トップページ > メールマガジン > 第382号「旧耐震には2種類ある。昭和〇年以降~昭和56年までが狙い目?」

 第382号「旧耐震には2種類ある。昭和〇年以降~昭和56年までが狙い目?」

*********************************
  _____     
  /     /     ---------------------2015.2.2 第 382号
 /____ /|
 |    | |                 読者数 3023人
 |____| |  【不動産屋が教える!
 |    | |    賃貸オフィスの借り方虎の巻!】
 |____| | 
 |    | /
 |____|/            発行:株式会社アーデント         

*********************************

■株式会社アーデント(不動産会社)代表の渡邊と申します。

 このメルマガでは、【移転担当者】や【起業家】向けに
 「事務所・SOHO可マンションを借りるノウハウ」を毎週お届け致します!
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


■ご解約希望される方は、最下部に解約ページへのリンクがございますので、
 そちらからご解約くださいませ。




■【小規模オフィスやマンションを事務所、住居兼事務所として借りたい方!】

 東京都心で、賃貸事務所・SOHOマンションを探している方は
 SOHOオフィス、事務所可マンション、小規模オフィスを集めた専門サイト

 「SOHOオフィスナビ」で物件を検索してみてください。
http://sohonavi.jp/?utm_source=magzine&utm_medium=email

 きっといい物件がみつかるはずです!



■【良い物件がなかなか見つからない方!】
 
 ・東京23区内で40坪以下
 ・賃料100万円未満
 ・事務所、事務所可マンション

  の物件は全て扱えます。
  必ずや良い物件をご紹介致しますので、
  是非こちらからご登録くださいませ。

http://ardent.jp/requestlink.html?utm_source=magzine&utm_medium=email

 

■アーデントでは、英語対応が可能となりました!!

 「アーデント英語HP」
http://ardent.jp/english/



■アーデント管理物件!

(新宿と代々木が歩ける大型マンションオフィス)
ニューステートメナー 420号室
http://sohonavi.jp/room/detail_27893/


(参宮橋のデザイナーズ新築戸建オフィス)
http://sohonavi.jp/room/detail_30620/


(曙橋駅徒歩1分の駅近オフィス)
萩野ビル
http://sohonavi.jp/room/detail_28892/

 それでは、
 早速、第381号をお送りします!・・・どうぞ! 

   

===== 目次 ================================================
 
 『1』貸事務所・賃貸オフィス虎の巻
  ●旧耐震には2種類ある。昭和〇年以降~昭和56年までが狙い目?
  ~予算がないときにはこの時代を狙いましょう!~

 『2』創業期の会社経営ノウハウ
  ●同業他社の事業規模はどのくらいですか?
  ~小さかったら危険かも?!~
  

 『3』編集後記

============================================================

―――――――――――――――――――――――――――――――――
『1』貸事務所・賃貸オフィス虎の巻
―――――――――――――――――――――――――――――――――
 「旧耐震には2種類ある。昭和〇年以降~昭和56年までが狙い目?」
  ~予算がないときにはこの時代を狙いましょう!~


■建築基準法が、昭和56年に大幅改正されて、
 耐震性能が大幅に向上したことをご存知の方も多いと思います。

 ところで、
 建築基準法はかなり頻繁に改正されていて、

 旧耐震基準にも、
 本当に耐震性能が低い第1世代と、
 比較的しっかりとしている第2世代があるのをご存知でしょうか?


 専門家は、新耐震を第3世代と呼んでいて、
 区別をしていたりします。


■第2世代の耐震基準とは?


 建築基準法は、
 昭和46年の柱の鉄筋の間隔を30センチから10センチに強化され、
 これが大幅に耐震性能を向上させました。


以下阪神大震災のときにの世代別被害状況の比較です。

RC造の被害状況

    第1世代   第2世代   第3世代
大破   56%    22%    5%
中小破  29%    31%    20%
無被害  15%    47%    75%


→ 建物の耐震性に関する基礎知識
 もちろん、新耐震設計を選ぶべきなのですが、
 第1世代と第2世代でも、被害状況に大きな差が出ていることがわかります。



■新耐震とは昭和56年以降のビルになるのですが、
 予算的にどうしても難しい場合には、

 昭和46年~昭和56年の第2世代に立てられたビル、マンションを
 選ぶのも一つの手だと思います。


特に第3世代で大破した物件のほとんどが、
 1階がピロティになっていて、柱がない駐車場スペースがとられているような
 物件でした。

 第2世代で、1階にもしっかり柱や壁があるような物件を
 選べば、大破する危険はかなり減らせることが期待できます。


 予算的に新耐震が難しい場合には、
 昭和46年~昭和56年の物件も選択肢にいれて、
 検討してみましょう!!


