トップページ > メールマガジン > 第414号「決算前のオフィス移転で節税!引越しによる税金負担軽減シミュレーション」

 第414号「決算前のオフィス移転で節税!引越しによる税金負担軽減シミュレーション」

*********************************
  _____     
  /     /     ---------------------2015.10.5 第 414号
 /____ /|
 |    | |                 読者数 2543人
 |____| |  【不動産屋が教える!
 |    | |    賃貸オフィスの借り方虎の巻!】
 |____| | 
 |    | /
 |____|/            発行:株式会社アーデント         

*********************************

■株式会社アーデント(不動産会社)代表の渡邊と申します。

 このメルマガでは、【移転担当者】や【起業家】向けに
 「事務所・SOHO可マンションを借りるノウハウ」を毎週お届け致します!
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


■ご解約希望される方は、最下部に解約ページへのリンクがございますので、
 そちらからご解約くださいませ。




■【小規模オフィスやマンションを事務所、住居兼事務所として借りたい方!】

 東京都心で、賃貸事務所・SOHOマンションを探している方は
 SOHOオフィス、事務所可マンション、小規模オフィスを集めた専門サイト

 「SOHOオフィスナビ」で物件を検索してみてください。
http://sohonavi.jp/?utm_source=magzine&utm_medium=email

 きっといい物件がみつかるはずです!



■【良い物件がなかなか見つからない方!】
 
 ・東京23区内で40坪以下
 ・事務所、事務所可マンション、レンタルオフィス

  は全て扱えます。
  
  必ずや良い物件をご紹介致しますので、
  是非こちらからご登録くださいませ。

http://ardent.jp/requestlink.html?utm_source=magzine&utm_medium=email

 

■アーデントでは、英語対応が可能となりました!!

 「アーデント英語HP」
http://ardent.jp/english/


 それでは、
 早速、第412号をお送りします!・・・どうぞ! 

   

===== 目次 ================================================
 
 『1』貸事務所・賃貸オフィス虎の巻
  ●先週の新着記事
  ・決算前のオフィス移転で節税!引越しによる税金負担軽減シミュレーション
  ・三田、田町にある築浅ハイグレードレンタルオフィスビル

 『2』創業期の会社経営ノウハウ
  ●自社の将来の組織図を作ろう!
   ~経営計画に入れて、従業員に将来を見せましょう~


 『3』編集後記

============================================================

―――――――――――――――――――――――――――――――――
『1』貸事務所・賃貸オフィス虎の巻
―――――――――――――――――――――――――――――――――
 「賃貸オフィス相談室 新着記事」

 ~決算前のオフィス移転で節税!引越しによる税金負担軽減のシミュレーション~


■オフィス移転でかかる費用概算

<事務所移転のにかかる費用例>

 家賃30万円(税別)、面積20坪、保証金8か月(償却2か月)、
 2年契約の事務所に決算月に引っ越す場合

 保証金     240万円
 (償却      60万円)
 火災保険料   3万円
 仲介手数料   30万円
 前家賃     30万円
 ビジネスホン移設工事  20万円
 家具購入    100万円
 引っ越し代金   15万円
 名刺・封筒印刷  5万円
 内装費用     100万円
 印鑑       1万円
 パソコン追加購入 50万円
 移転登記費用   10万円

 合計  604万円(償却は解約時なので計算から除いています)

 このケースだと、オフィス移転で、合計604万円の費用がかかります。



■今期の経費に参入可能な費用とは?

 先ほどの事例の約600万円がそのまま経費になるわけではありません。

 ということで、経費になるのは以下の金額です。

 償却        2.5万円
 火災保険料   0.12万円
 仲介手数料   30万円
 ビジネスホン移設工事  20万円
 家具購入    100万円(30万円未満の特例使用の場合)
 引っ越し代金   15万円
 名刺・封筒印刷  5万円
 内装費用     100万円(30万円未満の特例使用の場合)
 印鑑         1万円
 パソコン追加購入 50万円 (30万円未満の特例使用の場合)
 移転登記費用   10万円

 合計  333.625万円
 
ということで、実際に今期の経費に計上できる金額は
 約半分程度になってしまいますが、

 このケースでの税金の節税金額は、
 法人税、法人事業税、法人住民税等の税率が現在引き下げ傾向ですので、
 仮に30%としたときに、

 333.625万円×30%=100.09万円
 
 で約100万円の税金を減らすことが可能です。


 つまり、100万円少ない費用で移転できたと考えてもいいでしょう!

