トップページ > 賃貸オフィスのノウハウ > 賃貸オフィスQ&A > 値引き交渉の例

 値引き交渉の例

 値引き交渉と例としては
 以下のようなパターンがあります。

 賃料を下げたい
 保証金を減らして欲しい
 設備をつけて欲しい
 フリーレントをつけて欲しい

 
 賃貸がつかずオーナーが困っていれば
 要望はのんでももらいやすいのですが、
 そういう場合ばかりではありません。


 良い物件の場合は
 オーナーさんも困っておりません。


 出たばかりの物件や
 賃料改定があったばかりの物件も
 賃料の値引き交渉には応じてくれない事がほとんどです。
 
 
 保証金の場合、
 大手会社の物件は、値引きは非常に難しくなります。

 オーナーさんが個人の場合、
 比較的相談に乗ってもらえる事が多いでしょう。

 保証金が、6ヶ月の場合、
 1ヶ月くらいの値引きはしてもらえる可能性はあります。

 2?4ヶ月の保証金、敷金では
 なかなか応じてもらえません。

 原状回復のために担保しておく金額が
 なくなってしまいますので。







物件をお探しの方はこちらから
まずは、情報収集をという方はこちらから




このページ先頭へ戻る
物件探しをプロに依頼する 物件検索サイト

賃貸オフィス相談室

オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法

お客様の声

小規模オフィスレイアウト例

賃貸オフィスの借り方ノウハウ満載サイト

アーデントスタッフ紹介:私たちが事務所探しをお手伝い致します!

bn_typeA_200_120.jpg


imgblogbanner.jpg

東京 レンタルオフィス、サービスオフィスの現地取材ブログ RO JOURNAL

株式会社アーデント 求人サイト