オフィス仲介のプロが発信する賃貸オフィス・賃貸事務所・SOHOマンションのすべてがわかる情報サイト

ledimages

オフィスのコスト削減策工事不要なハイブリッドLED照明が発売!そのコスト削減効果がすごい!

2018年03月09日オフィスのコスト削減,

工事のいらないハイブリッド型のLED照明が発売されました!そのメリットと投資回収シミュレーションをまとめてみました!

LED照明は通常工事が必要

家庭で使う電球と異なり、蛍光灯タイプのLED照明は、取り付けに当たり通常は、バイパス工事というものが必要です。

このバイパス工事は直結工事とも呼ばれ、蛍光灯を付ける器具に備わっている安定器を回路的に取り外す工事を言います。

通常配線は残しておいて、器具内に残置します。

また、この工事は電気工事士に依頼をする必要があり、おおよそ1本あたり2000円~3000円程度工賃がかかります。

 

例えば、60本の蛍光灯をバイパス工事するなら、12万円~18万円かかります。

 

 

工事費用を回収するには、長くそこを借りる必要があり、移転の可能性があるオフィスにはLED照明が浸透していない

LED照明に変えれば、電気代が1/2~1/3程度に下がるため、コスト削減になります。

仮に蛍光灯1本あたり、40W⇒ 16Wになったとしましょう。

1日10時間つけていると、 削減電力24W×8時間×25日=4800W = 4.8kwh/月間の削減

 

これで、60本あるとすると、4.8kwh×60本=288kwhの消費電力削減に。

 

ビルにもよりますが、電気代が1kwh=26円だとすると、288kwh×26円=7488円/月のコスト削減に!!

 

仮に1本3000円でLED蛍光灯60本買い、電気工事をすると、

初期費用が 「購入費用」3000円×60本 +  「工事費用」12万円  =  30万円になります。

 

毎月の電気代が7488円下がるとすると、初期費用を回収するには、

40カ月かかります。

 

しかし、オフィスだと、この40カ月経過する前に移転してしまうことが多々あります。

そのため、初期コストを回収できないので、賃貸オフィスではLED照明はほとんど普及していません。

 

 

 

工事不要のハイブリッドLED照明はすごい!

上記初期コストを回収するできないリスクを解消したのが、

ハイブリッドLED照明です。

このLED照明は、なんと!以下の点メリットがあります。

 

1.バイパス工事が必要ありません。

そのため、初期費用を抑えて導入が可能で、回収期間が短くなります。

 

2.仮にオフィス移転をしてしまっても、次のオフィスでも工事不要で使い続けることができます!

ですから、LED照明の購入費用は基本的には必ず回収できます。

 

3.工事不要なので、貸主の許可も不要

 

 

先ほどの事例で、シミュレーションを再度してみましょう!

 

光灯1本あたり、40W⇒ 20Wになります。

1日10時間つけていると、 削減電力20W×8時間×25日=4000W = 4kwh/月間の削減

これで、60本あるとすると、4kwh×60本=240kwhの消費電力削減に。

ビルにもよりますが、電気代が1kwh=26円だとすると、240kwh×26円=6240円/月のコスト削減に!!

仮に1本3000円でLED蛍光灯60本買うと、初期費用は3000円×60本= 18万円になります。

毎月の電気代が6240円下がるとすると、初期費用を回収するには、28カ月で回収可能です。

 

まとめ

オフィスが大きいほどLED照明への交換による電気代削減効果が大きくなります。

今、20坪以上のオフィス、倉庫、店舗を借りている場合にはぜひ検討したいですね!

 

また、現在のビルの電気料金が高いほど、より効果がでます。

1kwhあたり、30円、35円くらいのビルもありますので、そういうビルに今入居されている場合には、

LED照明への交換をぜひ検討してみて下さい。

 

ハイブリッドLED照明を検討できそうなら、専門の業者さんをご紹介できますので、ご相談下さいませ!

 

ハイブリッド照明は、どこのメーカーでも作っているわけではなく、

まだ新しい商品です!まずはお問合せ下さいませ!

 

株式会社アーデント 03-5468-6097

 

 

物件をお探しの方はこちらから
The following two tabs change content below.
渡邊 賢
2006年に小規模オフィスを専門に仲介する不動産会社「株式会社アーデント」を創業。以来、オフィス仲介を専門に10年以上の経験。自分で担当したオフィスの仲介契約は500件以上。オフィスコンサルタント。不動産だけでなく、内装、通信等のオフィス移転に関わること全般に知識豊富。

【賃貸オフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!

  • ⇒賃貸オフィス相談室の最新情報(ニュース、法律税金、ワークプレイス作り、物件探しのノウハウ等)
  • ⇒中小企業を経営する起業家、経営者向けに役立つ経営ノウハウ(メルマガ限定情報です!)
  • ⇒プロオススメの新着物件情報

読者数3000人、発行暦10年を超える人気メルマガ「不動産屋が教える!賃貸オフィス虎の巻!」

(例)nihon@example.co.jp

※メルマガはいつでもキャンセルできます

→革新的な電話サービス:クラウドPBXとは?メリット・デメリット徹底解説


関連記事

オフィスの賃料を削減するための縮小移転マニュアル...
毎月かかるランニングコストの賃料を、コスト削減の縮小移転をすることで、減額が可能...
転送電話の料金負担の仕組みを考えると、クラウドPBXの方がお...
ボイスワープ等の電話転送サービスは、実はこちらに料金負担がかかります。その仕組み...
通信費のコスト削減策6つをまとめてご紹介!2018年版...
2018年、最新の通信費コスト削減策をまとめてみました!!まとめて導入すれば、毎...
家賃の一年一括前払い(短期前払費用)で、91万円法人税を節税...
  賃料を1年一括前払いすることで、税金を91万円削減できる! 家賃の...
クラウドPBXとは?メリット、デメリット徹底まとめ解説!...
クラウドPBX(cloud pbx)について10のメリットと2つのデメリットをま...

カテゴリ内人気記事