トップページ > 賃貸オフィスのノウハウ > 固定資産税、消費税、礼金、敷金、保証金の取扱など > 礼金・敷金・保証金の取扱い

 礼金・敷金・保証金の取扱い

礼金・敷金・保証金の経理上の取扱いは以下のようになります。


 礼金 → 契約期間による均等償却になります。

 敷金 → 経費にはなりません。

 保証金 → 経費にはなりません。
        (但し、償却部分は契約期間による均等償却になります)
 


礼金・権利金・保証金(償却部分)などの戻ってこないものは、
 繰延資産として、賃貸借期間で、均等償却していきます。

例えば、2年契約なら、24等分して、償却していきます。
  
  礼金30万円で、2年契約だとしたら、
  30万円÷24 =1.25万円。
  
  毎月1.25万円ずつ償却していきます。

  もし、事務所を契約した日が属する期があと3ヶ月だとしたら、
  1.25万円×3ヶ月 = 3.75万円

  となり、3.75万円のみ、その期の経費に計上できます。


また、敷金・保証金(償却しない部分)は、
 貸借対照表に「敷金」・「保証金」として資産に記載しますので、
 こちらは経費には一切なりません。







物件をお探しの方はこちらから
まずは、情報収集をという方はこちらから




このページ先頭へ戻る
物件探しをプロに依頼する 物件検索サイト

賃貸オフィス相談室

オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法

お客様の声

小規模オフィスレイアウト例

賃貸オフィスの借り方ノウハウ満載サイト

アーデントスタッフ紹介:私たちが事務所探しをお手伝い致します!

bn_typeA_200_120.jpg


imgblogbanner.jpg

東京 レンタルオフィス、サービスオフィスの現地取材ブログ RO JOURNAL

株式会社アーデント 求人サイト