トップページ > 賃貸オフィスのノウハウ > 賃貸オフィスQ&A > 消防法について

 消防法について

 オフィスの内装をするときに、

 消防法がかなりかかわってきます。

 例えば、
 間仕切りをする場合、
 火災報知器を仕切られた区画に1つ必ずつけなければいけません。

 また、防火扉の設置も考慮しなければいけませんし、

 また、2方向避難といって、
 ベランダと非常階段のように、

 避難できる箇所を2つ作る必要があります。

 そのため、ベランダになんでもかんでもモノを置くわけにはいきません。

 このように、消防法はオフィスの内装工事を行う際に、
 かかわってきます。

 詳しくは、内装業者に確認しましょう。

 また、直接消防署に聞くという手もあります。







物件をお探しの方はこちらから
まずは、情報収集をという方はこちらから




このページ先頭へ戻る
物件探しをプロに依頼する 物件検索サイト

賃貸オフィス相談室

オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法

お客様の声

小規模オフィスレイアウト例

賃貸オフィスの借り方ノウハウ満載サイト

アーデントスタッフ紹介:私たちが事務所探しをお手伝い致します!

bn_typeA_200_120.jpg


imgblogbanner.jpg

東京 レンタルオフィス、サービスオフィスの現地取材ブログ RO JOURNAL

株式会社アーデント 求人サイト