オフィス仲介のプロが発信する賃貸オフィス・賃貸事務所・SOHOマンションのすべてがわかる情報サイト

meeting-2037415_960_720

ウェブ会議システムの比較記事オンライン会議ソフト 機能、価格の比較6選!

2019年03月09日ワークプレイス作り,

最近増えてきているオンライン会議ツールを比較してみました!

オンライン会議ソフトとは

ミーティングをするにあたって、オンラインで離れた人同士が打ち合わせをするツールをオンライン会議ソフトと言います。インターネットにつながっていれば、自宅からでも会議に参加できるので、テレワークでは必須のツールになっています!

弊社でもテレワークの導入を検討しており、今回、オンライン会議ソフトをいくつか試してみましたので、その感想を共有させて頂ければと思います。

 

 

google ハングアウト ミート

meet-capture

HPはこちら

 

まず試したのは、googleハングアウト ミートです。ハングアウトは2020年に終了予定で、ミートに移行する予定です。実際使ってみましたが、今のところあまりどちらも差はありませんでした。

価格

無料

機能

複数人で同時に通話が可能です。画面共有は可能。チャットもできます。

逆に、ホワイトボード機能、録画機能はありませんでした。また、相手もgoogleのアカウントが必要です。google g suiteの上位プランだと録画機能があるらしい。。。

 

感想

googleカレンダーからすぐにアクセスできるのは非常に便利でした。ただ、音質が悪く、とぎれとぎれで、ちょっと使用に耐えませんでした。。

 

 

zoom

zoomcapure

HPはこちら

 

価格

1対1のミーティングは無料です。3人以上の場合40分までのミーティングは無料。それ以上は、月額1679円

 

機能

チャット、ホワイトボード、録画、画面共有など機能はすべてできる印象です。

また、発言中に誰が発言しているか表示されるのもいいなと思いました。

ただ、利用するにはソフトのインストールが必要です。WEB上では必要ないような記載もあったのですが、実際にはインストールがいりました。

 

感想

一番期待していたのですが、その通りに非常によかったです。1点残念なのは、ソフトのインストールが必要なところです。

逆にホワイトボードなどかなりきれいに、画面にタッチした内容を描けて、ワクワクしてきました!画面共有もどのブラウザを共有するのか、音は共有するのかしないかなど、細かく選べるところもよかったです。

 

 

 

appear in

apperin

→ HPはこちら

 

価格

4人までの会議室1つなら無料です。それ以上に増やしたい場合は、毎月8.33ドル。

 

機能

画面共有。録画、チャットが可能です。相手先がソフトをインストールしなくてもいいので、営業でも使えそうです。

逆に、ホワイトボード機能はありません。

 

感想

英語のサイトなので、営業で使う場合には、お客様がちょっと不安になる気がしました。

音質、画質ともに良好でした。あとは、こちらと相手のビデオ映像が同じ大きさで、できれば、こちらの顔が映っているビデオはもっと小さくてもいいのかなと思いました。

 

 

v-session

vsession

HPはこちら

価格

1対1は無料です。それ以上は、10人までは月9000円から。

 

機能

画面共有、録画、チャット、ホワイトボード等すべて可能です。また、日本語でお客様と共有しても安心で、営業に向いているなと思いました。ただし、ブラウザがクロームとfirefoxのみ対応です。

 

感想

ホワイトボードがなぜか、タッチスクリーンの画面をタッチしても書き込めず、マウス操作のみでした。そこが残念でしたが、個人的には機能も豊富で非常に気に入りました。

 

 

line works

lineworks

HPはこちら

 

 

価格

少人数であれば、無料です。

 

機能

こちらは、オンライン会議ソフトではなく、社内SNSでして、弊社で導入しておりましたので、そのビデオ通話を試してみました!

音質、画質ともに良好で、簡単な社内ミーティングには十分でした。ただ、会議ソフトではないので、録画やホワイトボード機能などは何もありません。

 

感想

社内で導入済みなら、簡単な打ち合わせはこれで十分ですね。普段から使っている社内SNSなので、とっつきやすいのもいいと思います。ただ、外部のお客様とのミーティングでは、LINEでつながらなくてはいけないので、プライベートのLINEを言いたくない人も多いでしょうし、難しいと思います。

 

 まとめ

個人的な見解ですが、社内向けなら、zoomが一番使いやすく、機能も豊富でよかったです。3人以上でミーティングする場合、逆に40分という縛りが会議時間短縮になるかもしれません(笑)

営業で使うなら、v-sessionが相手先にインストールしてもらわなくても使えるので、使いやすいなあと思います。

用途によって最適なサービスは異なりますので、使い方に応じて選んでみましょう!

 

物件をお探しの方はこちらから
The following two tabs change content below.
渡邊 賢
2006年に小規模オフィスを専門に仲介する不動産会社「株式会社アーデント」を創業。以来、オフィス仲介を専門に10年以上の経験。自分で担当したオフィスの仲介契約は500件以上。オフィスコンサルタント。不動産だけでなく、内装、通信等のオフィス移転に関わること全般に知識豊富。
まずは、情報収集をという方はこちらから

【賃貸オフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!

  • ⇒賃貸オフィス相談室の最新情報(ニュース、法律税金、ワークプレイス作り、物件探しのノウハウ等)
  • ⇒中小企業を経営する起業家、経営者向けに役立つ経営ノウハウ(メルマガ限定情報です!)
  • ⇒プロオススメの新着物件情報

読者数3000人、発行暦10年を超える人気メルマガ「不動産屋が教える!賃貸オフィス虎の巻!」

(例)nihon@example.co.jp

※メルマガはいつでもキャンセルできます

→革新的な電話サービス:クラウドPBXとは?メリット・デメリット徹底解説


関連記事

記事はありませんでした

カテゴリ内人気記事