トップページ > 賃貸オフィスのノウハウ > 事務所探しのトホホな失敗談 > 値引き交渉の失敗談

 値引き交渉の失敗談

 
値引き交渉をしてしまい、
 せっかくの事務所探しが台無しになってしまう事があります。

 気に入った物件があり、
 申し込み、値引きの要望を出し、
 
 上手い形で話がまとまり、
 オーナーから値引きの承諾を得ました。


 そこで、契約に向けて
 その後の段取りをしていきます。


 入居希望日や契約に日を決めていきましょうという時に、

 そのお客様は第2志望の物件についても
 他社に問い合わせていたのです。


 第2志望の物件の結果が出るまで保留にしておき、
 我々のアドバイスも無視してしまい、
 オーナーの怒りをかってしまったのです。


 その後すぐ、
 オーナーの方から話の断りが入いってしまいました。

 値引きに応じたというオーナーの誠意を
 無駄にし、逆撫でしてしまった形になりました。

 そのお客様は
 結局、第一志望の物件は借りる事ができませんでした。







物件をお探しの方はこちらから
まずは、情報収集をという方はこちらから




このページ先頭へ戻る
物件探しをプロに依頼する 物件検索サイト

賃貸オフィス相談室

オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法

お客様の声

小規模オフィスレイアウト例

賃貸オフィスの借り方ノウハウ満載サイト

アーデントスタッフ紹介:私たちが事務所探しをお手伝い致します!

bn_typeA_200_120.jpg


imgblogbanner.jpg

東京 レンタルオフィス、サービスオフィスの現地取材ブログ RO JOURNAL

株式会社アーデント 求人サイト