1. HOME
  2. ブログ
  3. PHPを最新にしたらwordpressが爆速に!速度データも公開!

PHPを最新にしたらwordpressが爆速に!速度データも公開!

<この記事を書いた人>

PHPとは

PHPとはHypertext Preprocessor の再帰的頭字語です。Hyper のHとPreのPとprocessorのPを使ってまとめた言葉ですね。なお、PHPはプログラミング言語のひとつで、動的なウェブページを作るのに適した言語となっています。世界中で利用されているwordpressというブログ形式のHPソフトで使われていて、世の中のHPの3/4はこのPHPで作られている状況です。

最新のPHPバージョンは?

PHPの最新版は、2021年3月19日現在、8.0.3というバージョンが最新となります。このPHPですが、定期的にバージョンアップが行われていきます。それに伴った高速化したり、便利になっていきます。

バージョンアップの問題点

1.PHPのバージョンはサーバーで決まってしまう

wordpressというソフト自体も定期的にバージョンアップがされていくのですが、徐々に古いPHPはサポート対象外となってしまいます。つまり、wordpressを最新版にしたくても、PHPのバージョンが古かったら、出来なくなってしまうんです。

ただ、このPHPのバージョンはレンタルしているサーバー側でアップデートしたりするかどうかです。そのため、サーバー側で対応してくれない場合、サーバー移転をしないと、wordpresやPHPの最新バージョンに移行ができないということです。レンタルサーバー選びでは、この点、よくよく確認しておきたいですね。PHPのいくつのバージョンに対応しているのかを。

2.PHPのバージョンを上げたら、動かなくなるプラグインや設定がある可能性がある

これが怖いですよね。バージョンアップした瞬間、HPが動かなくなってしまったら。。。そのため、PHPのバージョンアップにはバックアップとるなど、細心の注意が必要となります。

PHPのバージョンを入れ替える手順

1.wordpressのバックアップをとる

オススメはUpdraftPlusというプラグインです。こちらで普段は自動バックアップをとっているのですが、今回はバージョンアップする直前に手動でバックアップしました。この大きな青い「今すぐバックアップ」ボタンを押します。

すると上記のように、バックアップした日付が画面の下に出てきます。この「データベース」「プラグイン」「テーマ」「アップロード」「その他」をそれぞれクリックして、一旦デスクトップに保存しておきましょう。この操作はする必要はないのですが、万が一PHPのバージョンアップで上手くHPが動作しなくなった場合に、すぐに復旧する時に必要な操作です。かなり重いデータになっていたりするので、障害が起きてからダウンロードすると大変です。先にデスクトップに保存しておきましょう。

これができれば、バックアップ操作は完了です。

 

2.PHPのバージョンアップ

弊社が使っているエックスサーバーだと以下の手順になります。

サーバーパネル内のPHP Ver切り替えをクリックします。その後該当のドメインを選択。

今まで、PHP7.2.34だったのを今回7.4.13に変更します。PHP7.4.13を選び、横の変更ボタンを押して完了です。簡単ですね!

余談ですが、エックスサーバーの場合、Xアクセラレーターというwordpress高速化のプログラムも最新に変更しておきましょう。2021年3月19日現在、ver.2が最新となります。同じサーバーパネル内にありますので、チェックしておきましょう。

 

PHPのバージョンをアップさせた結果

PHP7.2.34 PHP7.4.13

googleアナリティックスにある 行動 > サイトコンテンツ > サイトの速度 > 速度についての提案 > 速度を計測したいページの右側にあるpagespeedの提案を押すと、

googleさんが、各ページの表示される速度を100点満点で点数化してくれます。

今回、変えたのはPHPのバージョンだけなのですが、これにより、10点アップしました!改善できる項目で、それぞれ短縮できる時間が減っています。つまり1つ1つの項目でかかる時間が減っているということなんでしょう。また、「CSSの最小化」という改善項目は出てこなくなっておりました!

ウェブサイトの表示速度はSEOにおける検索順位の向上にもつながりますので、ぜひ、PHPのバージョンアップに取り組んでみましょう!なお、やる場合は自己責任で。かつバックアップを忘れずに行ってから実施しましょう!

 

【ICTオフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・最新のICTツール等のニュース!
・中小企業向けのICT活用によるテレワーク等生産性の上がるワークスタイルノウハウ
・コスト削減、生産性向上のノウハウ、情報
購読者3500人、発行暦15年を超える人気メルマガ「IMnews!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

SEO・SEMの最新記事




ICTオフィス相談室 最新記事

クラウドPBX7社一括比較はこちら





ICTオフィス相談室 広告掲載について
記事広告やバナー広告、メールマガジンでのご紹介が可能です。