 ぜひ、決算前にオフィス移転を検討していきましょう。




■経費にならなかったものを細かく解説

1.保証金

 いずれ戻ってくるものなので、これは経費にはなりません。


2.保証金の償却分

 これは、戻ってこないものなので、契約期間で
 均等償却します。上記の例では2年契約ということで、
 24等分して、そのうち1か月分を計上しました。


3.火災保険

 これも、2年間分の費用ですから、24等分して、そのうちの1か月分を計上します。


4.前家賃

 これは、来期の家賃ですので、今期の経費にはなりません。



■30万円未満は一括で償却できる中小企業者等の
  少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例とは


 こちらは30万円までの経費を一括で償却経費参入ができる
 中小企業が使える特例制度をご説明致します。


 通常経費は以下の3パターンのどれかで経費計上を行っていきます。


1.10万円未満は少額の減価償却資産

 全額一括で損金に参入できます。


2.10万円以上20万円未満は一括償却資産

 3年間の均等償却になります。


3.30万円未満は、少額減価償却資産の特例

 年間200万円までは、一括で損金参入可能です。


中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例(国税庁HP)
https://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5408.htm




 前述の経費例で、100万円の内装工事が一括で経費になっていますが、
 これらの内装工事の場合、各項目ごとに30万円を超えているかを判定していきます。



(例)
 OAフロア設置工事  25万円

パーテーション設置工事    40万円

電源工事        10万円

照明器具変更工事     25万円

合計          100万円



 この場合、パーテーション設置工事以外は、それぞれ30万円未満ですので、
 一括で経費計上が可能です。

 パーテーション設置工事40万円については、天井までしっかりと
 打ち込んで移動ができないモノの場合15年の減価償却で
 経費に計上していくことになります。



■30万円未満の判定基準となる単位はこれ!

 少額減価償却資産の特例で30万円未満と判断する基準は使うにあたって
 ひとまとまりかどうかで判断をします。

 例えば、1台10万円のパソコンを5台購入して50万円だとしても、
 1台でPCは機能するので、50万円全額を一括で経費計上可能です。


 しかし、25万円のパソコンと10万円のモニターを購入したとするならば、
 これはセットで使うものですよね。

 なので、合計35万円なので、減価償却を行うことになります。


 家具も同様で、応接室のテーブルと椅子はセットで30万円未満かどうかを
 判定していきます。オフィス家具を購入する際には、
 ひとまとまりで30万円を超えないように注意して選びましょう!



 実際にオフィスを移転してどれくらい経費がかかるのかを知りたい方は、
 ぜひ弊社までお問い合わせ下さいませ。




物件探しのお問い合わせフォームはこちら↓
http://ardent.jp/requestlink.html



■三田、田町にある築浅ハイグレードレンタルオフィスビル
http://ardent.jp/rentoffice-consultation-center/rent/crossofficemita/


その他賃貸オフィスに関するコンテンツはこちらから

 ↓↓↓

「賃貸オフィス相談室」
http://ardent.jp/rentoffice-consultation-center/

 オフィス仲介のプロが発信する賃貸オフィス・賃貸事務所・
 SOHOマンションのすべてがわかる情報サイト!!




―――――――――――――――――――――――――――――――――
『2』創業期の会社経営ノウハウ
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  「失敗しない目標設定の極意!」
   ~率による目標設定は絶対にやめましょう~


■みなさんの会社でも数値の目標設定を行っているところが多いと思います。

 ただ、なかなか目標が達成できない。。。

 そもそもその目標に対して従業員の意識が低いなどの
 状況がおありではないでしょうか。


■弊社でもずっと「成約率」という数字を気にして、
 率の目標設定を行っていたのですが、これが、大きな失敗でした。


 成約率の目標設定は約5年くらいずっと行っていました。

 「成約率27%を達成しよう!」とか、
 「成約率を3%改善しよう」とか、

 そういった目標設定をしていたのですが、一向に達成はされませんでした。
 

 弊社の場合、反響が来てから、契約まで平均2ヶ月かかります。

 成約率の数字が出るのは、さらに1ヶ月余裕をみて、
 3ヵ月後に数字が出てきますので、何か改善策を打ったとしても、
 数字で成果が現れてくるのは、3ヵ月後になります。

 これでは、なかなか営業マンも達成感を得ることができませんでした。
 

■実は、イチローは打率を一切気にしてなくて、
 ヒットの数を意識しているんだそうです。

 だからこそ、ファーボールになりそうな状況でも打っていくのだとか。
 
 そんな話しを聞いたので、率の目標は辞めようということになり、
 弊社では「案内数」を目標に設定しました。

 契約数だと、週単位、一日単位で目標が達成できたのかどうか、
 はっきりしないから、もっと細かく目標を達成できたかどうか
 はっきり確認できる案内数にしてみました。


■実際に契約になったかどうかや、手数料の金額は一切考慮せず、
 いい物件を提案して、案内になったかどうかだけ。

 それだけを目標にしたところ、なんと、劇的な変化がありました。

 会社全体での案内数が1.2倍に増え、最終的な契約本数も
 毎月4~5本増加しました。

 さらに達成しそうかどうかが3ヶ月とかではなく、毎週わかるんです。

 「今月はいけそうです!」
 「今週すごく案内が入りました!」

 などの報告が月の途中で見えてくるようになりました。

 だから、意識がしやすいようです。

 おまけで会社全体で案内数目標を達成できたら、
 全員に5,000円という賞金をつけたら、
 目の色を変えて頑張ってくれてます(笑)


■目標設定のポイントは、

 1.率ではない数字目標を設定する
 2.達成したかどうかができれば毎週もしくは毎日わかる目標にする

 
  この2つを考慮して目標設定してもらうと、
 達成確率は確実に上がりますので、ぜひやってみてください!!
 

