オフィス仲介のプロが発信する賃貸オフィス・賃貸事務所・SOHOマンションのすべてがわかる情報サイト

statistics-76197_640

東京都心のオフィス空室率に関する不動産ニュース東京都心の賃貸オフィス空室率が20ヶ月連続改善中!

2015年03月13日不動産ニュース,

オフィス仲介の三大大手不動産会社三鬼商事が毎月発表するオフィス空室率データについて。

三鬼商事の調査によると、なんとなんと20ヶ月連続で東京都心のオフィス空室率が改善中とのことです。

 

オフィス仲介の三鬼商事(東京・中央)が12日まとめた2月末時点の東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)のオフィス空室率は前月末比 0.05ポイント低下の5.31%と、2009年1月(4.93%)以来6年1カ月ぶりの低水準となった。改善は20カ月連続で、本格的な賃料引き上げの 目安とされる5%台を6カ月続けて維持した。

企業収益の好転に伴い、業容拡大によるオフィス拡張の動きが引き続き活発だ。2月は大型解約が少なかった一方で、昨年6月に完成した千代田区の超高層ビルでサムスン電子日本法人などの大型成約が相次ぐなどした。

2月はNTT都市開発(8933)などが品川駅前で手がける大規模オフィスビルが竣工した。15年に供給される大規模オフィスビルの目玉の一つとされているものの、空室が若干残っているとみられ、空室率全体の改善は小幅にとどまった。

都心5区のオフィス平均賃料は3.3平方メートルあたり1万7167円と、前月末より0.34%(58円)上がった。上昇は14カ月連続。既存ビルの賃料が13カ月連続で上昇するなど、賃料相場は底堅く推移した。

⇒ 元記事はこちらです 

 

 

大型オフィスは、本当に好調で、実感値としても改善が続いているように感じます。

この傾向はいつまでつ続くのか、このままオリンピックまでいってしまうのか、注意深く見守っていきたいと思います。

 

物件をお探しの方はこちらから
The following two tabs change content below.
渡邊 賢
2006年に小規模オフィスを専門に仲介する不動産会社「株式会社アーデント」を創業。以来、オフィス仲介を専門に10年以上の経験。自分で担当したオフィスの仲介契約は500件以上。オフィスコンサルタント。不動産だけでなく、内装、通信等のオフィス移転に関わること全般に知識豊富。
まずは、情報収集をという方はこちらから

【賃貸オフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!

  • ⇒賃貸オフィス相談室の最新情報(ニュース、法律税金、ワークプレイス作り、物件探しのノウハウ等)
  • ⇒中小企業を経営する起業家、経営者向けに役立つ経営ノウハウ(メルマガ限定情報です!)
  • ⇒プロオススメの新着物件情報

読者数3000人、発行暦10年を超える人気メルマガ「不動産屋が教える!賃貸オフィス虎の巻!」

(例)nihon@example.co.jp

※メルマガはいつでもキャンセルできます

→革新的な電話サービス:クラウドPBXとは?メリット・デメリット徹底解説


関連記事

東京のオフィス賃料、頭打ちの一歩手前?!...
東京のオフィス市況最新データがJLLから発表されましたので、ご紹介をさせて頂きま...
東京23区の大規模オフィスビル市場動向調査(森ビル)が発表さ...
森ビルさんが毎年行っているオフィスビルの供給量予測の調査。これを見ると、今後の業...
テレワークのススメ 実は業績アップにつながる?!...
テレワークとは そもそもテレワークとはどんなものなのでしょうか? 以下定義はこち...
東京23区の新規オフィスビル供給、15~18年は年平均18万...
今後の東京における賃貸オフィス新規供給量調査について、ザイマックス不動産総合研究...
経営者、起業家が成功に近づくオフィスに求める条件...
経営者が、成功に近づくオフィス選びの条件として考えているポイントの統計データが出...

カテゴリ内人気記事