番号、1ch含む) 1,100円
追加番号 1番号 100円
追加ch 3 1,000円
合計 2,200円

 

昔からのNTTのISDN回線やソフトバンクおとくラインを使っている場合は、基本料の削減余地がありますが、

IP電話の場合、ほとんど通信費の削減余地はありません。

それよりも、通話料の方が削減が可能です。通話料は、業種にも依ると思うのですが、多く発信する企業の場合、毎月3万円とか、10万円とかかっていると思います。ここを削減することが可能です!

その方法が、課金秒数の変更です。

 

通話料を削減する課金秒数の変更とは?

通話料は、実際に通話した時間で、課金されるわけではなく、課金秒数ごとに、区切って課金されます。

例えば、NTTの場合固定電話宛は、180秒(3分)課金ですが、実際には30秒しか通話しないケースもあると思います。この場合も、180秒分の課金になります。

特に発信がメインのコールセンターや、飲食店等でお客様に予約の確認をするのが多いなど、短時間通話が多い場合、課金秒数を短くした方がお得になります。

弊社では、クラウドPBXやKDDIへの切り替えで、90秒課金、1秒課金なども提供しております。

 

NTT クラウドPBX P社 KDDI
固定電話宛通話料 8円/3分 4.6円/90秒 0.08円/1秒
携帯電話宛通話料 17円前後/1分 8円/30秒 0.3円/1秒

 

通信費、電話料金が課金秒数でどう変わるのか?

固定電話へ発信する場合

通話時間 NTT クラウドPBX P社 KDDI 秒課金
1秒 8円 4.6円(42.5%削減) 0.08円(99%削減)
30秒 8円 4.6円(42.5%削減) 2.4円(70%削減)
60秒 8円 4.6円(42.5%削減) 4.8円(40%削減)
90秒 8円 4.6円(42.5%削減) 7.2円(10%削減)
120秒 8円 9.2円(15%増加) 9.6円(20%増加)
150秒 8円 9.2円(15%増加) 12円(50%増加)
180秒 8円 9.2円(15%増加) 14.4円(80%増加)
210秒 16円 13.8円(13.8%削減) 16.8円(5%増加)

 

こうしてみると、どのくらいの通話時間が多いかで、最適な課金秒数が変わってきます。秒課金プランは、60秒程度までの通話が多い場合はすごくいいのですが、120秒を超えたあたりから、NTTよりも高くなってきてしまいます。

こうしてみると、何秒通話するかで、お得度がかなりかわってくることがわかりますね。

携帯電話へ発信する場合

通話時間 NTT クラウドPBX P社 KDDI 秒課金
1秒 17円 8円(53%削減) 0.3円(99%削減)
30秒 17円 8円(53%削減) 9円(48%削減)
60秒 17円 16円(6%削減) 18円(5%増加)
90秒 34円 24円(30%削減) 27円(21%削減)
120秒 34円 32円(6%削減) 36円(5%増加)
150秒 51円 40円(22%削減) 45円(12%削減)
180秒 51円 48円(6%削減) 54円(5%増加)
210秒 68円 56円(18%削減) 63円(8%削減)

携帯電話の場合、KDDIの秒課金よりも、クラウドPBX P社の方が20秒くらいの超短時間通話を除けば、どの秒数かけても、通話料は多く削減できそうです!

しかし、実際の発信通話時間によって、最終的な通信コストは変わってきます。

 

実際のコスト削減シュミレーション事例

ということで、実際の通話データから、シュミレーションをしてみました。多かったのは、30秒以上60秒未満の通話時間が多い企業さんの事例です。

 

(固定電話)

通話秒数 件数 NTT クラウドPBX P社 KDDI
30秒未満 946 7,568円 4,356円(43%削減) 1,672円(78%削減)
30秒以上60秒未満 1628 13,024円 7,480円(43%削減) 5,412円(59%削減)
60秒以上180秒未満 990 7,920円 6,842円(14%削減) 7,612円(4%削減)
180秒以上 154 2,464円 2,838円(15%増加) 3,762円(52%増加)
固定電話宛通話料合計 30,976円 21,516円(31%削減) 18,458円(41%削減)

KDDIさんにすると、約4割削減という結果に。

(携帯電話)

通話秒数 件数 NTT クラウドPBX P社 KDDI
30秒未満 220 3,740円 1,760円(53%削減) 1,166円(69%削減)
30秒以上60秒未満 154 2,618円 2,464円(6%削減) 2,266円(14%削減)
60秒以上90秒未満 88 2,992円 2,112円(30%削減) 1,870円(48%削減)
90秒以上120秒未満 110 3,740円 3,520円(6%削減) 3,322円(12%削減)
120秒以上 154 10,472円 9,856円(6%削減) 10,230円(3%削減)
携帯電話宛通話料合計 23,562円 19,712円(17%削減) 18,854円(20%削減)

携帯発信は、30秒未満が一番多かったです。そういった短い通話には、秒課金が威力を発揮して、69%も削減にかります。最終的にこちらも、KDDIさんの方がお得になるという結果になりました。

なお、これは比較的短い通話時間が多いコールセンター部門のある企業様だったので、こういう結果になりました。どのくらいの通話時間かで、結果は変わってきますので、ご注意ください。

 

まとめ

法人の通信費、電話代金を削減するには、IP電話だと基本料がそもそも安いので、通話料がポイントになってきています。その時に大事になるのは、課金秒数です。しかし、常に1秒課金がいいわけではなく、どの課金秒数がいいかは、実際自社でよくかかっている発信時の通話時間次第で変わってきます。

NTTにいえば、通話明細を貰えますので、そちらを見てみましょう!

 

なお、課金秒数の変更は、KDDIさん等直接電話会社に相談しても変更はできません。弊社のような代理店を通していただく必要がありますので、まずはご相談下さいませ

 

お問い合わせはこちら⇒ 株式会社アーデント 03-5468-6097

※「通信費のコスト削減の記事を見た」とお伝え下さい。

 

無料の通信経費削減コンサルお問い合わせフォーム

必要な項目のすべてをご入力いただき、「アーデントに問い合わせる」ボタンをクリックしてください。必須のついている項目は必須入力項目です。



会社名
必須
必須
メールアドレス必須
電話番号必須
コメント

 

アウトバウンドのコールセンター開設をお考えなら、ぜひこちらの記事もおすすめ!

 

【ICTオフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・最新のICTツール等のニュース!
・中小企業向けのICT活用によるテレワーク等生産性の上がるワークスタイルノウハウ
・コスト削減、生産性向上のノウハウ、情報
購読者3500人、発行暦15年を超える人気メルマガ「IMnews!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

コールセンター、CTI | 光ファイバー、電話回線の最新記事




ICTオフィス相談室 最新記事

クラウドPBX7社一括比較はこちら





ICTオフィス相談室 広告掲載について
記事広告やバナー広告、メールマガジンでのご紹介が可能です。