オフィス仲介のプロが発信する賃貸オフィス・賃貸事務所・SOHOマンションのすべてがわかる情報サイト

Tokyo_Tower_and_around_Skyscrapers

コスト削減になる東京支店の借り方東京支店をSOHOマンションオフィス(住居兼事務所)で確保することで5万円以上のコスト削減に!

2015年05月24日業種別賃貸ノウハウ,

東京支店を開設するなら、マンションオフィスにすることで、コストを削減できます。

地方の企業様が、東京のクライアントとの取引で頻繁に東京出張を繰り返していき、

その出張回数が月に4~5回くらいになってきたら、ぜひ東京支店を構えることを検討しましょう。

 

ホテル代、交通費にかかっている費用がばかにならない!

東京のビジネスホテルは、安くても5000円。ちょっといいところに泊まれば、8000円~10,000円くらいしてきてしまいます。特にここ最近は海外からの旅行者が増えて、1.5万円くらいする部屋しか空いていないことも!

月に5回ビジネスホテルを利用するとなると、40,000円~75,000円ほどの宿泊代がかかっています。

また、仮に大阪の企業様ですと、東京までの新幹線代が

1回の往復で30,000円くらいかかってきてしまいます。

5回行けば、150,000円です。

先ほどの宿泊代と合わせると、190,000円~225,000円が毎月かかっていることになります。

けっこうおおきなコストが掛かっていますね!

 

東京への出張費で事務所は十分構えられる!

仮に1人で使える事務所を借りて東京支店を確保した場合、

これくらいのコストがかかってきます。

事務所賃料        10万円

水道光熱費         1万円

通信費            1万円

定期代            0.7万円

スタッフ住宅賃料1人分  7万円

合計            19.7万円

ちょうど、 先ほどの交通費とホテル代くらいの金額ですね!!

 

宿泊できるマンションオフィスを東京支社として借りるとコストはこれくらい!

住居兼事務所賃料    15万円

水道光熱費         1万円

通信費            1万円

定期代             0円

スタッフ住宅賃料1人分  0万円

合計              17万円

先ほどの22.5万円も交通費とホテル代がかかる場合なら、東京支店を宿泊できるSOHOマンション(住居兼事務所)で借りたほうが5.5万円もコストが削減できます!

もちろん、移動時間も仕事ができて、生産性はこの上なく向上しますし、取引先にも東京支店がある方が安心感を与えられますよ!!

 

住居兼事務所として借りるなら、この間取りに注意しよう!

以下のような間取りですと、寝室が執務スペースとして使いたいリビングと

隣接している洋室を寝室として使っていると、非常につかいづらいオフィスになってしまいます。

150516-1458_01l

 

なぜなら仕事中に横のドアを開けたら、ベッドが見えていたり、

夜、お風呂にいきたい。トイレにいきたいとなった場合に、執務スペースとしてのリビングを通りますので、新しい人を採用したりするのも難しいですし、お客様を呼びづらいオフィスになってしまいます。東京支店としてマンションをオフィスとしてきれいに分かれている物件を選びましょう!

「住居兼事務所として使いやすい間取り例」

150426-2007_01l

 

信頼を与えられる住所かどうかにも注意しよう!

東京支店、東京支社を住居兼事務所で確保する場合に、住むわけですから住みやすい環境もほしいですよね。でも、住環境を重視しすぎて、完全な住宅地で借りてしまうと、東京のお客様からは、「これって、マンションオフィスだよね?」ということがわかってしまいます。

たとえば中央線の中野、高円寺、荻窪あたりは、東京駅から一本で移動できるため、地方の方からのご依頼でよく名前が挙がる駅になりますが、東京の人からすると上記の駅は完全な住宅街なので、あまりオフィスを構える立地ではないので、もしかして住居兼事務所なのかなと思ってしまいます。

できれば、山手線の秋葉原駅~東京駅、東京駅~新宿駅で借りると名刺に書いた時の印象もいいですし、実際にアクセスもいいのでお勧めです。

 

 

東京支店、東京支社を初めて開設するなら、まずは弊社までお問い合わせくださいませ!

住居兼事務所(SOHOマンション)は弊社の専門分野でして、募集中の物件はすべてご提案可能できますし、立地のアドバイスからご相談にのらせて頂きます!

 

物件をお探しの方はこちらから
The following two tabs change content below.
渡邊 賢
2006年に小規模オフィスを専門に仲介する不動産会社「株式会社アーデント」を創業。以来、オフィス仲介を専門に10年以上の経験。自分で担当したオフィスの仲介契約は500件以上。オフィスコンサルタント。不動産だけでなく、内装、通信等のオフィス移転に関わること全般に知識豊富。

【賃貸オフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!

  • ⇒賃貸オフィス相談室の最新情報(ニュース、法律税金、ワークプレイス作り、物件探しのノウハウ等)
  • ⇒中小企業を経営する起業家、経営者向けに役立つ経営ノウハウ(メルマガ限定情報です!)
  • ⇒プロオススメの新着物件情報

読者数3000人、発行暦10年を超える人気メルマガ「不動産屋が教える!賃貸オフィス虎の巻!」

(例)nihon@example.co.jp

※メルマガはいつでもキャンセルできます

関連記事

オフィスの賃料を削減するための縮小移転マニュアル...
毎月かかるランニングコストの賃料を、コスト削減の縮小移転をすることで、減額が可能...
経営管理ビザをとる海外の方向け、事務所の借り方の注意点...
外国人が、日本で事業を始めるときに必要なビザ取得に伴う事務所探しの注意点をまとめ...
事務所を借りる時に、保証会社って本当に必要?...
オフィスを賃貸する際に、保証会社の利用を求められるケースがあります。どういったと...
オフィス賃料交渉の極意~賃料交渉ができる物件の見分け方とは?...
物件探しのときに、賃料交渉ができるかどうかを見分ける方法が実はあるんです。しかも...
光ファイバーの速度にこだわるならマンションオフィスはやめてお...
光ファイバーの速度にこだわってオフィスを探すなら、マンションは要注意です。特に分...

カテゴリ内人気記事

タグ一覧

物件探しをプロに依頼する
東京のSOHO賃貸、SOHOマンション、レンタルオフィス、賃貸オフィスの専門物件検索サイト:SOHOオフィスナビ