オフィス仲介のプロが発信する賃貸オフィス・賃貸事務所・SOHOマンションのすべてがわかる情報サイト

chart-35773_640

賃貸オフィスの新規供給量調査東京23区の新規オフィスビル供給、15~18年は年平均18万坪/ザイマックス調査

2015年02月08日不動産ニュース,

今後の東京における賃貸オフィス新規供給量調査について、ザイマックス不動産総合研究所が発表しました。

(株)ザイマックス不動産総合研究所は2日、「オフィス新規供給量調査2015」を発表した。東京23区内で竣工する主要オフィスビル(延床面積3,000坪以上)の賃貸面積の調査を行ない、集計・推計したもの。

15~18年までの東京23区における年平均供給量は18万坪と推計。延床面積1万坪未満の供給が増加傾向にあることから、03~14年までの過去年平均と同水準の19万坪か、ややそれを上回ると予想した。
延床1万坪以上の大規模物件は、15~18年までの年平均供給量が16万坪となり、過去年平均15万坪をやや上回る見込み。

供給エリア別にみると、全体の7割が都心3区(千代田区・中央区・港区)に集中。都心部の中心である丸の内・大手町・有楽町は約17万坪と最多に。連鎖 的な建て替えによる再開発が続くエリアで、今後も大規模な供給が予定されている。また、同エリアに隣接する日本橋・八重洲・京橋でも大規模な再開発による 供給が続くと見込んでいる。
一方、大崎・北品川・西品川・品川駅東口・麹町・平河町・紀尾井町・豊洲については、従前、オフィス以外の用途だったエリアでの大規模な新規供給が予定されている。

⇒ 元記事はこちらです

2019年までを見ると、平均よりも多いオフィス供給が予定されているそうです。オリンピックくらいまでは、ビルがばんばん建つのはほぼ間違いなさそうですね。オフィスの空室率が維持されて、賃料も空室が目立って下がってしまうような事態にならなければいいのですが。。。

 

 

物件をお探しの方はこちらから
The following two tabs change content below.
渡邊 賢
2006年に小規模オフィスを専門に仲介する不動産会社「株式会社アーデント」を創業。以来、オフィス仲介を専門に10年以上の経験。自分で担当したオフィスの仲介契約は500件以上。オフィスコンサルタント。不動産だけでなく、内装、通信等のオフィス移転に関わること全般に知識豊富。
まずは、情報収集をという方はこちらから

【賃貸オフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!

  • ⇒賃貸オフィス相談室の最新情報(ニュース、法律税金、ワークプレイス作り、物件探しのノウハウ等)
  • ⇒中小企業を経営する起業家、経営者向けに役立つ経営ノウハウ(メルマガ限定情報です!)
  • ⇒プロオススメの新着物件情報

読者数3000人、発行暦10年を超える人気メルマガ「不動産屋が教える!賃貸オフィス虎の巻!」

(例)nihon@example.co.jp

※メルマガはいつでもキャンセルできます

→革新的な電話サービス:クラウドPBXとは?メリット・デメリット徹底解説


関連記事

テレワークのススメ 実は業績アップにつながる?!...
テレワークとは そもそもテレワークとはどんなものなのでしょうか? 以下定義はこち...
下げ止まりが鮮明な路線価。東京は上昇拡大に。...
下落傾向の下げ止まりが続く路線価についての解説です。...
東京都心の賃貸オフィス空室率が20ヶ月連続改善中!...
オフィス仲介の三大大手不動産会社三鬼商事が毎月発表するオフィス空室率データについ...
東京のオフィス賃料、頭打ちの一歩手前?!...
東京のオフィス市況最新データがJLLから発表されましたので、ご紹介をさせて頂きま...
東京23区の大規模オフィスビル市場動向調査(森ビル)が発表さ...
森ビルさんが毎年行っているオフィスビルの供給量予測の調査。これを見ると、今後の業...

カテゴリ内人気記事