1. HOME
  2. ブログ
  3. 賃貸戸建てをオフィスで借りるための探し方 まとめ

賃貸戸建てをオフィスで借りるための探し方 まとめ

デザイン関係の会社様を中心に、戸建てをオフィスにしたいというお話をよくもらいます。戸建てオフィスという特徴的な働く場は、対外的な印象も面白い!し、スタッフも居心地のいい環境で、作業できるワークスペースを確保できます。戸建てオフィスの探し方をまとめてみました。

賃貸用戸建てをオフィスで借りるメリット

戸建てをオフィスにする企業様がぽろぽろ、いらっしゃいますが、戸建てオフィスのメリットをご紹介したいと思います。

 

1.おしゃれなイメージ

戸建てという一風変わった物件をオフィスにしていることで、会社の対外的なイメージは、「あそこの会社、面白い!」という評価になってきます。普通のオフィスで、タイルカーペットで、というオフィスよりもイメージは全然違いますよね。

2.間仕切りが最初からされている

オフィスを借りると、会議室を作ったり、社長室を作るのに、内装工事費用がかなりかかってきます。間仕切りする部屋数が多ければ、数百万円にいくでしょう。それが戸建ての場合、最初からいくつかの部屋に区切られています。エアコンもその部屋ごとについていますので、内装工事費用は0円で入居することが可能です。

3.落ち着いた雰囲気

オフィスのかちっとした雰囲気よりも、戸建てオフィスの場合、柔らかい印象があります。こもって作業をする業種の方には、こういった雰囲気のワークスペースの方が、集中して作業できるのではないでしょうか。

 

4.駐車場が無料でついている(←物件によります)

戸建ての場合、駐車場付きの物件も多いです。他で借りれば、2~5万円くらい駐車場代がかかってしまいますが、戸建ての場合、物件の前面に駐車場が付いていることが多いので、その分お得です!

※駐車場がない物件もありますので、ここは物件によります。

 

戸建ての場合、 屋根裏付き物件も多いです!!

 

オフィスで使える賃貸戸建ての探し方

 

1.事務所可にチェックをいれて検索

各種賃貸用不動産の検索サイトでは、「こだわり条件」に「事務所可」がありますので、そこにチェックを入れて検索してみましょう!

事務所で使える戸建てがでてきます。

 

2.ひたすら電話で事務所可か相談する

戸建て物件は、一棟まるごと、そのオーナー様が所有をしています。また、マンションと違い、隣の部屋とくっついているわけではないので、オーナーがいいといえば、事務所で使うことが可能です。

実は、事務所可で募集していない物件であったとしても、実は事務所利用を電話で相談すると、OKをもらえる物件が数多くあります。

個人的な経験ですが、2~3割くらいは、事務所可で募集をしていなくても、事務所利用を認めてもらえる可能性がありますので、気になる物件は、1件、1件電話をして確認していきましょう!

 

3.リロケーション物件は無理

戸建てで検索をしたときに、募集している不動産会社の社名に「リロケーション」が入っていれば、事務所利用はできません。リロケーションとは、転勤による一時的な賃貸のため、所有者さんが、数年後に戻ってきて使う予定がある物件です。そのため、事務所利用は認めていないのです。不動産会社の社名にリロケーションが入っている会社は、リロケーション物件を専門に扱っていますので、事務所利用を会社として認めていません。

また、リロケーション専門の不動産会社でなくとも、リロケーション物件を扱うことがありますが、募集図面にそう書いてあれば、事務所では使えないので、検討からは外しましょう。

 

 

まとめ

賃貸用戸建てを事務所で使う場合には、事務所可で検索することも大事ですが、1件ずつ電話をしていくとよりいい物件が見つかってきます。ただ、自分で何件もの不動産会社に電話をするのは大変ですから、不動産会社に依頼することをお勧めします。

 弊社であれば、事務所物件を専門に取り扱ってきておりまして、事務所可の了解を得やすい不動産会社も把握しておりますし、もちろん1件ずつ電話をして確認してご提案を致しますので、ご自分で探すよりも、いい物件をご提案できます。まずは以下のフォームからお問合せくださいませ!!

物件探しのお問い合わせはこちらから


株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

google workspace、microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、MOTTEL※、yoom※など

※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2023の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097





関連記事

物件探しの特殊なこだわりの人気記事

ICTオフィス相談室 最新記事

サイト全体月間人気記事ベスト10