TOP クラウドPBX、通信関係 ネット高速化のため、ipv4とipv6を実際に計測したら平均〇Mの速度アップだった!

ネット高速化のため、ipv4とipv6を実際に計測したら平均〇Mの速度アップだった!

インターネットのipv4とipv6とは

インターネットの住所はipアドレスと言います。この住所の方式にipv4、ipv6という2種類があります。今までは、全てipv4方式と言いまして、192.168.1.1のようなIPアドレスがインターネット上の住所として全世界で使っておりました。

ただ、これが使い過ぎて、なくなりそうということで、もっと桁が多いipv6という方法が開発されました。

こんな感じの住所になります。

ipv6の住所例  2001:0db8:bd05:01d2:288a:1fc0:0001:10ee

ipv6にすると速度が上がる理由とは

話は変わって、各プロバイダーごとにこのipv6対応が進んでいます。こちら対応に切り替えることで、速度が高速化します。

その理由はこちらから↓

 

ipv6にした速度計測結果はこちら

 

サイトごとにちょっと違うので、2つのサイトで計測。

さらに各サイトごとに3回計測してみました。なお、時間帯でもばらつきが出ますので、計測はipv4計測後、2分程度でipv6に切り替えていますので、ほぼ同時刻での計測です。

プロバイダーは弊社一押しのトラム光

速度の単位は全てMバイトです。

計測サイト 種別 1回目 2回目 3回目 平均
usen ipv4 60 52 75 62.33
ipv6 79.12 73.72 78 76.95

比べるとipv6対応にした方が約14M速度が速かったです。

 

こちらは違うサイトでの計測結果です。このサイトではアップロードも計測できましたので、記録しました。

 

計測サイト 種別 1回目 2回目 3回目 平均
ぴかまろ ダウンロード アップロード ダウンロード アップロード ダウンロード アップロード ダウンロード アップロード
ipv4 82.85 102.54 92.22 100.37 65.56 100.88 80.21 101.26
ipv6 100.68 100.57 99.79 102.53 99.45 96.2 99.97 99.77

こちらのサイトでもダウンロードは、約20Mの高速化。ただ、アップロードは逆にほんとに誤差だと思いますが、遅くなってしまいました。おそらくアップロード時はipv6でもipv4でも差がないのかもしれません。

まとめ

ほんとにお手軽に速度を高速化できるipv6対応。まだ導入していない場合は、ぜひ導入を検討してみましょう!

ipv6対応のおすすめNTTフレッツプロバイダーはこちら

 

関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事