オフィス仲介のプロが発信する賃貸オフィス・賃貸事務所・SOHOマンションのすべてがわかる情報サイト

office-227168_640

賃貸オフィス、賃貸事務所の賃料交渉のノウハウオフィス賃料交渉の極意~賃料交渉ができる物件の見分け方とは?~

2015年01月19日賃貸オフィスの基本,

物件探しのときに、賃料交渉ができるかどうかを見分ける方法が実はあるんです。しかも、この方法は不動産屋なら誰でも知っています!!
 
 
 それは・・・

値下げ幅は、募集依頼を受けた不動産屋は知っている

不動産会社が募集の依頼をオーナーさまから受けるときに、
募集賃料と交渉の幅を相談します。

もちろん交渉の幅は、ネット等に公開はしませんが、ある程度の感触はつかんでおきます。

そして、依頼があったお客様で、募集賃料ではあてはまらないお客様に対しても、
交渉の幅がみえていれば、お客様の予算まで下がる可能性がありますよ!と積極的に提案をしていきます。

ですから、募集を受けた不動産屋は、交渉の感触を知っているケースが多いです。

過去に交渉してどうだったのかという経験もあれば、確度は高いですね。どの程度交渉が可能か聞いてみましょう!

「申込書を出してみないとわかりません」という回答の場合、下がる可能性は50%だと考えましょう。

確実に下がる場合には、「だいたい〇〇円くらいはいけるかもしれません」という具体的で、前向きな回答があるはずです。

 

 

賃料交渉ができる物件の見分け方とは?

その方法とは、

募集図面に
諸条件相談」とか「条件交渉可」などの記載があるかどうかで見極めが可能です。

もし、条件相談可と書いてあれば、その物件は基本的に条件交渉が可能です。

soudanka

先ほど説明をしたように、交渉幅があるときは、私も諸条件相談可と記載するようにしています。

ぜひ、物件探しをするときに、
このような表現をチェックしてみましょう!!

 

 

大手法人が所有しているビルは大幅に下がる?!

賃貸オフィスで、
大手法人が所有しているビルですと、

下限賃料」というものを最初から不動産屋にだけは、教えてもらえます。

これは、大型のビルだと、借りた時期によって、
賃料が大きく異なるため、

現在の安い相場で募集をしてしまうと、
現入居テナントさんから、「うちはもっと高い金額を払っているから、値下げしてほしい!」と値下げ交渉が入ってくる可能性があるので、
募集賃料は高く設定せざるを得ないんです。

そのため、
比較的大きなオフィスビルでは、募集賃料下限賃料の2つが存在します。

もし、30坪以上のオフィスを借りるなら、
ほぼどの物件でも、下限賃料が設定されていると思いますので、
不動産会社の担当に下限賃料を聞いてみましょう!

びっくりするくらい安い設定のケースもありますので!!

 

 

安全な交渉ラインとは?交渉をやりすぎると、キャンセルになります。

経験的に、賃料の5%の交渉であれば、
オーナー様に対して、角が立たずに交渉できるラインになります。

もし、10%、20%の値下げ交渉となると、
かなりきついので、
最悪のケースでは、「そういった交渉をするテナント様は、
けっこうです。」と申込自体をキャンセルされてしまうケースもあります。

交渉の幅はぜひ、不動産会社の担当に確認してから、交渉するようにしましょう!

特に、個人オーナーの場合には、気分を害してしまうケースがよくありますので、
比較的30坪以下の小規模なオフィスを借りる場合には要注意です。

 

弊社の場合、オーナー様の意向もある程度感触をつかんだ上で、交渉をしてまいりますので、キャンセルされないラインで値下げ交渉が可能です。また、下限賃料等の情報も弊社ですべて入手できますので、まずは一度ご相談くださいませ!

物件をお探しの方はこちらから
The following two tabs change content below.
渡邊 賢
2006年に小規模オフィスを専門に仲介する不動産会社「株式会社アーデント」を創業。以来、オフィス仲介を専門に10年以上の経験。自分で担当したオフィスの仲介契約は500件以上。オフィスコンサルタント。不動産だけでなく、内装、通信等のオフィス移転に関わること全般に知識豊富。

【賃貸オフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!

  • ⇒賃貸オフィス相談室の最新情報(ニュース、法律税金、ワークプレイス作り、物件探しのノウハウ等)
  • ⇒中小企業を経営する起業家、経営者向けに役立つ経営ノウハウ(メルマガ限定情報です!)
  • ⇒プロオススメの新着物件情報

読者数3000人、発行暦10年を超える人気メルマガ「不動産屋が教える!賃貸オフィス虎の巻!」

(例)nihon@example.co.jp

※メルマガはいつでもキャンセルできます

関連記事

共用貸し会議室があるビルに移転することで、家賃を8万円削減で...
現在オフィス内に設置している会議スペースを共用部に貸会議室があるビルに移転し、共...
荷物の搬出入、出し入れがしやすい物件の探し方 まとめ...
荷物の出し入れが多い通販関係、アパレル関係、や撮影機材の出し入れが多いカメラマン...
いいオフィスがないとき。隠れた良い物件に出会える必殺テクニッ...
なかなか希望の物件が見つからない場合に、私たちがいつも行っている特殊な探し方をま...
東京のオフィス市況がひっ迫。申込、重なるのが当たり前に。...
最近のオフィス仲介の現場の情報を今回ご紹介させて頂きます!...
税理士が独立開業するときにマンションオフィスを借りるときの注...
税理士が独立開業するときの事務所選びのポイントをまとめてみました。...

カテゴリ内人気記事

タグ一覧

物件探しをプロに依頼する
東京のSOHO賃貸、SOHOマンション、レンタルオフィス、賃貸オフィスの専門物件検索サイト:SOHOオフィスナビ クラウドPBX:オフィスの移転で、電話番号を変えたくない人への裏技