1. HOME
  2. ブログ
  3. Autoptimize(wordpressプラグイン)で、簡単にサイトを高速化して、検索順位を上げよう!

Autoptimize(wordpressプラグイン)で、簡単にサイトを高速化して、検索順位を上げよう!

<この記事を書いた人>

Autoptimizeとは

Autoptimizeとは、wordpressの無料プラグインの一つです。javascirptsやcssなどのプログラムを自動的に最適化し、ウェブ上でのサイト表示スピードを速める効果があります。最近はgoogleが順位決定要因の一つにサイト表示のスピードを反映されているようで、重要になってきています。

プラグインなので、難しいことはなく、そして、無料!ぜひ設定してみましょう!

簡単に高速化できました!

ちなみに、どれくらい変わるかを本ICTオフィス相談室にてインストールして比べてみました!

インストール後 インストール前

なんと、インストールしただけど、点数が10点以上アップしました!!

 

具体的にどこが変わったかと言うと、、、

ラボデータ

インストール後 インストール前

First Contentful Paintが0.8秒から0.5秒に高速化!

インタラクティブになるまでの時間が0.8秒から0.5秒に高速化!

速度インデックスが3.2秒から2.9秒に高速化!

になっています。

改善できる項目

インストール後 インストール前

改善できる項目で、

レンダリングを妨げるリソースの除外と使用していない JavaScript の削除が無くなりました!

そして、なぜか代わりに使用していない CSS を削除してくださいが追加に(笑)中身を見ると、AutoptimizeのCSSがひっかかっているようでした。

ということで、けっこう劇的に高速化されます。

実際にアクセスしてみると、実感するくらい差がありました。

 

Autoptimizeのインストール、設定方法はこちら

Autoptimizeの使い方・設定方法を解説【CSSやJSを最適化するWPプラグイン】

上記リンク先のサイトがしっかり解説していますので、そちらをご覧ください。

ちなみに、設定が崩れる事もありますので、

1つ設定したら、表示が崩れていないか、確認しながら行いましょう。

このICTオフィス相談室だと、AutoptimizeのJavaScript コードの最適化をすると、表示が崩れてしまいました。

 

そのため、「Async JavaScript」という別のプラグインをインストールして、最適化を実施しました。

①Enable Async JavaScript?にチェックを入れる

②Quick Settingsのボタンを左から押して、表示が崩れないか確認していく。

細かい事は省きますが、画面表示が崩れたりするケースがあります。右のボタン程、その障害発生が減っていきます。といっても、変更はワンボタンで、すぐなので、左から順に試していきましょう!

 

【ICTオフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・最新のICTツール等のニュース!
・中小企業向けのICT活用によるテレワーク等生産性の上がるワークスタイルノウハウ
・コスト削減、生産性向上のノウハウ、情報
購読者3500人、発行暦15年を超える人気メルマガ「IMnews!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

中小企業ICT活用の最新記事




ICTオフィス相談室 最新記事

クラウドPBX7社一括比較はこちら



ICTオフィス相談室 広告掲載について
記事広告やバナー広告、メールマガジンでのご紹介が可能です。