  
   
―――――――――――――――――――――――――――――――――
『3』編集後記
―――――――――――――――――――――――――――――――――

■実は弊社でもオフィス移転を検討中です。
 ただ、自社で物件を探してみて思うのは、

 なかなかいい物件がないものですね(笑)

 いま、景気がよく、賃料相場も上がっているので、
 今のオフィスと比べると、どうしても高く見えてしまいます。

 それでもなんとかいい物件が見つかったので、
 申し込みをいれたところです。

 審査通過するか、どきどきですが、
 また決まったらご報告をさせていただこうと思います!


 
 
 

■開業時のコストを抑えるノウハウ満載!

 必ず得する電子書籍販売中。無料で公開中!

「低コスト起業法~開業時に最大で92万円も得するノウハウ集」
http://ardent.jp/reportlowcost.html?utm_source=magzine&utm_medium=email


■オフィス移転の方向けのマニュアルをプレゼント!
  
 オフィス移転のことがすべてわかるマニュアルと
 移転後のオフィスでより生産性が上がるオフィスづくりのノウハウを
 まとめた書籍を無料で公開中!
 

「オフィス移転全解説マニュアル!&売上の上がるオフィスの作り方」 
http://ardent.jp/manual_move.html?utm_source=magzine&utm_medium=email
 

 
 
■<<弊メルマガでは、無料でノウハウ情報を提供してます>>

【不安解消!!借りる前に絶対確認!賃貸事務所のチェックポイント! 】
http://ardent.jp/report2.html?utm_source=magzine&utm_medium=email


【事務所を借りるその前に!知って得する!賃貸オフィス節税マニュアル!】
http://ardent.jp/report1.html?utm_source=magzine&utm_medium=email


【国民生活金融公庫で創業融資を受けるノウハウ】
http://venture-office.jp/report3.html?utm_source=magzine&utm_medium=email


【プレスリリースの書き方の極意 中小企業でも、雑誌、新聞に掲載されるコツ】
http://venture-office.jp/report5.html?utm_source=magzine&utm_medium=email




■<<< 物件探しはアーデントへ >>>


・東京都心部の【SOHO可・事務所可のマンション】情報!!
http://sohonavi.jp/?utm_source=magzine&utm_medium=email
(物件数大幅増!)


・保証金0の【0・0オフィス】
http://www.00office.com/?utm_source=magzine&utm_medium=email


・渋谷の賃貸事務所、賃貸オフィス専門サイト 渋谷Aオフィス
http://shibuya.a-offices.com/?utm_source=magzine&utm_medium=email


・新宿の賃貸事務所、賃貸オフィス専門サイト 新宿Aオフィス
http://shinjuku.a-offices.com/?utm_source=magzine&utm_medium=email



■アーデント関連ブログ
 
「SOHOマンションあれこれ」
http://ardent-office.cocolog-nifty.com/blog/

「アーデントスタッフおすすめ物件ブログ」
http://ardent.jp/blog/?utm_source=magzine&utm_medium=email



■アーデントのfacebookページ

http://www.facebook.com/ardent.jp




■今号はここまで!

 最後まで読んでくれてありがとうございます!!



■<お願い>

 このメルマガがおもしろいと思った方は、是非あなたの
 ブログ、HP、メルマガで紹介してください!

 読者数増加にご協力ください!
 よろしくお願いします



■メールマガジンのご解約はお手数ですが
 下記のリンクからお申し込みください。


→  http://www.mag2.com/m/0000204572.html




*********************************

【発 行】株式会社アーデント http://ardent.jp
【運営サイト】「事務所賃貸のノウハウサイト」http://venture-office.jp
【編集長】渡邊 賢 (個人ブログ:http://atuiotoko.livedoor.biz/
【連絡先】watanabe@ardent.jp(ご感想などお聞かせください!)

*********************************
*********************************






物件をお探しの方はこちらから
まずは、情報収集をという方はこちらから




このページ先頭へ戻る
物件探しをプロに依頼する 物件検索サイト

賃貸オフィス相談室

オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法

お客様の声

小規模オフィスレイアウト例

賃貸オフィスの借り方ノウハウ満載サイト

アーデントスタッフ紹介:私たちが事務所探しをお手伝い致します!

bn_typeA_200_120.jpg


imgblogbanner.jpg

東京 レンタルオフィス、サービスオフィスの現地取材ブログ RO JOURNAL

株式会社アーデント 求人サイト