1. HOME
  2. ブログ
  3. NURO bizとNTTのフレッツ光ネクストファミリータイプの比較

NURO bizとNTTのフレッツ光ネクストファミリータイプの比較

<この記事を書いた人>

オフィスを移転するときに、光ファイバーをどの会社にするかを考える必要があります。特に専用回線で価格が安いNURObizは比較検討される企業様が多いので、まとめてみました。

NURO bizのまとめ

ソネットビジネスアソシエイツ株式会社さんが提供する光ファイバーで、速度と料金が魅力でIT関係の企業様を中心に導入が増えている回線です。

 

スピード       上り  1G、下り 2G
料金         月額18,850円(税別)
プロバイダー料金  
専用か共用か    専用回線
IP電話        使えない

固定IP        1個無料で利用可能

速度保証       あり

⇒ 詳細はこちらから

 

 

NTTフレッツ光ネクストファミリータイプのまとめ

NTT東日本が提供する光ファイバーで、料金が魅力のプランになっています。

スピード       上り 1G、下り 1G
料金         5,000円(にねん割適用後)
プロバイダー料金 別途約1,000円~2,000円程度
専用か共用か   共用回線
IP電話       ひかり電話が利用可能

固定IP       別途料金がかかります

速度保証      なし

 

⇒ 詳細はこちらから

 

 

※プロバイダー料金が別途かかりますので、NURO bizとの差額は、

月額でおよそ12000円程度になります。

 

電話回線まで考える場合のシミュレーション

 

7人の事務所で電話回線5チャンネルを確保する場合で、比較のシミュレーションを作ってみました。

※チャンネルとは同時に通話できる数になります。

NURO biz          NTTフレッツ光ファミリータイプ

月額料金  回線         18,850円                5,000円

プロバイダー             0円                1,500円

電話基本料             9,110円               2,100円

(おとくラインINS2回線、アナログ1回線)       (光電話オフィスタイプ基本3ch+2ch)

合計                 27,960円              8,600円

 

※その差は19,360円という金額になりました。

 

 光ファイバー比較まとめ

金額だけを見れば、NURObizが高いのは間違いありませんが、最大2Gのスピード、専用回線、固定IP1つ付きということを考えると、その分の魅力がありますよね。

ただし、ひかり電話(IP電話)が使えないのは大きなデメリットになります。料金的には固定電話回線を使うしかなく、費用負担が増えるからです。

NURO bizが向ている企業だと、仕事柄重いデータのやりとりがあり、料金よりも、速度が速いことが重要な業種になります。

それ以外では、NTTフレッツ光ネクストファミリータイプを導入した方がいいでしょう。

 

 

【賃貸オフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・ワークプレイス作り、オフィスに関する最新ニュース、法律税金、物件探しのノウハウ等
・中小企業向けのICT活用によるワークスタイルノウハウ
・プロオススメの新着物件情報
購読者3500人、発行暦14年を超える人気メルマガ「プロが教える!オフィス作り虎の巻!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

クラウドPBX、通信関係の最新記事




最新記事