トップページ > 賃貸オフィスのノウハウ > 事務所探しのトホホな失敗談 > オーナーの信頼を損ねる行為

 オーナーの信頼を損ねる行為

 
物件の内見をして気に入り、書類での申し込みました。

 審査が通り
 話は良い方向に進んでいるかのように見えました。

 オーナーさんが非常に良い方で
 入るテナントさんの要望をなるべくかなえてあげようと
 努力する人だったんです。

 お客様とオーナーとの面談の時に 
 お客様はオーナーの好意に甘え、
 さらにいろいろな要望を出してしまったんです。

 「ウォシュレットを付けて欲しい」
 「鍵の本数を増やして欲しい」(1本数千円はする高い鍵)
 等

 もちろん、オーナーさんも
 不当過ぎる要望には応えたくありません。 

 その後、無事契約にはなりましたが、
 上記の出来事が原因で
 お客様とオーナーとの間で信頼は損なわれてしまいました。


 事務所を通して
 オーナーとは長いお付き合いになります。


 信頼関係を築けるように心がける事が必要です。







物件をお探しの方はこちらから
まずは、情報収集をという方はこちらから




このページ先頭へ戻る
物件探しをプロに依頼する 物件検索サイト

賃貸オフィス相談室

オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法

お客様の声

小規模オフィスレイアウト例

賃貸オフィスの借り方ノウハウ満載サイト

アーデントスタッフ紹介:私たちが事務所探しをお手伝い致します!

bn_typeA_200_120.jpg


imgblogbanner.jpg

東京 レンタルオフィス、サービスオフィスの現地取材ブログ RO JOURNAL

株式会社アーデント 求人サイト