トップページ > メールマガジン > 第86号「リースは経費になる?ならない?」

 第86号「リースは経費になる?ならない?」

*********************************
   ____     
  /    /     ---------------------2008.6.9  第 86号
  /____ /|
 |    | |                 読者数 2893人
|____| |  【不動産屋が教える!
|    | |    賃貸オフィスの借り方虎の巻!】
|____| | 
 |    | /
 |____|/            発行:株式会社アーデント         

*********************************

■こんにちは!

 株式会社アーデント(不動産会社)代表の渡邊と申します。

 このメルマガでは、【移転担当者】や【起業家】向けに
  「事務所・店舗を借りるノウハウ」を毎週お届けいたします!
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


■ご解約希望される方は、最下部に解約ページへのリンクがございますので、
 そちらからご解約くださいませ。


■急ぎで、事務所・SOHOマンションを探している方は
 こちらからどうぞ。お手伝いさせて頂きます。

→ http://ardent.jp/request.html

(東京23区内で30坪以下、賃料100万円未満の物件はおまかせ下さい!)

 
 
 それでは、
 早速、第86号をお送りします!・・・どうぞ! 

   

===== 目次 ================================================
 
 『1』貸事務所・賃貸オフィス虎の巻
  ●リースは経費になる?ならない?
   ?家具、内装の支払い方法について?  
    
 『2』創業期の会社経営ノウハウ
  ●決算書の読み方(2)
   ?経営者としての最低限の知識?                 

 『3』編集後記

=============================================================

―――――――――――――――――――――――――――――――――
『1』貸事務所・賃貸オフィス虎の巻
―――――――――――――――――――――――――――――――――
   「リースは経費になる?ならない?」
   ?家具、内装の支払い方法について?                   
    

■事務所を移転するときに、
 家具を買ったり、

 ビジネスホンを勝ったりすることが多いのですが、

 「リースってどうなんですか?」

 という質問をけっこう受けます。

■リース取引にも

 いろんな種類があるので一概には言えませんが、

 家具やビジネスホン購入時に組むリース取引について
 ご説明しますね。

 【リース取引の特徴】 

 ・主に事務機器設備に法人が使うもの
 
 ・所有権→リース会社
 
 ・固定資産税の負担→リース会社
 
 ・保険料の負担→リース会社

 ・クレジットよりも安い  

 ・損金参入できる

  ※平成19年の税制改正により、平成20年4月1日以降の
   リース契約は売買取引とみなし、減価償却をして、
   経費に計上することになりました。

   以前よりも、経費にならなくなったということです。

   但し、資本金5億円以下などの中小企業は例外が認められており、
   リース料を償却として今までと同じように経費処理可能です。

 【リース取引のデメリット】

 ・途中解約ができない

  1年後にやっぱり解約したいといっても、
  解約できない。解約金を支払えば可能。

 
 ・リース期間終了後、引き続き使う場合、
  さらに再リースを組む必要がある

  もし、ずっと使うものならば、買ってしまったほうが
  お徳です。それもあって、事務機器用品に使われることが多いんですね。

   

■いろいろ書きましたが、

 個人的には、

 リース期間程度使うことが想定されるものでしたら、
 リースをオススメします。

 利息だけ考えても、クレジットよりも、リースがお徳ですし、
 固定資産税の負担、経費処理の方法も含めると、

 やはり事務機器はクレジットよりはリースで手に入れる方法が
 いいと思います。

 
 手元資金を残せるという最大のメリットも
 ありますので!!


 ただ、1年間だけ使うとか、
 逆に10年くらい使うとなると、話は変わってきます。


 もしご不明な点がある場合には、
 顧問税理士にご相談くださいませ。


????今週の一言?????????????????????????

 3?5年くらい使うことが予想される事務機器・家具等は、リースが
 妥当な選択。

??????????????????????????????????


※不動産賃貸のことで、
 何かわからないことがあれば、何でも聞いてください!

 ご質問お待ちしております!
 メール↓
 watanabe@ardent.jp

―――――――――――――――――――――――――――――――――
『2』創業期の会社経営ノウハウ
―――――――――――――――――――――――――――――――――
   「決算書の読み方(2)」
   ?経営者としての最低限の知識?            
    
   
■前回に引き続き、

 今回は、<貸借対照表>の読み方をご説明します!!


 損益計算書はなんとなく読めてしまうものだと
 思いますが、

 この貸借対照表が問題なんですよね。。。

■読み方のポイントは

 前回と一緒で、大事なところをとにかく
 ピンポイントで読み取っていくこと!

 ということで、まず貸借対照表とは何か?

 についてご説明します。


 貸借対照表って何を表わしていると思いますか?


