1. HOME
  2. ブログ
  3. マルウェア感染調査サービスとは?費用やサービス内容を解説

マルウェア感染調査サービスとは?費用やサービス内容を解説

近年のマルウェアの手口は非常に巧妙であり、万全なセキュリティ対策を講じたとしても必ずしも安全というわけではありません。万が一マルウェアに感染してしまった場合は、被害を最小限に留めるために適切な調査が求められます。

「マルウェア感染調査サービス」を利用すれば、マルウェア感染後の不正操作の状況や、情報流出の有無などを迅速に把握することが可能です。本記事では、マルウェア感染調査サービスの費用やサービス内容について詳しく解説します

そもそもマルウェアとは?

そもそもマルウェアとは、デバイスやWebサービス、ネットワーク回線などに対し、有害な動作を働くように開発されたプログラム・ソフトウェアのことです。英語のmalicious(悪意のある)とsoftware(ソフトウェア)を組み合わせた造語となっています。

マルウェアの種類は様々であり、特に有名なのがウイルスやランサムウェア、ワーム、トロイの木馬などが挙げられます。マルウェアはメールから感染するパターンもあれば、Webサイトを閲覧したときやソフトウェアをインストールしたときに感染するパターンなどもあります。色々な感染経路があるため、企業は普段から感染予防のために適切なセキュリティ対策を講じる必要があるのです。

 

マルウェアの手口については、以下の記事で詳しく解説していますのでこちらをご覧ください。

 

 

マルウェア感染調査サービスとは

マルウェアに万が一感染した場合、被害の拡大を防ぐために迅速に調査を行う必要があります。自社で対応できる人材がいない場合、活用してほしいのが「マルウェア感染調査サービス」です。

マルウェア感染調査サービスは、マルウェアの痕跡を解析するためにPCやサーバーのログ、ネットワーク機器の通信情報などを調査するサービスとなっています。不正操作の状況や情報流出の有無などを確認したら、お客様に報告・説明するという流れが一般的であり、基本的には以下の3ステップで調査を実施します。

①ヒアリング(感染状況や症状の確認、調査項目や作業方針の決定なども含む)

②マルウェア感染調査(1で決めた作業方針に基づいて調査・解析を実行する)

③調査結果の報告(マルウェア感染調査の結果に関する報告を実施し、今後の対策について提案する)

マルウェア感染調査サービスの費用・相場について

マルウェア感染調査サービスの費用はサービス提供会社によって異なりますが、数十万程度かかるサービスが多く見られます。調査対象となる機器の台数が多い場合、百万以上かかることもあるでしょう。

マルウェアの感染が疑われる症状

マルウェア感染を早期に発見するためには、マルウェアの感染が疑われる症状を知っておく必要があります。ここでは、マルウェアの感染が疑われる症状について解説します。

①PCのパフォーマンス・処理能力が大幅に低下している

PCがマルウェアに感染すると、見えないところでさまざまな処理が実行され、PCに大きな負担がかかります。大きな負担がかかることでPCのパフォーマンスや処理速度が大幅に低下します

PCに負荷をかけるような作業をしていないのにも関わらず、パソコンの動作が急に重くなったとしたらマルウェアの感染を疑うべきでしょう。

②デバイスが急に起動しなくなる

マルウェアに感染すると、デバイスの設定を勝手に変更されてしまうこともあります。正常に動作していたデバイスが急に起動しなくなったり、シャットダウンや再起動を繰り返したりする挙動が起きている場合、マルウェアに感染してる可能性があるため注意が必要です。

③身に覚えのない操作が行われている

たとえば、メールやチャットなどで見覚えのないメッセージが送信されていたときなどはマルウェアの感染を疑うべきでしょう。意図していない通信がランダムに行われることで、他のデバイスにもマルウェアが拡大するため注意する必要があります。

マルウェア感染が判明したときに取るべき行動

万が一マルウェアの感染が判明した場合、どのような行動を取らなければいけないのでしょうか。ここでは、マルウェア感染が判明したときに取るべき行動について解説します。

①セキュリティ管理者へ報告する

まずは、企業のセキュリティ管理者やシステム部門の担当者にマルウェアに感染した疑いがあることを報告しましょう。被害拡大を防ぐためにも、専門知識を持った管理者・担当者指示の指示に従うことが重要です。

②ネットワークとデバイスを隔離する

マルウェアの感染が判明したときは、マルウェアの感染経路となったネットワークからデバイスを隔離する必要があります。有線LANで接続されているデバイスについてはLANケーブルを外すようにし、無線LANで接続されているデバイスはWi-Fiを切断するようにしましょう。

まとめ

今回は、マルウェア感染調査サービスの費用やサービス内容について詳しく解説しました

マルウェア感染調査サービスとは、マルウェアの痕跡を解析するためにPCやサーバーのログ、ネットワーク機器の通信情報などを調査するサービスのことです。

サービス費用は様々であり、数十万程度かかるサービスもあれば、百万以上かかるサービスも存在します。マルウェア感染調査サービスでは、マルウェア感染後の不正操作の状況や、情報流出の有無などを迅速に把握できるため、ぜひ利用を検討してみてください。

実際のマルウェア感染調査サービスの詳細はこちらです↓

マルウェア感染調査サービス➡

 


法人向けセキュリティソフトの
料金自動一括比較サイトを新しくオープンしました!
 c-compe.com⇒




サイバーセキュリティ完全ガイド




株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

GoogleWorkspace※、Microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、楽楽勤怠、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、NotePM、RoboTANGO、Adobe Acorbat、leaf、ロジザードZERO、DX-Suite、LANSCOPE、iTutor、INNOVERAPBX、MOTTEL※、yoom※など



※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2024の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097






以下の動画では、採択のポイントや申請にあたっての注意点などを詳しく解説していますので、
あわせてご覧ください!




関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事