トップページ > 賃貸オフィスのノウハウ > オフィスレイアウトの極意 > レイアウトの種類:フリーアドレス制

 レイアウトの種類:フリーアドレス制

フリーアドレス制は、

 社員が個々に机を持たないオフィススタイルです。
 

必要な書類等は、ネットワーク上、もしくは共有の
キャビネットに保管し、

 ワーカーは、空いている席で、パソコンをつなぎ、
仕事を行います。


在席率の低い営業社員で導入されることが多かったのですが、
最近では幅広い部門で導入されています。

 
 部署を超えたコミュニケーションをとりやすくなったり、
 機動的に部署移動ができるなどのメリットがあります。

 (以前は、デスクの配置で部署の移動が制約をうけていた)

同じ意味で、ノンテリトリアルオフィスとも呼ばれます。







物件をお探しの方はこちらから
まずは、情報収集をという方はこちらから




このページ先頭へ戻る
物件探しをプロに依頼する 物件検索サイト

賃貸オフィス相談室

オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法

お客様の声

小規模オフィスレイアウト例

賃貸オフィスの借り方ノウハウ満載サイト

アーデントスタッフ紹介:私たちが事務所探しをお手伝い致します!

bn_typeA_200_120.jpg


imgblogbanner.jpg

東京 レンタルオフィス、サービスオフィスの現地取材ブログ RO JOURNAL

株式会社アーデント 求人サイト