トップページ > 賃貸オフィスのノウハウ > 賃貸オフィスの法律 > 業務委託としただけでは、転貸と判断されます。

 業務委託としただけでは、転貸と判断されます。

転貸が禁止されているので、

  だったらということで、業務委託という形式で契約し、

  事務所の一部を使わせているケースがありました。

  
  この場合、

  実際に、独立した会社として、営業・仕入れ等をしている。

  また、売上にかかわらず、一定の金額を支払っている。


   等の業務委託ではなく、実態は賃貸借だと考えられる場合、

  転貸借という判断をされます。

  ですから、契約書の名前だけを業務委託契約としても、
  契約違反になるんですね!!


  オフィスをシェアしたい場合は、オーナーに相談しましょう。
  快くOKしてくれることもありますので。

  まずは、不動産屋までご相談を。







物件をお探しの方はこちらから
まずは、情報収集をという方はこちらから




このページ先頭へ戻る
物件探しをプロに依頼する 物件検索サイト

賃貸オフィス相談室

オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法

お客様の声

小規模オフィスレイアウト例

賃貸オフィスの借り方ノウハウ満載サイト

アーデントスタッフ紹介:私たちが事務所探しをお手伝い致します!

bn_typeA_200_120.jpg


imgblogbanner.jpg

東京 レンタルオフィス、サービスオフィスの現地取材ブログ RO JOURNAL

株式会社アーデント 求人サイト