1. HOME
  2. ブログ
  3. オフィス移転時の光ファイバー引越し手続きの流れを解説

オフィス移転時の光ファイバー引越し手続きの流れを解説

<この記事を書いた人>

オフィス移転では、移転業務が1日で全て上手く完了するとは限りません。数日、もしくは数週間は2拠点で稼働させたり、サーバー等は怖いので、新オフィスでのネット環境がきちんと確認できてから引越しをさせたりします。

そのため、オフィスを引越しする時の光ファイバー引越し手続きですが、家庭用とは異なり少し複雑になりますので、ご説明をしたいと思います。

 

①移転先のへ光ファイバーの申込

現状の光ファイバーを引越しするというのではなく、オフィス移転の場合、移転先に全く新しい光ファイバーを申し込みます。

 

②光電話等のIP電話がある場合、旧オフィスの契約から、新オフィスの契約に移す

IP電話の契約が光ファイバーのオプションで付いている場合、電話契約を新しく新オフィスで契約した光ファイバーの契約に移します。

この時、契約相手先と名義が一緒でないと番号を移動させることができません。

例えば、現在NTT東日本のフレッツを契約している場合、移転先でも同じくNTT東日本のフレッツを同じ名義で申込をしていないと、電話番号を移動させられませんので、気をつけましょう③

 

③引越し

これは②と同時のケースも多いですが、いわゆるオフィスの引っ越しを行います。

 

④旧オフィスの光ファイバー、プロバイダー契約を解約

すべての手続きが完了したら、旧オフィスの光ファイバー、プロバイダーを解約します。忘れてしまうと、ずっと毎月のコストがかかってしまいますので、忘れずに解約の手続きを行いましょう。

NTT東日本の場合は 0120-116-116へ電話をします。

 

もし光ファイバーの名義を変更するなどがあれば、すべて完了後に行うようになります。

また、光電話の番号を2社に契約を分けたいなども可能ですが、この辺りも引越しが落ち着いたらがいいでしょう。

 

まとめ

オフィス移転時の光ファイバー引越しは、家庭用と異なり、単純にNTT等へ引越し依頼をすればいいわけではありません。万が一1日で引っ越しが完了しない場合を想定して、移行期間を少し設けていく必要があります。

そのため、ここまでご紹介したようなステップが必要となってきます。また、引越しを機に光ファイバーの会社を切り替えたい場合などは、さらに複雑になってきますので、もし分からない点があるようであれば、ご相談くださいませ。

弊社では、光ファイバー7社(NTTフレッツ、NURO BIZ,NURO光、OCN光、ドコモ光、ソフトバンク光、USEN,トラム光)を取り扱っており、光ファイバーの引っ越しを数多く担当させて頂いておりますので!

 

ご興味があれば、まずはお電話にてお問い合わせくださいませ。

株式会社アーデント 03-5468-6097

【ICTオフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・最新のICTツール等のニュース!
・中小企業向けのICT活用によるテレワーク等生産性の上がるワークスタイルノウハウ
・コスト削減、生産性向上のノウハウ、情報
購読者3500人、発行暦15年を超える人気メルマガ「IMnews!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

光ファイバー、電話回線の最新記事




ICTオフィス相談室 最新記事

クラウドPBX7社一括比較はこちら





ICTオフィス相談室 広告掲載について
記事広告やバナー広告、メールマガジンでのご紹介が可能です。