 
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・


 答え

 「貸借対照表は、お金をどこから集め、何に使っているのか?」
 を表わしています。


 メルマガ上では説明しずらいのですが、
 頭の中で想像しながら、お読み下さい。

 貸借対照表は、

 右上が、「負債の部」・・・お金を借りて、集めた
 右下が、「純資産の部」・・・お金を株主から集めた、事業で稼いで集めた

 左が「資産の部」・・・集めたお金の現在の姿(預金や設備、固定資産など)

 となっています。

 
 そして、
 貸借対照表を見るときは、
 安全性をみます。つまり資金がきちんと回るのか?
 という部分をチェックします。


 
■具体的な見方としては、

 (1)流動負債と流動資産をみます。
 
   ※1年以内に返済する借金を流動負債といいます
   
   この流動負債(期限が迫っている負債)が、
   すぐ現金になる資産(流動資産)よりも多い場合、
   その企業は、借金を返済できない可能性が
   あるということになります。
  


 (2)純資産と固定負債の合計が、固定資産を上回っているかどうか
    をみます


   固定資産とは、どんなに返済が迫っていても、すぐの現金化は難しいものです。
   これを純資産で、すべて賄えれていればいいのですが、
   多くの会社ではそうもいきません。

   ただ、固定負債は1年以上返済が先の借金になります。
   ということは、当面の間、返済は迫ってきませんので、

   純資産と固定負債の合計が、固定資産を上回っていえれば、
   とりあえず安心ということになります。


 
 (3)純資産が、固定資産を上回っているかどうかをみます

   
   固定資産はすぐに現金化できない資産です。
   どんなに借金の返済期日が迫っていも、
   そうそう簡単に現金化はできません。

   しかし、純資産は返済する必要がないお金です。

   その純資産が固定資産を上回っているということは、
   かなり安全性が高いということですね。

 
 


■こんな感じで、貸借対照表で安全性を読んでいきます。

 メルマガ上でのわかりづらい説明だったと思いますが、
 伝わりましたでしょうか?


 あくまでこれは初歩の初歩なのですが、
 興味ある方は専門家の本を読んで勉強してください(^^♪


 また、まずは同業界の上場企業の決算書等を
 一度読んでみることをオススメします!!


―――――――――――――――――――――――――――――――――
『3』編集後記
―――――――――――――――――――――――――――――――――

■実は、先日出版社の方から、
 「本を書きませんか?」という話を頂きました。

  まだ、正式に決定したわけではないのですが、
  ほんとびっくりです。

  もし本当に出版するときには、
  このメルマガでも、紹介しますんで!(笑)

  そのときは・・・よろしくお願いします(^_-)-☆


 
 
  
■<<弊メルマガでは、無料でノウハウ情報を提供してます>>

【不安解消!!借りる前に絶対確認!賃貸事務所のチェックポイント! 】
http://ardent.jp/report2.html


【事務所を借りるその前に!知って得する!賃貸オフィス節税マニュアル!】
http://ardent.jp/report1.html


【国民生活金融公庫で創業融資を受けるノウハウ】
http://venture-office.jp/report3.html


【プレスリリースの書き方の極意 中小企業でも、雑誌、新聞に掲載されるコツ】
http://venture-office.jp/report5.html


【これから起業される社長様!社員を1人以上雇うなら、最大200万円の助成金
 が簡単に受けられますよ!】
http://venture-office.jp/report6.html

■<<< 物件探しはアーデントへ >>>


・東京都心部の【SOHO可・事務所可のマンション】情報!!
http://ardent.jp/soho.html
(物件数大幅増!)


・事務所、店舗の物件検索はこちらから↓
http://realestate.homes.co.jp/search/main/o=10106532hyNf5nRfHKVI/tk=3/


・アーデントのお得なサービスはこちらから↓
http://ardent.jp/post_26.html

(複合機・ビジネスホンの販売も始めました!4割引でご紹介!)


■今号はここまで!

 最後まで読んでくれてありがとうございます!!


■<お願い>

 このメルマガがおもしろいと思った方は、是非あなたの
 ブログ、HP、メルマガで紹介してください!

 読者数増加にご協力ください!
 よろしくお願いします


■相互紹介募集しております!

 内容は問いませんので、お気軽にメールください!
  → watanabe@ardent.jp

■メールマガジンのご解約は下記のリンクからお申し込みください。

→ http://ardent.jp/post_108.html

 
*********************************

【発 行】株式会社アーデント http://ardent.jp
【運営サイト】「事務所・店舗のノウハウサイト」http://venture-office.jp
【編集長】渡邊 賢 (個人ブログ:http://atuiotoko.livedoor.biz/)
【連絡先】watanabe@ardent.jp(ご感想などお聞かせください!)

*********************************
*********************************







物件をお探しの方はこちらから
まずは、情報収集をという方はこちらから




このページ先頭へ戻る
物件探しをプロに依頼する 物件検索サイト

賃貸オフィス相談室

オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法

お客様の声

小規模オフィスレイアウト例

賃貸オフィスの借り方ノウハウ満載サイト

アーデントスタッフ紹介:私たちが事務所探しをお手伝い致します!

bn_typeA_200_120.jpg


imgblogbanner.jpg

東京 レンタルオフィス、サービスオフィスの現地取材ブログ RO JOURNAL

株式会社アーデント 求人サイト