 
 
~~~~今週の一言~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  
 旧耐震基準にも耐震性能で第1世代、第2世代の2つにわけられる。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


※オフィス移転のことで、
 何かわからないことがあれば、何でも聞いてください!

 ご質問お待ちしております!
 メール↓
 watanabe@ardent.jp


―――――――――――――――――――――――――――――――――
『2』創業期の会社経営ノウハウ
―――――――――――――――――――――――――――――――――
 「同業他社の事業規模はどのくらいですか?」
  ~小さかったら危険かも?!~


■新しく事業をやるときに、
 必ず同業他社を調べると思います。

 世界で初めてというビジネスを思いつくことは、
 なかなか難しいと思いますし、

 同業他社の取り組みが非常に参考になりますので。


■もし、同業他社がいない事業があったとするならば、
 ラッキーと思われるでしょうか?

 私だったら、「えっ、そのビジネス需要無いのでは?」
 と考えます。

 そもそも世界初のビジネスは、
 そうそう思いつくことではないので、

 先人が挑戦したけれども、
 うまくいかなかったビジネスの可能性があります。

 また、仮に世界初だったとして、
 そこに挑戦をして成功するには、
 顧客への認知をしてもらうために、
 かなり時間とお金がかかることが予想されます。


■世界初のビジネスがだめと言いたいわけではなく、
 逆に大当たりかもしれないので、チャンレジしてみる価値はあると思いますが、

 それなりに成功のためには費用がかかることを
 覚悟しておく必要があるでしょう。



■また、私がいつもビジネスを考えるときに気にするのは、
 同業他社の事業規模なんです。

 もし、そこが3人でやっていたとするならば、
 そのビジネスはあまり儲からない可能性があります!!

 そこの企業だって、すごく試行錯誤しているはずです。
 それなのに、3人。

 逆に、もし50人の企業になっているのであれば、
 それは相当ニーズがある市場であるかも!と
 思えませんか?

 事実、その企業は50人を養えるほどの売り上げを上げているわけですから。



■同業他社を調査することで、
 見えてくるものが沢山ありますよね。

 ぜひ、その市場の大きさも想定できると思いますので、
 同業他社を調べてみましょう。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――
『3』編集後記
―――――――――――――――――――――――――――――――――

■先日会社で燻製とクレープパーティーをやりました!!

 最近、燻製にハマっているので、
 会社でもチャレンジ。

 非常においしくいただきました。

 ダッチオーブンがあると、
 煙がほとんど出ませんので、
 家でも気軽にチャレンジできますよ!

 ぜひ、やってみてください~!
 
   
 

■開業時のコストを抑えるノウハウ満載!

 必ず得する電子書籍販売中。無料で公開中!

「低コスト起業法~開業時に最大で92万円も得するノウハウ集」
http://ardent.jp/reportlowcost.html?utm_source=magzine&utm_medium=email


■オフィス移転の方向けのマニュアルをプレゼント!
  
 オフィス移転のことがすべてわかるマニュアルと
 移転後のオフィスでより生産性が上がるオフィスづくりのノウハウを
 まとめた書籍を無料で公開中!
 

「オフィス移転全解説マニュアル!&売上の上がるオフィスの作り方」 
http://ardent.jp/manual_move.html?utm_source=magzine&utm_medium=email
 

 
 
■<<弊メルマガでは、無料でノウハウ情報を提供してます>>

【不安解消!!借りる前に絶対確認!賃貸事務所のチェックポイント! 】
http://ardent.jp/report2.html?utm_source=magzine&utm_medium=email


【事務所を借りるその前に!知って得する!賃貸オフィス節税マニュアル!】
http://ardent.jp/report1.html?utm_source=magzine&utm_medium=email


【国民生活金融公庫で創業融資を受けるノウハウ】
http://venture-office.jp/report3.html?utm_source=magzine&utm_medium=email


【プレスリリースの書き方の極意 中小企業でも、雑誌、新聞に掲載されるコツ】
http://venture-office.jp/report5.html?utm_source=magzine&utm_medium=email




■<<< 物件探しはアーデントへ >>>


・東京都心部の【SOHO可・事務所可のマンション】情報!!
http://sohonavi.jp/?utm_source=magzine&utm_medium=email
(物件数大幅増!)


・保証金0の【0・0オフィス】
http://www.00office.com/?utm_source=magzine&utm_medium=email


・渋谷の賃貸事務所、賃貸オフィス専門サイト 渋谷Aオフィス
http://shibuya.a-offices.com/?utm_source=magzine&utm_medium=email


・新宿の賃貸事務所、賃貸オフィス専門サイト 新宿Aオフィス
http://shinjuku.a-offices.com/?utm_source=magzine&utm_medium=email



■アーデント関連ブログ
 
「SOHOマンションあれこれ」
http://ardent-office.cocolog-nifty.com/blog/

「アーデントスタッフおすすめ物件ブログ」
http://ardent.jp/blog/?utm_source=magzine&utm_medium=email



■アーデントのfacebookページ

http://www.facebook.com/ardent.jp




■今号はここまで!

 最後まで読んでくれてありがとうございます!!


■<お願い>

 このメルマガがおもしろいと思った方は、是非あなたの
 ブログ、HP、メルマガで紹介してください!

 読者数増加にご協力ください!
 よろしくお願いします



■メールマガジンのご解約は下記のリンクからお申し込みください。


→ http://ardent.jp/post_108.html





*********************************

【発 行】株式会社アーデント http://ardent.jp
【運営サイト】「事務所賃貸のノウハウサイト」http://venture-office.jp
【編集長】渡邊 賢 (個人ブログ:http://atuiotoko.livedoor.biz/
【連絡先】watanabe@ardent.jp(ご感想などお聞かせください!)

*********************************
*********************************






物件をお探しの方はこちらから
まずは、情報収集をという方はこちらから




このページ先頭へ戻る
物件探しをプロに依頼する 物件検索サイト

賃貸オフィス相談室

オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法

お客様の声

小規模オフィスレイアウト例

賃貸オフィスの借り方ノウハウ満載サイト

アーデントスタッフ紹介:私たちが事務所探しをお手伝い致します!

bn_typeA_200_120.jpg


imgblogbanner.jpg

東京 レンタルオフィス、サービスオフィスの現地取材ブログ RO JOURNAL

株式会社アーデント 求人サイト