トップページ > 賃貸オフィスのノウハウ > 賃貸オフィスの法律 > 連帯保証人は、更新後も保証人になるのでしょうか?

 連帯保証人は、更新後も保証人になるのでしょうか?

 
 原則からいえば、更新後も保証人になるという契約はしていないわけですから
 関係なくなりそうな気もしますが、

 実は、そうではありません!


 更新後も、保証人の地位は続いていきます。

 不動産を貸した場合に、通常、オーナー側から、
  解約することは、非常に難しいです(定期借家契約を除く)。

 (借主側からは、簡単です)


 ずっと続いていくんですね。

 ですから、

 保証人の責任もずっと続いていくという考え方になるんです。

 
 自分で事務所を借りるときに、保証人になるのはいいですが、

 他人の賃貸借契約の保証人になると、なかなかやめられませんので、
 気をつけましょう!







物件をお探しの方はこちらから
まずは、情報収集をという方はこちらから




このページ先頭へ戻る
物件探しをプロに依頼する 物件検索サイト

賃貸オフィス相談室

オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法

お客様の声

小規模オフィスレイアウト例

賃貸オフィスの借り方ノウハウ満載サイト

アーデントスタッフ紹介:私たちが事務所探しをお手伝い致します!

bn_typeA_200_120.jpg


imgblogbanner.jpg

東京 レンタルオフィス、サービスオフィスの現地取材ブログ RO JOURNAL

株式会社アーデント 求人サイト