トップページ > 賃貸オフィスのノウハウ > 賃貸オフィスQ&A > フリーアドレス制とは

 フリーアドレス制とは

 フリーアドレス制とは、最近、人気のレイアウトのことで、
 固定した自席を作らず、

 複数のスタッフでデスクを共有する方式です。

 またの名をノンテリトリアルオフィスといいます。


 主に、顧客先に常駐して、仕事を行う、SEや普段外出が多い営業社員で
 よく導入されます。

 しかし、最近は無駄なスペース削減につながるので、
 他部門でも積極的に導入する企業が多いようです。

 また、フリーアドレス制以外にも、
 似たような方式として、
 (1)ユニバーサル方式
 (2)アクティビティセッティング方式
 (3)ホテリング方式

 の3つがあります。


 ●ユニバーサル方式とは、

  レイアウトを一切動かさず、人事異動等を人が動くことで解決するものです。
  つまり、固定した席はあるんですね。

  ただ、LANや電話回線、什器の移動は一切行わない方式です。

 
 ●アクティビティセッティング方式とは、
 
  会社の中でもいろいろな部署があるので、
  オフィスフロア内をいくつかに区切り、

  A区画は、集中しやすいようにL型机に、パーテションで囲った席。
  B区画は、普通の方袖机。

  などとしとておき、営業マンは、B区画を使い、

  その他のバックオフィス部門は、A区画を使うなどと区切る方式です。


 ●ホテリング方式とは、

  ホテルのように、使いたい席を社員が予約してから、使う方式です。

  これにより、かなりのスペースを削減することが可能となります。

  ただし、運用のシステム導入が大変です。







物件をお探しの方はこちらから
まずは、情報収集をという方はこちらから




このページ先頭へ戻る
物件探しをプロに依頼する 物件検索サイト

賃貸オフィス相談室

オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法

お客様の声

小規模オフィスレイアウト例

賃貸オフィスの借り方ノウハウ満載サイト

アーデントスタッフ紹介:私たちが事務所探しをお手伝い致します!

bn_typeA_200_120.jpg


imgblogbanner.jpg

東京 レンタルオフィス、サービスオフィスの現地取材ブログ RO JOURNAL

株式会社アーデント 求人サイト